【ソフトテニス】3季連続の準優勝に輝く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生春季リーグ戦2日目◇5月4日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大1-2神蔭女大
佐々木・岡田 3-4
田中     1-4
西岡・賀川  4-2

【5戦目】関大2-1関学大
藤木・内藤  1-4
西岡     4-1
佐々木・岡田 4-2

【総合成績】
1部2位 関大

初日を終え、2勝1敗と優勝を狙える位置につけた関大。残る対戦は、初日を全勝で終えた神蔭女大と昨秋の覇者・関学大だ。どちらも気の抜けない戦いとなる。

1円陣

神蔭女大には勝てば優勝に大きく近づくという重要な一戦。1番手にエース佐々木・岡田組を送り出した。気持ちと気持ちのぶつかり合いという中で、佐々木の鋭いカットサーブや岡田のボレーが冴えわたる。逆転を許すが、ファイナルに持ち込み、応援も熱気を帯びる。しかし、勝負所でのポイントが奪えない。最後まで粘ったが、勝利をつかむことはできなかった。勢いづく相手にシングルス・田中は飲み込まれる。ファーストサーブを入れられ、後手に回った上にバックハンドを攻められ、攻撃する余裕を与えてもらえない。ショートを使い反撃に出たが敗れてしまった。3番手の西岡・賀川組は奮闘。特に、賀川が相手後衛との駆け引きを制し、ボレーを決めてポイントを次々と取っていく。ゲームカウント4-2で勝利し、3戦全敗は免れた。

1佐々木

1岡田

1賀川

最終節は関学大。勝利のみを目指して戦った。1番手で出場した藤木・内藤組は幸先良く1ゲーム目を先取する。しかし、その後はダブルフォルトやストロークでのミスが目立ち黒星。シングルスにはここまで全試合に出場した田中に代わって西岡が挑んだ。持ち味のストロークでどんどんと押していく。厳しいボールがきても粘ってしっかりと相手コートに返し、単純なミスはほとんどなく、1勝1敗のタイに持ち込む。最後に待ち構えるのは佐々木・岡田組。序盤は相手ペースで試合が進む。ゲームカウント1-2、ポイント0-3と次のポイントを失うと不利な状況になるというところで、エース・佐々木がギアを上げる。ストロークは糸を引いたようにコーナーに決まり、サーブでは相手を崩す。岡田もスマッシュ返しで魅せると完全に流れを手繰り寄せた。デュースをものにすると第5ゲームはあっさりと奪う。こうなると手がつけられない。岡田のボレーでマッチポイントとすると、最後は佐々木が、前衛を超して後衛も触ることができない絶妙な中ロブで試合を決めた。鮮やかな逆転勝ちで関学大から勝利をもぎ取った。

2藤木・内藤

2西岡

2応援

2佐々木・岡田

これによって3勝2敗となり、2位が決定した。優勝こそ逃したものの3季連続での準優勝。着実に関西を制するための足場は固めつつある。しかし、「1位を狙っての2位。最近2位でとどまっているので悔しい」(内藤主将)とあと一歩届かなかった歯がゆさもある。4年生にとっては最後のリーグ戦となったが、まだ西カレやインカレが控える。今大会で得た課題をもとに、西カレではリーグ戦のリベンジ、そして創部初の5連覇を目指し、さらなる成長を遂げる。【文/写真:林 亮佑】

集合

▼内藤主将
「1位を狙っての2位。最近2位でとどまっているので悔しい。ここにピークを持ってきたが、本調子じゃなかったメンバーもいる。次は西カレとインカレにピークを持っていきたい。松蔭に対しては苦手なところがある。ここで勝ったら優勝が見えるというプレッシャーがあった。向かってくる相手に対して、全力を注いだ結果。関学には秋に勝ったら優勝のところで負けていたので勝ちたいと思っていた。ぎりぎりだったが、勝てて良かった。シングルスで出る予定だったので、気持ちの面でうまく試合に入ることができなかった。ただ、私自身最後のリーグ戦だったので、OBやOGの方に行ってこいと背中を押された。応援もみんな一つになってくれていた。最後はエースが決めてくれた。この大会がシーズンに入って一番最初の大事な試合。これからモチベーションを上げていく。最後の1本の詰めが甘いので、もっと練習の質を上げて、精度が高まるようにしたい。(ご自身は最後のリーグ戦だった)リーグが終わった感じがしない。1回生のときから出さしてもらっていたが、あっという間。だんだんと良いチームになってきている。良いメンバーで楽しかった。若い力をもらうとモチベーションが上がるし、気付かされる部分もある。この後は関西ダブルスが控える。個人戦にはなるが、お互いに切磋琢磨して全員がインカレに出れるように頑張りたい。 (西カレに向けては)プレッシャーもあるが、向かっていく気持ちで挑みたい。リーグ戦でのリベンジをしたい。今はレベルが上と下の差がある。そこを上がもっと上を目指せる環境を作っていきたい」