【ソフトテニス】春季リーグ開幕3連勝!目指すは1部昇格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成28年度関西学生春季リーグ戦1日目◇5月3日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大5-0龍大
山内・前川 4-1
浅井・三宅 4-1
羽柿     4-2
大黒・島津 4-0
石田・奥村 4-3

【第2戦】関大5-0履正社医療スポーツ専門学校
池田・山本 4-3
浅井・三宅 4-0
羽柿     4-2
石田・奥村 4-0
大黒・島津 4-0

【第3戦】関大5-0桃学大
池田・山本 4-0
浅井・三宅 4-3
岩木     4-2
石田・奥村 4-0
大黒・島津 4-2

昨季は2部2位であった関大ソフトテニス部。今季は1部昇格に向けて勝ち進んで行きたいところだ。今年の春季リーグ1日目は龍大、履正社医療スポーツ専門学校、桃学大と対戦した。

円陣

今年のリーグ戦の初対戦は龍大。1番手には山内・前川組が出場し勝利を収めた。続いて2番手の浅井・三宅組が出場し、浅井はフォルトがほとんどない、的確なファーストサーブを決め、同じく勝利を収めた。シングルス羽柿は相手にボールに追いつけなかったり右へ左へボールを打ち込まれ、追い詰められることもあったが、苦しい状況で戦い抜き勝利を収めた。そして大黒の刺すような素晴らしいストロークが見られた。関大は相手に1勝も許すことなく5勝0敗で快勝。

1山内・前川

1浅井

1大黒

続いての相手は履正社医療スポーツ専門学校。1番手は龍大戦とは変わり池田・山本組だった。4ゲーム目では池田がサービスエースを決め勝利を収めた。2番手の浅井・三宅組は1ゲーム目から浅井の突くようなストロークと三宅の粘り強いボレーが炸裂。結果は快勝。 その後も相手を抑え込み、今回も相手に1勝も許すことなく、ここまで負けなしだ。

2池田

2羽柿

そして初日の最終戦の相手は桃学大。初戦は相手を完全に抑え込んだ。しかし、2番手浅井・三宅組は途中から桃学大の追い上げに苦しんだ。相手が粘り、ファイナルゲームまでもつれ込まれ、焦りからかアウトが目立った。しかし、2人は体勢を立て直し、最後は三宅のスマッシュにより勝利。しかし、桃学大の粘り強さに苦しむことになる。5番手の大黒・島津組は、1ゲーム目は大黒の力強いストロークや島津の刺すようなスマッシュにより先制したものの、5ゲーム目に相手の追い上げに遭って1点差まで追い詰められたが、最終的に6ゲーム目で島津の華麗なボレーにより桃学大を抑え込んだ。3戦目も5勝0敗と完全に抑え込むことができ、1部昇格への期待も高まった。

3三宅

3岩木

3奥村

ここまで15試合全勝であった。何度か相手の追い上げにより途中で苦しい状況に陥ったが、快勝かつ全勝。特にシングルスでは広いコートをひとりで戦うということになる。関大の粘り強さが発揮されたからこその勝利だ。また、明るく雰囲気の良い応援で試合に出ている部員も出ていない部員もひとつになって戦う姿勢を見せた。それも勝因のひとつだ。この調子で1部昇格を目指したい。【文:柴村直宏/写真;笠井奈緒】

応援

▼辻主将
「今日の試合は勝って当然であり、新入生の実力を見るためや、明日につなげるためには良い機会だった。実力では関大が上であるが、相手の粘りやリーグ戦の緊張感で焦りもあった。練習は基本練習もそうだが、特に試合形式の練習を重視し、ダブルスのペアの組み合わせも試したりした。応援については、雰囲気を大切にし、出場している部員は応援されるのに相応しいプレイを心掛け、また応援している部員は出場している部員に試合を託すという気持ちで応援し、良い感じで盛り上げるよう心掛けている。半年間今日明日のために頑張って練習してきた。今日もそうだが明日は一番大切。入れ替え戦で全勝し、1部昇格を目指したい」