【バレーボール】上位リーグ進出を決めた!大体大を下し1次リーグを3勝2敗で終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 ◇2019年度関西大学連盟秋季リーグ第5日◇対大体大◇9月22日◇立命館大学大阪いばらきキャンパス

[第1セット]関大25-22大体大
[第2セット]関大25-20大体大
[第3セット]関大21-25大体大
[第4セット]関大25-20大体大
[セットカウント]関大3-1大体大

前戦の立命大に敗れ、リーグ成績2勝2敗となった関大。上位リーグ進出の残り1枠を甲南大と争う状態に。たとえ勝利しても甲南大の結果次第で上位リーグに進出できるかどうか決まる。それでも目の前の勝利に向け大体大との一戦に臨んだ。

第1セットは藤井徹太(社2)が躍動。青木佑介(社3)と息の合った動きからスパイクで得点を重ねる。出だしで勢いに乗った関大の攻撃はさらに加速。南本一成(商2)のサーブが相手守備陣を崩すと、そこから一挙4連続ポイントで突き放し、このセットをものにした。

△藤井


△青木

続く第2セットも主導権を握ったのは関大。岡田大雅(経1)がスパイクで2本奪うと、垂水唯人(経4)も華麗なバックアタックでこれに続く。一時リードを許すも、すぐさま2人の連続ポイントで逆転に成功。ブロックもしっかり固め、相手に思うような攻撃をさせなかった。最後は相手のミスもあり、このセットも奪い勝利まであと1セットとした。

△岡田大

このままの流れでいくかと思われた第3セット。しかし、突如としてこれまでの攻撃の形にミスが出始める。相手に攻撃を見切られ、なかなか得点が奪えない時間が続くと、レシーブミスやトスミスが目立つようになる。そこを相手は見逃さず、失点が重なった。途中、内田康太(政策3)がピンチサーバーとしての役割を果たしたが、ブロックポイントを決められストレート勝ちとはいかなかった。

△内田


△平城諒太(社4)

第4セットは「気持ちの部分で修正できた」と林拓磨主将(人4)が話すように、相手に連続ポイントを奪われても、落ち着いたプレーを見せる。すると青木のサーブが相手のミスを誘い、6連続ポイントで一気に流れは関大に。アタッカー陣が順調に点を重ね、いよいよマッチポイント。ここでも光ったのは青木のサーブだ。レシーブを崩し、最後はスパイクミスを誘発した。

△垂水


△田中伸哉(人3)


△清水大翔(政策3)

大体大に勝ち、1次リーグを3勝2敗で終えた関大。上位リーグ進出を果たすには甲南大がこの後行われる試合で関学大に敗れる必要があった。結果は関学大の勝利。この瞬間関大の上位リーグ進出が決まった。ここ数年秋リーグで苦しみ2部降格を味わってきただけに、今年の上位リーグ進出は快挙に等しい。だが、それに満足しないのが関大。目標とするのは関西の頂点だ。垂水ら4年生にとっても最後のリーグ戦でつかんだ関西制覇のチャンス。この機会を無駄にせず、上位リーグも全員で戦い抜く。【文/写真:北島大翔】

▼林主将
「今日はミスに助けられた部分もあったが、自分たちの力を出すことはできていたと思う。ただ、流れが相手にいった時に焦りが見えるので、そこを落ち着いてプレーできればチームとしてもっと強くなれると感じた。第4セットは気持ちの部分で修正できたからうまくいったんだと思う。(上位リーグ進出は)実力でつかみ取ったものだと感じている。目標の関西制覇に向けて、思い切りやって戦っていきたい」

▼藤井
「自分たちが攻め続ける姿勢が試合を通して続けてることができていたのでそれが勝ちにつながった。スパイクミスやキャッチミスをしても切り替えたいけたのは良かった。自分たちがやるべきことを徹底してやり続ければ1部でも勝てるので毎試合自分たちがすることを一人一人がやっていければなと感じた」