【準硬式野球】悪夢のコールド・・・開幕2連敗喫する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ戦第1節◇対阪大2回戦◇9月20日◇わかさスタジアム京都◇

阪大002 000 24 =8
関大000 010 00X=1x

(阪)藤井、笠松-柳瀬
(関)増田、長谷川、前川、土居―庄中

1(中)髙品
2(一)三ツ野
3(指)鈴木
4(左)松本航
5(右)田中
6(遊)東條
7(三)東原
8(二)庄中
9(二)小玉
先発投手 増田

初戦の敗北のリベンジを果たすことはできなかった。前日に10点差で5回コールド負けを喫した新生・関大準硬。1年生投手に先発マウンドを託した2回戦だが、要所で粗さが目立ち、昨春のリーグ最下位校にまたも白星を献上した。

先発投手には、ルーキーの増田紳吾(情1)が抜擢された。上宮高出身の右腕は、大学初マウンドで緊張の色を見せる。ベンチからの声援を背に受け初回を無失点で好発進すると、守備陣の失策がありながらも2回も抑える。

しかし3回、二塁打と失策で得点圏にランナーを背負うと、センターへのタイムリーで簡単に先制を許す。さらに、犠飛打で追加点を浴びると、最後は三振で斬り、なんとか2点で抑えた。

その後は、ランナーを背負いながらも6回まで投げ切り、失点は3回での2点のみ。6イニング被安打5で2失点と、初登板ながら上々の結果だった。

なんとしても得点したい関大打線だが、春リーグ優勝の猛攻打の姿はそこにはなかった。ヒットこそ飛び出すものの、後が続かない。ようやく本塁を踏んだのは、中盤の5回のこと。6番東條光希(安全2)が中前打で出塁すると、7番東原大樹(環都2)の、右翼手の頭上を越える当たりで一気にホームイン。念願の得点に成功した。


△東條


△東原

しかし、走塁ミスや失策が多く目立ち、それ以上に得点できないまま失点を重ねていく。2番手に長谷川綜大(政策1)、3番手に前川一輝(人2)、そして4番手には前日も投げた土居凛月(政策3)が登板。それでも、継投策は実らず失点は止められない。


△長谷川


△前川


△土居

7回で1-4と突き放されると、8回表には集中力を切らした守備陣の粗さが出る。先頭をエラーで出塁させたのを皮切りに、4連続失策でまたも失点。奮闘を続ける投手を援護できないまま阪大の流れで試合は進み、この回が終わる頃には1-8の7点差に。その裏で1点でも奪えなければ、8回コールドの打ち切りとなる。

そして8回裏。2日連続コールドを避けるためには、絶対に得点しなければいけない場面だが、簡単に2死となる。この大一番を任された代打・西本有希(情1)が相手エラーによって塁に出て、待望のランナーとなる。1番髙品吉弘(経3)も四球を選んで一、二塁に。このラストチャンスで打席に立ったのは、主将の三ツ野龍侍(経3)だった。初球をボールで見送ると、振り抜いた2球目。センター方向へ飛んだボールは、中堅手のグローブに収まる。その瞬間、8回コールドで2連敗が決定した。


△西本


△髙品

うつむき、暗い表情で整列するメンバーたち。そこに、リーグ王者の面影は全くなかった。あまりに重い新体制の幕開けとなった。この真っ暗なトンネルを抜け出すことはできるのか。関大準硬の真価が今、問われている。【文/写真:松山奈央】