【準硬式野球】新体制のリーグ初戦は大敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西六大学連盟秋季リーグ戦第1節◇対阪大1回戦◇9月19日◇わかさスタジアム京都◇

関大000 00=0
阪大1000 0X=10x

(関)草谷、土居―庄中
(阪)笠松ー柳瀬

1(中)髙品
2(遊)東條
3(指)鈴木
4(左)松本航
5(一)岡本
6(右)田中
7(捕)庄中
8(三)東原
9(二)小玉
先発投手 草谷

ついに幕を開けた三ツ野準硬の秋リーグ戦。代替わりで迎えた初陣の相手は阪大。初回に打者一巡10失点を喫し、痛恨の5回コールド負けとなった。

先発投手は、リーグ戦初先発の草谷聡二(政策3)。これまで先発ローテーションを担ってきた池川尚樹(法3)や内川大輔(文2)が離脱し、投手層がこれまでになく薄い中で、大一番を任された。なかなかピッチングが安定せず、連続四球で打者を歩かせる。守備陣もそんな投手を援護できず、失策で進塁を許してしまう。そして、連続ヒットで簡単に得点を許した。初回途中で、代わって土居凛月(政策3)がマウンドへ。追加点を許すものの、2回以降は無失点でなんとか切り抜け、徐々に制球力を取り戻した。

少しでも巻き返したい関大だが、下級生中心のフレッシュな戦力は打撃力に欠けた。フライや詰まった当たりで簡単に抑えられ、出塁すらできない時間が続く。4回、ヒットで髙品が塁に出ると、四球などで三塁まで進む絶好機が訪れるも、得点にはつながらず。最後まで反撃できないまま5回で試合は打ち切りに。屈辱的な大敗でリーグ戦をスタートした。

しかし、落ち込んでいる暇はない。翌日には阪大との2回戦が控えている。なんとしてでも勝利し、初戦のリベンジをかなえたい。【文:松山奈央/写真:松山奈央、小田沙貴】


△開会式の様子

▼三ツ野龍侍主将(経3)
「1回で10点取られて、正直みんな気持ちは落ち込んでいたと思う。その下がった気分が、また、点を取れないことにつながったのかもしれない。試合に慣れてほしいと下級生をメンバーにたくさん入れたが、固い人が多かった。独特の緊張感で、今まで出てた人も固かった。明日もピッチャーが点を取られるのは分かっているから、どれだけ打撃でできるか。どれだけ打って守って、チャンスにして1点を取れるか」