【野球】西川の決勝タイムリーで2節連続勝ち点獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第3節◇対京大2回戦◇9月16日◇ほっともっとフィールド神戸◇

京大100 003 010=5
関大200 200 02X=6

(関)森翔、香川、築山―久保田拓
(京)原、仲村、坂下―長野

1(中)安藤大
2(三)久保田有
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(左)吉川
7(二)坂之下
8(捕)久保田拓
9(投)森翔

立命大からの勝ち点奪取、さらに京大1回戦での快勝と波に乗る関大。この勢いのまま、京大から昨秋2季ぶりとなる2試合ストレートでの白星を目指したい。

前日に続き序盤からペースを握りたかった関大だが、「1つのミスが失点につながってしまう」と松島恒陽主将(人4)の言葉通り、先制点を挙げたのは京大だった。2死無塁から安打を許すと、エラーも絡みあっという間に失点。いきなり追い掛ける展開に。

しかし、その裏。久保田有哉(情2)が死球で出塁すると、好調のルーキー・上神雄三(法1)、続く野口智哉(人2)の連続安打で2人が生還。すぐに逆転に成功する。


△上神


△野口


△久保田有

先発の森翔平(商4)は失点以降、落ち着いたピッチングで京大打線を封じ込める。4回に2点の援護をもらうと、5回まで得点圏に走者を出さない好投。大学入学後初となる完投勝利は、十分狙える位置にあった。


△森翔


△坂之下晴人(人2)は4回にスクイズを決めた


△同じく4回にタイムリーを放った久保田拓真(社2)

しかし、京大はそう簡単に終わらせてはくれなかった。6回、この回の先頭打者に左前打を許すと、次打者の投ゴロがフィルダースチョイスとなり無死一、二塁に。何としても踏ん張りたい状況だったが、ここで森翔の制球が乱れ始める。4番西に死球を与え満塁とすると、次打者への押し出し四球でまさかの失点。さらに、8番代打鈴木にセンター前ヒットを許し2失点。同点に追い付かれる。

一時は好投を見せながらも、森翔はここで無念の降板。依然として背負っていたランナーは2番手・香川麗爾(文2)が処理し、何とか打者一巡の猛攻を沈めたが、8回、安打や犠飛で簡単に本塁を踏まれ、ついに勝ち越しを許した。


△香川

しかし、激しいシーソーゲームを制したのは関大だった。その裏、連続四球で無死一、二塁とすると、関本英実(政策4)の巧みな犠打でチャンスを広げる。ここでバッターボックスに立ったのは、昨秋、リーグ戦初打席にして初安打を放った西川将也(人3)。「監督からは行ってこいと」。一見詰まったかに見えた打球は大きく伸びて左中間へ落下し、決勝タイムリーに。頼れる仕事人の一打で、2節連続の勝ち点獲得を決めた。


△関本


△西川

激闘を勝ち抜いた関大は次節、昨秋に土をつけられている同大と対戦する。「リベンジという気持ちで」と松島恒主将。ここで勝利すれば神宮への道はより鮮明となるだろう。約2週間後、選手たちから最高の笑顔が弾けることを期待したい。【文/写真:高木満里絵】

▼早瀬万豊監督
「京大はそう簡単にはいかないと思っていた。粘り強い印象。森は悪くはないが、付け込まれた。ところどころに甘さがあって、コントロールが乱れてしまった。そこは今後の課題。(全体的に)春にはないいいところが出てきた。課題としていた得点力不足は解消されたのでは。2アウトから反撃したり、スクイズを絡めたりする攻撃ができるようになってきた。オープン戦ではバントやエンドランなどで動けるようになってきていた。その成果が見られたと思う。攻撃に幅が出てきた。バタバタせず、落ち着いてやれるようになってきた。今日の3失点の時は多少バタバタしてしまったが。(個々の活躍は)坂之下は守備で貢献してくれている。欲を言うならもう少し打ってくれればというところ。西川は詰まりながらではあったが右翼にうまく打ってくれた。すごく成長が見られる選手。粘れるようになってきているし、期待十分。(次戦へ)次も頑張っていきたい」

▼松島恒主将
「春よりは逆転されて逆転し返す力がついてきた。京大は簡単に点を取らせてくれない印象。1つのミスが失点につながってしまう。(この日は代打が活躍していた印象)自分も代打で出場する機会が多いので、同じように代打として出ている人が活躍してくれるのはうれしい。(森翔のピッチングは)球は良いし、投球も悪くない。次はきっと抑えてくれるはず。(ここで勝ち点を取れたのは)いいこと。うまくいっているので余裕を持ちすぎず、気を引き締めて。(次戦へ)同大には春に負けているのでリベンジという気持ちで。自分たちの野球ができればいいと思う」

▼西川
「接戦ではあったが、バントや四球でコツコツ出塁していったことが最終的にいい結果につながった。(勝ち越し打は)監督からは言ってこいと。打った球はまっすぐ。詰まったのでどうかなと思ったが行方を見てこれは落ちるなと確信できた。(代打で活躍)スタメンを狙ってはいたがなかなか難しい。夏のオープン戦ではA戦で代打で出させてもらったりして準備はしていた。監督が今日自分を使ってくれたのもありがたいし、その起用に応えられたのは3年生の中で存在感を示せたのでは。(今後に向けて)チャンス、いい場面で打てるような選手に。自分らしく振れるように頑張っていきたい」