【ソフトテニス】秋季リーグ優勝で新体制は好調発進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦2日目◇9月15日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大2-1天理大
竹田・中別府 4-1
谷水     3-4
阿久根・古田 4-2
【5戦目】関大1-2立命大
竹田・中別府 4-1
阿久根    2-4
浦口・木村  1-4

リーグ戦1日目を全勝で終え、いい形で迎えた2日目。勢いそのままリーグ優勝を決め、5戦全勝とはならなかったものの昨秋の3位から大きな躍進を見せた。

第4戦は天理大との対戦。1日目から波に乗っている竹田真樹(社1)・中別府瑞樹(文2)組がコートに登場し、今日も活躍を見せた。竹田が崩し、中別府が決める。得意のパターンでポイントを量産し、まずは1勝。続く谷水鈴香(人1)の試合は激戦となった。ラリーの中で相手のショットに翻弄(ほんろう)され、苦しい立ち上がりとなる。しかし、1-3のピンチの場面で1ポイントも渡さずにゲームを勝ち取ると、粘りを見せ勝負はファイナルまでもつれ込む接戦に。長いデュースが続くも勝ちきれず、黒星となる。関大の勝利は阿久根麻尋(文3)・古田麻友(人3)の3年生ペアに託された。上回生の意地を見せ、堂々としたプレーで関大の勝利を決めた。

そして迎えた最終戦の相手は立命大。全勝がかかる大事な一戦で竹田・中別府組はチームワークの良さを見せ勝利をつかむ。危なげない試合展開で白星を挙げるも「ゲームカウント3-0で勝ち切れない、メンタル面を鍛えたい」。竹田は今後の課題を見つけ、さらなる飛躍を誓う。シングルスの阿久根の相手は昨年のこの大会でも対戦した梶尾だ。前回は敗北し、今年こそはという気持ちで雪辱を果たすべくコートへ。2-1とリードする場面も見られたが、強いショットに崩され失点を重ねる。思うように点数を取れず敗戦となった。浦口華音(安全2)・木村綾乃(人3)組は自分たちのペースをつかむことができず、ボレーを中心に点数を奪われ1-4で黒星。

新体制で挑んだ秋季リーグ戦は全勝とはならなかったものの単独での4勝となり見事優勝。竹田・中別府組がこの2日間を無敗で終え、チームの始動に勢いをつけた。着実に力をつけている関大ソフトテニス部の成長はとどまることを知らない。【文/写真:宮本晃希】

▼竹田
「ペアで全勝は狙ってたんですけど、自分の苦手な人を相手に当てられて、心の中では負けてしまうかもっていう自分がいた。自分の今回の目標は苦手な人を克服するっていうのを目標にしていて勝ててよかったです。瑞樹先輩(=中別府)は頼りになる。自分が攻めて、瑞樹先輩がとりにいくというのが自分たちで決まっていて、今回できたかなと思う。ゲームカウント3-0で勝ち切れないっていうのが今回も出ていて、全部4-1で勝っていて、3-0からまくられるのを3-0のときにもう一回1セット目からっていうメンタル面を鍛えたい」