【バレーボール】開幕3連勝、上位リーグ進出決めた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学連盟秋季季リーグ第3日◇対大体大◇9月15日◇大阪国際大学松下町校地◇

[第1セット]関大 25―14 大体大
[第2セット]関大 25―13大体大
[第3セット]関大 25―14 大体大
[セットカウント]関大3―0大体大

リーグ開幕2連勝で迎えた3戦目の相手は大体大。全てのセットを大差でつかみ、見事上位リーグ出場を決めた!

「最初崩れずにちゃんと自分たちのバレーができた」と、岡田監督。第1セットは、サイドからの原幸歩(文3)や長畑蒼衣(人2)の鋭いスパイクで相手を翻弄(ほんろう)し、立ち上がりから主導権を握る。また、升谷未来(人1)のクイック攻撃で相手コートに襲いかかると、10点以上離しこのセットをつかんだ。

続く第2セットの序盤は点の取り合いとなるも、山本愛梨沙(商4)や芦田彩音(人1)の安定したキャッチから川西花菜子主将(人4)が正確なトスを供給。中盤には、関大のスパイカー陣が徐々に得点を重ねる。怒涛(どとう)の6連続得点で相手から大量リードを奪う。そして、勝利まであと1セットとした。

第3セットも関大の勢いは止まらない。竹川瑞貴(情2)の力あるスパイクや小林瑞季(商2)の相手の隙を突くフェイントで得点を重ねた。最後は原がスパイクで決め切り、見事3連勝を収めた。

春からの成長を感じる開幕3連勝を収め、見事上位リーグ出場を決めた関大女バレ。「上位リーグでも自信を持って戦えるように」と、川西主将。彼女たちの戦いはまだ始まったばかりだ。【文:髙橋周】

▽監督
「(今日の試合を振り返って)今日は確実に勝ちたい相手だったけど、サーブで攻めて大体1セット目をよく取る勢いがあるチーム。そこに対して最初崩れずにちゃんと自分たちのバレーができたところが良かった。(ここまで3戦での戦いは)今日はそんなこともなかったけど、出だしが悪かった。今はうまく勝ってるけど、相手がしっかりやってきたら、1セット目を落としたら流れが変わるので。そのあたりはしっかりやっていかないとなと思う。その辺が今日はうまくいったので良かった。(春リーグから成長したところは)ブロックとレシーブの関係が良くなった。ブロックから抜けたところにレシーブっていうところができてきてた。そこが大きく成長できたかなということと、速攻が以前より多く使えたり、コンビをよく使えるようになったところが春よりかは成長できたかなと思う。(上位リーグは)目標は優勝。これからもっと自分たちのバレーをというか。やっぱり相手のブロックが良くなってくると思うから安定して決めれたりとか、今よくなってきているブロックとレシーブの関係も重要になってくると思うので、それよりも攻撃力のあるチームばかりだと思うので、今までやってきたことをやり切りたいと思う。」

▽川西主将
「(今日の試合を振り返って)出だしからみんな調子良くて、自分たちの勢いを持って戦えたのでよかった。(3連勝は)ブロックとレシーブの関係が良いというか、春よりかは詰めてやってきたのでそれが良かったのかな。(春リーグから成長したところは)一人一人が自覚を持つようになったのと、サイドの軸となる原と石田が責任を持ってやってくれてる。それについていって2回生が頑張ってくれたりだとか。4、3、2、1(回生)全員が入ってるのでそのバランスがいいかなと思う。(今日のMVPは)小林瑞です。コツコツいつも頑張ってくれてる。目立ったプレーとかしようではなくて、1点1点確実に決めてくれるのですごいいい存在だと思う。(上位リーグに向けて)3連勝して(上位リーグ進出は)確実にはなったけど。上位リーグに出るってことは向こうも混戦してるんで、その勢いに押された時に自分たちが負けてしまう可能性も出てくるので、なるべく詰めて詰めてというか。上位リーグでも自信を持って戦えるように練習に励みたいと思う」

▽小林瑞
「(今日の試合を振り返って)ここ2戦は出だしが悪かったけど、今日は出だしからいいムードで出来たのでよかった。ストレートで勝てたのもほんとによかったと思うので、これからも続けていけたらなと。(自身の良かったプレーは)スパイクがミスもだんだん無くなってきて、決めることころで決められるようになったところかな。(3連勝の秘訣は)ローテーションのところで、幸さん(=原)と成さん(=石田)が対角組んでるので、どのローテーションでもしっかり決定してる。それと、ブロックとレシーブの関係がくなってきた所がいいのかも。(チームの春からの成長は)やっぱり攻撃力。決定率が上がったし、ミドルが決定することが増えたのがいいのかもと思う。(上位リーグに向けて)ここまではいい感じで勝ち進んでるけど、上位リーグになると格上との戦いになるから上位陣とも戦えるように、ブロックとレシーブの連携を見直したりして、まだまだ成長していきたい」