【バレーボール】甲南大をフルセットの末に破る!リーグ戦初勝利を挙げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学連盟秋季リーグ第2日◇対甲南大◇9月14日◇天理大学体育学部体育館

[第1セット]関大25-19甲南大
[第2セット]関大20-25甲南大
[第3セット]関大25-23甲南大
[第4セット]関大23-25甲南大
[第5セット]関大16-14甲南大
[セットカウント]関大3-2甲南大

初戦の龍大戦は組み立ての段階でミスが相次ぎ、ストレート負けを喫した関大バレーボール部。2戦目・甲南大戦はフルセットを展開する接戦となるも、最後はエース・垂水唯人(経4)が決めた。

試合は相手が先制するも、すぐに南本一成(商2)がスパイクを決め、動き出す。その後、南本の2連続ポイント、藤井徹太(社2)のフェイントで突き放すと、試合は関大ペースに。流れに乗った関大は次々と得点を重ね、第1セット先取に成功した。

△南本


△藤井

第2セットも3連続ポイントを奪い、主導権をつかんだかに見えた関大。しかし、藤井、南本が2連続でスパイクがアウトラインを割ると、流れは一転。相手も隙を見逃さず、一気に攻め込まれた。これでゲームカウントは1-1に。

第3セットは2セット目から出場している岡田大雅(経1)が躍動。相手4番に攻められる場面もあったが、平城諒太(社4)の好レシーブから青木佑介(社3)がつなぎ岡田大が決める。3枚ブロックもうまく機能し、チャンスメイクの役割を果たした。アタッカー陣もそれに呼応し、得点を重ね、勝利に王手をかけた。

△岡田大


△平城


△青木

迎えた第4セット、「勝利に少し急ぎすぎた」と垂水が話すように、中盤まで競っていたものの、攻撃が単調になってしまいスパイクが相手に拾われる場面が増える。3枚で止めにいくんも、相手にブロックアウトを狙われ、思うように決まらなかった。勝敗の行方は最終セットへ委ねられた。

最終セット、5-7で迎えた場面。相手のスパイク、ブロックで一挙3連続得点を奪われる苦しい展開に。この悪い流れを変えたのはエース・垂水だ。平城のファインレシーブから強烈なスパイクで得点すると、相手のサーブアウトもあり徐々にペースをつかめるようになる。8-12と点差を詰める押せ押せムードのなか、藤井のスパイクが決まると、ブロックで2ポイント取るなど一気に5連続得点を挙げ、逆転に成功。その後リードを許すも、最後は垂水が2連続で決め、劇的な逆転勝ちとなった。

△垂水

2戦目で初勝利を挙げた関大。昨秋は1次リーグでつまづいて降格となっただけに、今日の勝利は大きなものとなった。次戦には関学大との一戦も控える。何としてでも勝ち取り、上位リーグ進出、そして関西制覇を目指す。【文/写真:北島大翔】

▼垂水
「まずは安心しました。点数的にはこっちが劣勢だったんですけど、気持ちは攻めの気持ちでいってたとので勝てたんだと思います。全体としては、1セット目取れたから油断していたというのもあるんですけど、チームが勝ちを急ぎすぎてしまったというか、攻撃が単調になりすぎてしまったというのがフルセットまでもつれたのかなと。明日の関学戦は前半戦の相手の中でも特に勝たないといけない相手なので反省を踏まえて戦っていきたいです」

▼岡田大
「途中から試合に入ることがほとんどなので、1ゲームからの流れでどんどん取ってストレートで勝てればよかったんですけど、2セット目落としてしまってそこを取りきれるようにしたいというのが反省です。僕としては飛ぶことができて、調子が良かったなと感じていたので、僕にブロックが1枚しかついていなかったのでどんどんいけました。明日は関学戦なんですけど、関関戦と西カレで戦って内容も良くなってきてるので、相性はいいのかなと思ってるので、明日も勝てるように頑張っていきます」