【ソフトテニス】開幕3連勝スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第1日目◇9月14日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大 4-1 立命大
花岡・奥村4-1大谷・熊本
谷口・増田4-0宮里・早川
阪本4-3玉井
森實・蔦田3-4大野・上野
飯田・池田侑4-0北野・池内

【2戦目】関大 4-1 関学大
花岡・奥村4-1下原・中谷
谷口・増田3-4遠藤・古賀
阪本4-0廣瀧
森實・蔦田4-1鳥居・中大路
飯田・池田侑4-0磯貝・内海

【3戦目】関大 4-1 関西外大
花岡・奥村4-0林・森
谷口・増田4-1中川・西村
阪本4-1小畑
森實・蔦田4-3吉村・八十川
飯田・池田侑3-4上原・西村

インカレからおよそ1カ月。飯田脩三主将(人3)率いるソフテ男子の秋が開幕した。1日目は3校と激突。次々とゲームを奪い、3連勝を果たした。

初戦の立命大戦は、奥村亮介前主将(安全4)と花岡忠寿(経1)ペアが4-1発進の好スタートを切る。続く谷口睦(商3)・増田祐太(商1)ペアの4-0ストレート勝利でさらに加速。だが、シングルスの阪本崚(商2)は序盤から相手先行の試合を繰り広げられ、苦戦。終盤、強烈なボレーを決めるなど、少しずつ阪本本来の姿を取り戻しなんとか3勝目を手にした。続くリーグ戦初出場の森實俊介(シス理1)と蔦田謙二郎(法2)ペアは接戦となるも、終始ペースをつかみきれず3-4で黒星。その後の池田侑生(商4)・飯田ペアは相手にポイントすら与えない瞬殺で4勝目を挙げ、4-1勝利で立命大を下した。


△花岡


△奥村


△阪本

続く関学大戦は、「関関戦を含めて、やりあっている仲。相手の手の内もわかっている状態でやっていた」(飯田主将)と、対戦経験も豊富な相手と対峙(たいじ)。1番手奥村・花岡ペアの接戦勝利から波に乗るかと思われたが、谷口・増田ペアが相手前衛に翻弄(ほんろう)され、なんと敗北。だが、その後の阪本は余裕の表情でストレート勝利を収め、森實・蔦田ペア、池田・飯田ペアが勝利したことで関学大相手にも4-1で勝利を収めた。


△増田


△谷口


△森實


△蔦田


△池田侑


△飯田

この日の最終戦は関西外大。森實・蔦田ペアこそ接戦となったが、1番手から4番手まで連続で勝利し、白星は決定。残る池田・飯田ペアが勝てば全勝勝利というところだったが、「気が抜けてしまった」(飯田主将)と、接戦を粘り負け。関西外大相手に勝利はしたものの、なんとも後味の悪い初日最終ゲームとなった。

この秋は、「あわよくばてっぺんを」と語った飯田主将。チームは3連勝を収め、波に乗った。続く2日目は昨春優勝の同大や、それにこの秋競り合った天理大など、強豪との戦いが待っている。準優勝の春から優勝の秋へ。関大の躍進は止まらない。【文:中西愛/写真:森本明日香】

▽飯田主将
「(秋季リーグの意気込みは?)メンバーもそろっているので、あわよくばてっぺんをを獲りに行く。1日目がほとんど山場だったので、いい入りを、という話をしていた。立命大はもともとメンバーが手薄だと聞いていた。そこで足元をすくわれないように、粘っていこうという話だったので、そこは勝てて良かった。(関学大戦について)関関戦を含めて、やりあっている仲。相手の手の内もわかっている状態でやっていた。こっちは負けず嫌いが多いので、それが発揮されたんではないかと。その結果、森實と蔦田ががんばってくれたので、その試合はあの子たちのおかげだと思う。テニスは流れが大切で、勢いや流れが大事な中で、2人が初めての1部の試合で流れを持ってきてくれるような試合をしてくれた。(立命大戦は?)4-0でチーム的には圧勝だったので、モチベーションが…。そこはだいぶ気が抜けてしまった。チーム的に見れば今日1日は80点ぐらい。みんなよく頑張ってくれた。上から3つの1から3番手の人たちがだいぶ頑張ってくれていたので、そこが応援にも響いた。かなり上の人たちが頑張って、それに下の人たちも付いてきてくれた。(次の日の意気込み)明日も両チームとも強い。気を抜かず頑張る」