【バドミントン】1部の壁、リーグ戦3連敗…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦大会第3節◇対同大◇9月12日◇立命館大学大阪いばらきキャンパス◇

S1●米田0ー2山部
S2●森脇0ー2長丸
D1●五味・仲井0ー2貴虎・藤村
D2○佐藤・森脇2ー1奥寺・小島
S3●野里0ー2永原

●関大1ー4同大

ここまで2連敗のバドミントン女子。1部リーグの強豪相手にまずは1つ勝ちたいところ。この日は春季5位の同大との戦いとなった。

S1は米田愛弥(政策3)が出場。同大期待のルーキー山部に対し1ゲーム目、リードして前半を折り返すが、後半連続でポイントを奪われこのゲームを落とす。2ゲーム目でも序盤こそリードを奪うものの、その後反撃でストレート敗けを喫した。


△米田

S2の森脇瑠莉(政策2)は1ゲームを落とすと、2ゲーム目では前半に2ー11と大差をつけられ、後半もライン際を見極められる場面があり、またもストレート負け。


△森脇

ここを落とすと、負けが確定するD1。五味祥子(社3)・仲井杏花里(人1)組が出場した。15ー11と優勢に進めていたが、後半連続でショットを決められると最後はライン際に打ち込まれ、このゲームを落とす。第2ゲームは後半、1度同点に追い付く粘りを見せるも、その後3連続ショットを決められここもストレート負けとなった。


△五味・仲井組

D2は佐藤鈴奈(人2)・森脇組。1ゲーム目を21ー11と大きく引き離して勝利するが、2ゲーム目を落としてタイに。勝負の3ゲーム目、前半は点の取り合いとなるが、後半はペースをつかみ、リードを広げる。最後は「勝ちを意識しすぎた」と追い上げられるが、21ー19でついにリーグ戦初勝利を手にした。1部校相手に一矢報いることに成功した。


△佐藤・森脇組

最後のS3はけがに苦しめられたシーズンだった野里あかね主将(情4)。第1ゲームを取られながらも、第2ゲームでは終盤の追い上げからあと一歩のところまでいったが、同大に4つ目のストレート負けを喫した。


△野里主将

これでリーグ戦は3連敗。1部の高い壁を見せつけられた結果となった。来週は順位が決まる大事な2連戦。1部残留に負けられない戦いだ。今日の1勝から流れをつかみたい。【文:水上壮平/写真:森本明日香】


▼森脇
「相手がメンバーチェンジでレギュラーメンバーではなかったが、1部のメンバー入りしているペアに勝てたのは大きい。(秋季リーグ戦チーム初勝利)3日目で日に日に1部の球に慣れてきた。今日は1番攻めれたし、ようやく自分達の形でできるようになってきた」


▼佐藤
「負けが続いてて、自分達なりにビデオとかも見て悪いところはどこか、話し合った上でできた。最後、崩れかかった時もお互いを助け合ってできた。(最後粘られた場面)勝ちを意識しすぎて、点を取られた。ああいう場面で落ち着いてできるようにしていきたい」