【バドミントン】大教大に勝利!これで3連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦大会第3節◇対大経大◇9月12日◇立命館大学大阪いばらきキャンパス◇

S1○中村2ー1山沖
S2○池田2ー0片岡
D1●中田・中嶋1ー2片岡・花田
D2○池田・中村2ー1稲澤・山沖
S3●中嶋0ー2植田

○関大4ー1大経大

リーグ戦連勝のバドミントン男子。この日は大教大との対戦だ。

S1には前日同様、中村勇毅主将(政策4)が出場。第1ゲーム、リードして前半を終えるも、ショットが安定せず、後半逆転を許しこのゲームを落とす。それでも、第2ゲーム中盤、長いラリーを制すなど徐々に調子を取り戻し、この日もチームに1勝をもたらした。


△中村

S2は前の日ストレート敗けを喫している池田圭吾(人2)。この日は序盤から積極的な攻めを見せ、1ゲームを先取。2ゲーム目は前半を1点差で終えるが、後半はスマッシュを連続で決めるなど21ー14で勝利した。


△池田

D1で中嶋遼(人4)と組んだのはいつもの田中大祐(安全4)ではなく、中田悠貴(シス理1)。いつもと連携が違ったためか、第1ゲームを逆転負けで落とす。2ゲーム目はデュースの末、勝利。しかし、最終ゲームでは終盤の連続失点が響き、勝利ならず。


△中田・中嶋組

続いてD2の池田・中村組は絶妙なコンビプレーが光った。ともに鋭いショットが決まり、相手に流れを渡さなかった。唯一危なかったのは第2ゲーム終盤。「少し消極的になってしまった」と追い上げを受けたが、最後は長いラリーを勝ちきり21ー18で相手を下した。


△池田・中村組

勝利が確定した後のS3は中嶋。しかし疲れがあったか、いつものキレがなく、相手に攻め込まれる。後半怒濤(どとう)の連取で追い上げるが、逆転することはできなかった。


△中嶋

大教大との一戦にも勝利し、これでリーグ3連勝とした。9月第2週の3連戦を終え、いよいよ来週は最後の2連戦。より強敵と当たるため、1部昇格へのヤマ場となるが、このままの勢いで全勝を狙う。【文:水上壮平/写真:森本明日香】


▼中村主将
「(シングルスは)今日も出だしが良くなかった。しんどいと言うより、流れで取られた。後半からは、早く球にタッチして相手のショットをつめることができた。相手を振って疲れさすことができた。(ダブルスは)相手は第2ダブルスで格下の相手だったが、D1を取られて勝負という場面で少し消極的になってしまったのは反省点。第2ゲームでは粘られて、あそこで振り切れないと取りこぼしが増える」


▼池田
「今年はずっと調子良くない。去年は1年目ということもあり、チャレンジャー精神あって、うまくいっていたが、今年はちょっと消極的になってしまっている。今日は自分からスピードを上げたり、相手に積極的に仕掛けれた。第2ゲームではずっとリードされてて追いかける側だったが、1つ取っているのは自分。相手の方が追い込まれているのは分かってた。引いたら負けると、攻撃的に攻めきれた。」