【野球】高野先制打&完封!立命大から勝ち点獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対立命大3回戦◇9月9日◇皇子山球場◇

立命000 000 000=0
関大010 022 00X=5

(立)坂本、高井、山下太、山梨―大本、榮枝
(関)高野―久保田拓

1(中)安藤大
2(二)坂之下
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(左)濵田大
7(三)松島恒
8(捕)久保田拓
9(投)高野

投げては完封、打っては先制点の活躍で、投手・高野脩汰(商3)が今季2勝目を獲得。さらにチームは立命大に2勝1敗で、貴重な勝ち点をゲットした。

この日の高野を止められる者はいなかった。1回戦で課題としていた立ち上がりも、3人中2人を三振で仕留める完璧な入り方を見せる。2回、3回と四球やヒットで得点圏にランナーを背負うものの、それ以上は進ませず。守備陣と息の合ったプレーで、順調にアウトを量産していった。

前日の2回戦で立命大に完封負けを喫した打撃陣も、この日は奮起。序盤から積極的にバットを振ると、次々とヒットが飛び出す。

2戦連続で後半戦にゲームが動く展開だったが、この日は早かった。2回裏、8番久保田拓真(社2)のヒットで2死一、三塁とすると、打席に立ったのは投手・高野。「バッティング練習はほとんどしていない」ながらも、しっかりと球を捉えると、打球はレフト前へ。完璧な当たりで自らを救う先制点を挙げ、塁上でガッツポーズを見せた。


△久保田拓


△高野

さらに5回、死球と失策で無死一、三塁の場面で、6番濵田大輔(経3)はバントの構え。「バントには自信がある」という言葉通り、しっかり成功させてスクイズで1点を追加。その後も連続バントで3点目を挙げるなど堅実に得点を重ね、立命大エース・坂本をマウンドから降ろした。


△濵田


△久保田拓

6回には、今節好調の4番野口智哉(人2)のタイムリーや相手投手の暴投でさらに2点を入れ、5点差に。流れは完全に関大のものだった。


△野口

打撃陣から心強い援護をもらった高野は、三者凡退で立命打線を黙らせ、危なげなくイニングを進めていく。8回も3人で終わらせ笑顔を見せると、完封勝利を収めるべく、最終回もマウンドへ向かった。

1回戦では9回1失点の好投を見せながらも、完封できず悔しさをのぞかせた。5-0で迎えた9回表、この回先頭の橋本にヒットを許すものの、焦りは全く見せず、続く2人をセンターフライで打ち取る。そして最後のバッターを見逃し三振で斬ると、ゲームセット。念願の完封勝利は、チームに1つ目の勝ち点をもたらし、ベンチから飛び出したメンバーとスタンドのチームメイトから祝福を受けた。

開幕戦でいきなりヤマ場に当たった関大野球部だったが、ピッチャー陣の力投を中心に投打で圧倒し、念願の勝ち点を獲得することができた。次節では京大と対決する。近年、1回戦を落とす場面も目立つ相手だ。ここでつかんだ流れを離すことなく、2つ目の勝ち点を狙う。【文:松山奈央/写真:中西愛】

▼早瀬監督
「今まで立命は分が悪かった。なんとか・・・という思いでやってきて、ここで勝ち点を取れたのは大きい。高野もタフな成長した姿で春とは違っていた。ピッチャーを変えるつもりはなかった。2回戦より打線を少し組み替えて、松島が刺激になってくれればと思ったが、最大のチャンスで内野フライになってしまったのは、まだ春の不調を脱せていないのかもしれない。1点を取って膠着しかかったが、後半が勝負というのをみんなが意識していて点を取れたのは成長した部分。守りも良かったし、相手のミスにもつけ込めた。この勝ちは大きい。これからの流れや弾みになる。京大戦にいい流れで入っていけるのでは」

▼松島恒陽主将
「チームの雰囲気はめっちゃいい。食らいついている。昨日は完封負けで正直やばいかなと思ったが、切り替えができていて良かった。絶対に切り替えようという思いがいい方向にいったのだと思う。春に優勝の立命大と初戦で当たるし、絶対勝たないといけない、とみんな気合いが入っていた。最初はみんな三振を怖がって結局三振になるという感じだったから、『思い切って振って、あかんかったらしゃーない!』と言っていたのがみんなが振れるようになっている。ピッチャーにいつも助けてもらっている。絶対に勝たないと」

▼高野
「1回戦より調子は良くて、真っ直ぐでもスライダーでも攻めるピッチングができた。春は坂本に負けているので、リベンジで。春より球威が増したと思っていて、全球集中という感じに考え方が変わった。立ち上がりは良かった。なぜかは分からないが、落ち着いたいた。タイムリーはたまたま。ボールがきたから打った。1点じゃすぐにひっくり返されるから、0-0の気持ちでその後もいった。どこが優勝してもおかしくないから、立命が強いから・・・という風には思っていなかった」

▼濵田
「サインはスクイズ。監督を信じ、緊張は特になかった。バントに自信ある。まだ自分の結果に納得はいっていない。とりあえず1本出したい。この節を取れたのは大きい。一丸突破を目標にやっているから、次も一丸突破できるように頑張りたい」

▼野口
「(坂本投手は)一番楽しみにしている投手だった。後の投手陣は打ちやすかった。(この夏の取り組みについて)体幹を鍛えた。しっかり軸をつくって、軸で打つように考えるようにした。立命に勝てたことは大きい。入学して1回も勝てたことなかった。うれしい。(今期の目標は)優勝。個人的には首位打者」

▼久保田拓
「でかすぎる。優勝への道がつながったかなと。負けたら切れていた。(今期の調子は?)春に比べたらいいほう。(途中の連続スクイズに関して)相手を畳み掛ける感じだった。流れも良かった。坂本投手に対しては、1回戦目を終えて3回戦目でいい対策ができた。(高野投手について)調子はいい。手の付けようがない。ここからもがんばる」