【テニス】リーグ戦4連勝!残すは近大との最終戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学対抗リーグ戦◇第4戦◇対立命大◇9月8日◇江坂テニスセンター◇
〇D1島田・髙村2(7-5,6-4)0榊原・足立
〇D2山中・平川2(6-2,6-4)1家邊・溝渕
〇D3上曽山・塩井2(6-3,6-0)0小野・星野
〇S1松田2(7-6(1),6(5)-7,6-1)1本田
〇S2大植2(6(2)-7,6-0,6-1)0片山
〇S3大野翼2(6-3,6-4)0久保田
〇S4高橋勇2(6-4,6-0)0村木
〇S5高村2(6-3,6-2)0藤本
〇S6本田2(6-2,6-1)0鵜沢

〇関大9-0立命大

リーグ戦4戦目は立命大と対戦した。ファイナルセットにもつれ込む試合もあったが、9-0勝利を収め、最終戦に向け弾みをつけた。

これまでとオーダーを変更し、D3には上曽山拓実主将(人4)・塩井岳(人3)が出場した。第1セットは緊張もあり、「固くなってしまった」と、思うようにプレーできなかった。相手に隙を突かれ苦しい場面もあったがセットを奪う。続く第2セットは主導権を握り、6-0でものにした。関大で最初に白星を挙げ、チームに勢いをもたらした。

不動のD1・島田達也(人4)・高村烈司(商4)組は、第1セットは格下のペア相手に、1-4と苦戦を強いられる。しかし、焦ることなくリターンゲームでプレッシャーをかけ、徐々に2人のペースに持ち込む。怒涛(どとう)の追い上げを見せ、セットを先取する。2セット目も2-4と相手にリードを許したが、第7ゲームでブレークに成功すると調子を取り戻し、4ゲーム連取で勝利を収めた。

D2にはこれまでの3戦と同じく山中瑠樹亜(経2)・平川暉人(人2)組だ。平川のサービスから試合開始。二度のダブルフォルトもありながらも、なんとか最初のゲームをキープ。続く2ゲームも、デュースが続く展開となったが、相手との我慢比べに負けずゲームを奪うと、勢いのままに第1セットを先取。第2セットは互いに、キープ、ブレークを繰り返すなど、一進一退の展開で4-4。第9ゲームは平川の強烈なサーブで相手のミスを誘う。サーブを軸に、山中のボレーも鮮やかに決まりこのゲームをものにし流れに乗ると、次のゲームでブレークに成功し、ストレート勝利を収めた。

フルセットの熱戦となったのは今リーグ初めてS1を任された松田康希(商1)。第1セットはタイブレークの末、松田が奪うも、第2セットは相手がタイブレークで返り討ち。トイレットブレークを挟むと、時計の針は16時半を回っていた。他の試合は全て終わりまた、日曜日ということで、たくさんの観客の視線がエース対決に注がれていた。最終セット、1ポイント1ポイントに拍手や応援が沸く中、勝負を決めたのは1-1として迎えた松田のレシーブゲームだった。このセット初めてのブレークチャンスを強烈なフォアハンドのウィナーでものにすると、ここからは松田の独壇場。高身長でしなやかなフォームから放たれる高速サーブや、コート後方からでもウィナーを奪う威力のあるショットで相手を圧倒。6-1でフルセットの攻防をものにし、最終戦へと弾みをつけた。

「(サーブが)やばい」。第1セット序盤、ファーストサーブが思うように決まらず何度か声に出し、苦しんだS2・大植駿(文1)。得意の武器を普段通りに生かせず、第1セットはタイブレークの末、落とす。しかし、ベンチコーチの西村壮司(法3)から「テニスを変えていこう」という助言や周りの応援をきっかけに徐々に本来の姿を取り戻す。第2セットを1ゲームも許さず奪うと、最終セットは両足にテーピングを張り疲労が見える相手とは対照的に、パワフルなテニスで相手を翻弄(ほんろう)。逆転勝利を果たした大植は最終戦の近大戦に向け、「去年いなかったんで、雰囲気はわからないんですけど、『全く違う雰囲気だぞ』と言うことは先輩からも聞いているので、気負うことなく、1年生らしさを出しつつ、勝ちたい」と意気込んだ。

S3の大野翼(経3)は、勝利したものの、試合後に振り返るように、普段はあまりしないプレーを試みミスをしてしまう場面も見られた。次戦の近大戦に向け「自分を信じてプレーしていきたい。全力でプレーする?」と、意気込みを語った。

S6の本田健人(社3)は、自身初のリーグ戦出場だったが、「いつも通りやったら勝てる」という気持ちで試合に臨み、6-1、6-1で勝利を収めた。

S5の髙村は、リラックスした雰囲気の中で終始有利に試合を進めた。サーブが冴え、サービスゲームで流れをつかむ。相手に1ブレークしか与えず、6-3、6-2で勝利した。

ここまでリーグ戦全試合出場中の高橋勇人(経2)は甲南大戦から一つ繰り上がりS4として出場。気持ちのこもったテニスを披露し、ポイントを奪うと何度もガッツポーズ。関大のファイターは第1セットを6-4で奪うと、セカンドセットは圧巻のベーグル(6-0)で試合を終わらせた。

いよいよ残すは、近大との最終戦のみとなった。昨年の敗北から1年、悔しさを忘れることなく過ごしてきた。リーグの悔しさはリーグで晴らす。全員がリベンジに向けての気合いは十分。江坂の地で歓喜の声を響かせるのは、関大だ。【文/写真:三木勇人、遠藤菜美香】

▼上曽山
「ダブルスでは初めての出場ということで、最初は固くなりすぎた。また、風が強い中でそれを利用したプレーをすることができなかった。良かったところはいいスコアで勝てたことと、早く勝てたことでチームに良い流れを与えることができたことだと思います。緊張はありました。今までで感じないほど…試合が終わった後、足が震えすぎて疲労が溜まっていました。(笑)
チームとしては60点ぐらいですかね。
少し気が抜けている選手もいましたし、取り切らなければならないところで取れなかったりと、長くしなくて良い試合を自ら長い試合に縺れ込ませている場面があったと思います。その反面、チームとして9-0をつけれたことは良かったのではないかと思います。
近大戦に向けて、去年のリベンジを果たすだけです。絶対に勝ちます!」

▼島田
「最初に少し焦ってしまい自分達のミスが多かったのでそこを修正してプレーする事を心がけていました。左利きの選手のサーブが良く、リターンゲームでの苦戦はありました。
今までの試合では自分達が負けないだろうと思いながらプレーしている部分があり、積極性に欠けていた面があったので最終戦では、チャレンジャーとして思い切ったプレーをしていくことが必要だと感じました。ダブルスでチームに流れを作れるような試合をします。近大にリベンジ、リーグ優勝!」

▼髙村
「ファースト1-4の時は、ワンブレイクダウンだけだったので、焦らずリターンゲームでは相手にプレッシャーをかけ確実に取り返す事を考えました。相手は両者共にいいサーブを持っていて、特に左利きの相手の時のリターンゲームは苦戦しました。相手にプレーをさして、そこから自分達の形にはめ込んでいけば決して崩れることは無かったのですが、なかなか思うようにいかなかったので、早い段階でタイミングを合わしリズムを作っていけなかったとこは反省点だと思います。
最終戦に向けては、相手校も連覇を狙ってくるから、予想以上に良いプレーを相手がしてきたとしても、常に冷静に判断して自分達が崩れずプレーをし続けられることが大事だと思います。最後のリーグなので、リベンジを果たして必ず優勝します!!!」

▼大野翼
「シングルスの調子は悪くはない。ダブルスでの出場ってのはあんまりなくて、シングルスに集中できるっていうのはいい面もあると思う。近大戦を意識して、いろんなことを考えながらテニスしていて。今日は調子が悪かったところがあるんですけど、近大戦では自分を信じてプレーしていきたい。普段やらないことをやりすぎたかなと。近大戦ではテクニック的なことはあまり使わずに、シンプルにやっていきたい。去年負けたけど、それは関係なしに、チャレンジャーとして全力でプレーする。リーグが本番じゃなく、王座があるから王座でいい結果が出せるようにつなげていきたい」

▼大植
「(第1セットは『サーブが入らない』と言っている場面が多かった)サーブが得意なんですけど、今日はサーブの調子がよくなく、サービスゲームから攻められていた。でも、高校(清風)でも関大(17年度卒)でも先輩である矢多OBに『しっかりリラックスして打っていけ』と言われて、そこからサービスゲームもキープできた。(試合全体を振り返って)今日は見失った場面もあったんですけど、ベンチコーチの西村(壮司=法3)さんにも助けられた。(S2、3を任せられているが重圧は?)あまりプレッシャーには感じてないですね。先輩方からも『1年生はフレッシュにやっていこう』と言われてます。まだ、近大戦も終わってないので、なんとも言えないんですけど、そこ(S2、3を任されること)で硬くなることはないですね。(ベンチコーチの) 壮司さんが「テニスを変えていこう」と言ってくれたことや矢多さんのおかげで、2セット目からはすごくいいプレーができた。あと、OBさんたちの声掛けもうれしかった。(10日の近大戦にむけて)去年いなかったんで、雰囲気はわからないんですけど、『全く違う雰囲気だぞ』と言うことは先輩からも聞いているので、気負うことなく、1年生らしさを出しつつ、勝ちたい。先輩たちも近大戦を意識していると思うので、関大の一員として勝利に貢献したい。あんまり硬くならずにいこうと思ってる。そのために、分析をしているので、その人たちのためにも勝って(恩を)返したいをしたい)