【テニス】関学大に勝利し、リーグ戦3連勝!次戦はヤマ場・姫大戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学対抗リーグ戦◇第3戦◇対関学大◇9月6日◇江坂テニスセンター◇

○D1中塚・中村天2(6-4,6(4)-7,7-6(4))1明河・吉田
○D2鎌田・大野菜2(6ー3,6(6)ー7,6ー2)1北本・石川
●S1大野菜1(6(6)-7,6-4,1-1RET)2吉田
○S2鎌田2(6-2,6-1)1小柳
○S3佃2(6-1,6-2)0北本

○関大4-1関学大

リーグ戦3戦目は関学大と対戦した。ここまで全勝の関大はこの日も勝利し、3連勝を収めた。

D1の中塚桃子(人3)・中村天音(文1)組の試合は大接戦となった。相手は明河・吉田組という予想していないペアリングだった。一勝をつかむために、果敢に攻めてくる相手。遅いスピンボールと、早いストロークに対応できず、なかなか主導権を握れない。ファイナルセットのタイブレークの末、なんとか勝利を収めた。

D2に出場した鎌田琴衣(社4)・大野菜々子(社3)組は熱い戦いを繰り広げた。最初のゲームを奪い、ボレーやスマッシュなどで相手を圧倒。6-3でファーストセットをものにし、幸先のいいスタートを切る。続く2セット目。このままの勢いで勝ち切りたかったが、相手の攻防に苦戦。ミスが多発し、タイブレークまでもつれ込む接戦に。「思い切っていけなかったのが課題」と、鎌田女子主将。あと一歩のところで失点し、で2セット目を落としてしまう。そして運命の最終セット。声援を力にしながら息の合ったプレーを見せた鎌田・大野菜組は相手を翻弄(ほんろう)し、6―2で3時間半にも及ぶ激闘を制した。

S2には鎌田女子主将が出場。「結構体も軽かったので動きやすくて。シングルスは良かった」。ネットプレーや長いラリーもしっかりと打ち込み、相手の挑発的なプレーにも対応。ダブルスの疲れを一切見せず、相手を圧倒する。6-2、6-1で勝利し、主将の意地を見せた。

S3は第1戦、第2戦とは変わり、佃紫帆(人1)が抜擢(ばってき)された。初のリーグ戦だったが、第3ゲームでデュースの末ブレークに成功すると流れをつかみ、ストレート勝利を収めた。

S1の大野菜は吉田と対戦した。序盤から相手に攻められる。1-4から追い上げを見せ、タイブレークに持ち込むも、第1セットを奪うことはできなかった。第2セットは激しいラリーの打ち合いを制し、試合を振り出しに戻す。第3セット、互いに1ブレークを奪い合ったところで大野菜が棄権し、試合終了となった。

接戦となる試合もあったが、勝ち切れたことは残り2戦への自信につながる。次戦は、関大と同じく全勝中の姫大と対戦する。リーグ優勝に向け、絶対に落とせない戦いだ。「どれだけ苦しい試合になっても勝ちます」と、鎌田女子主将は熱く語った。【文/写真:遠藤菜美香、竹中杏有果】

▼鎌田女子主将
「ダブルスは、ファーストセットは良い感じとまではいかないですけど、最初の方は競りながら6-3で取れて。でも、セカンドセットはタイブレークまで行ってしまって。その中でも5本くらいマッチポイントがあったのに、取れなかったっていうのは調整していかないといけないし。思い切っていけなかったっていうのが課題だったと思うので、次はマッチポイントになったときこそ自分たちのプレーができるようにしていきたい。シングルスは、夏関の1戦目?の相手で戦ったことはあったので、プレーがどんな感じかっていうのはわかっていて。なので、その辺の戦術とかは自分で組み立てられましたし、結構体も軽かったので動きやすくて。ネットにも出られましたし。シングルスは良かったと思いますね。(ダブルスの疲れとかはなかった?)いや、全くなかったですね。(チーム全体としては?)前もそうだったんですけど、ダブルスで苦しい場面がありながら2-0付けられているっていうのは、やっぱり自信にしないといけないし。シングルスも結構接戦になってる人もいるんですけど、それでも勝つのはやっぱり関大だなっていうのはあって。みんなで勝ちたいっていう思いが強いから、接戦になったときも勝てているのかなと思います。(最後のリーグ戦ですけど何か思っていることは?)あんまり最後とか思ったことはないけど、このチームで戦えていることにすごく感謝しないといけないし、これだけ強い人が集まっていたら勝つのが当たり前とか言われながらも、やっぱり優勝するっていうのは難しいことだと思う。このチームで戦えていることに感謝して、その主将であるっていうことに自信を持って、コートの中でも外でも堂々としていきたいなと思います。(次戦の姫大戦に向けての意気込みは?)もう、絶対勝ちます!何が何でも、どれだけ苦しい試合になっても勝ちます!」