【卓球】ようやくつかんだ大きな1勝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第5日目◇対芦屋大◇9月6日◇ベイコム総合体育館◇

関大4-3芦屋大
[S1]赤川○3-0
[S2]稲村●0-3
[S3]宮村●2-3
[D1]宮村・藤原○3-0
[S4]鈴木●2-3
[S5]藤原○3-1
[S6]朝野○3-1

長いトンネルを脱出した。これまで勝利から見放されていたリーグ戦。負ければ自動降格となる最終戦は、最終シングルスにもつれこむ大熱戦。S6の朝野郁香(社3)がフルゲームの末に勝利を収め、チームも初白星を手にした。9日の入替戦で、1部残留を目指す。

先陣を切ったのは赤川真理亜(化生3)。試合序盤からテンポの良い攻撃でリードを奪い、鮮やかなストレート勝利。負けられない一戦で、最高のスタートを切った。

S2の稲村羽奈(情2)も続きたかったが、自らのペースで試合を進められず、ストレートで敗戦。S3の宮村栞奈(社2)は一時先行されるも、粘り強さを見せ最終ゲームまで持ち込む。ここでも一進一退の攻防を繰り広げたが、あと一歩及ばず敗戦。痛い1敗を喫した。

ここでダブルスの宮村・藤原真由(人1)組が奮闘。立命大戦とは打って変わって、試合開始から自分たちのペースで試合を進める。最後まで相手に流れを渡すことなく、圧巻のストレート勝利で、勝敗数を五分に戻した。

2面展開で行われたシングルスには、藤原と鈴木理布(社4)が登場。藤原はダブルスと連戦だったが、疲れを感じさせない戦いで見事勝利を収めた。一方の鈴木も、リードを許しては追い付く互角の戦い。最後まで必死に戦ったが、粘り及ばず惜敗した。

チームの命運を託されたのはS6の朝野。試合を終えた男子部員も見守る中、両者ノーガードの打ち合いとなる。その中で、朝野は常に気持ちを前面に押し出し、ポイントを重ねる。最後まで粘り切り、チームの勝利を確定させると、思わず目頭を押さえた。

最終戦でようやく手にした初勝利。これで9日の入替戦進出が決定した。1部残留まであと一つ。全員の力を結集させ、全てをかけて1部の座を死守する。【文/写真:長尾洋祐】