【野球】森の好投実らず・・・勝負は3回戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対立命大2回戦◇9月8日◇皇子山球場◇

関大000 000 000=0
立命000 000 10X=1

(関)森翔、築山、定本―久保田拓
(立)有村、山梨、糸井ー大本

1(中)安藤大
2(三)久保田有
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(左)濵田大
7(二)坂之下
8(捕)久保田拓
9(投)森翔

遅咲きの左腕・森翔平(商4)の力投は実らなかった。昨季までリリーフをメインとして登板していた森翔は、慣れないロングイニングを無失点で抑え、迎えた後半の7回。ついに強豪・立命打線に打ち崩される。

この日すでに2つのヒットをを与えている7番百田に、左前へボールを運ばれると、左翼手・濵田大輔(経3)が決死のダイブ。しかし、ボールは逸れ、その間に三塁まで進まれる。そして、迎えたのは代打・榮枝。ライトオーバーのタイムリーを許し、ついに均衡を破られたのだった。

この打者をもって、ここまで懸命に腕を振ってきた森翔は降板。代わりに、築山雄介(文3)がマウンドへ上がると、代打・宮崎にセンターへの大きな一打を放たれる。それを中堅手・安藤大一郎(経2)がキャッチすると、ランナーがホームへ向かってスタート。しかし、安藤大の好返球がそれを防ぎ、それ以上の失点は免れた。


△築山


△安藤大

8回には、期待のルーキー・定本拓真(文1)が登板。公式戦初登板らしからぬ、堂々としたピッチングを披露し、3人でこの回を終えた。

絶対に逆転し、ピッチャーの好投をむだにしたくない関大打線。チャンスは2回訪れた。定本が好投を見せたその裏、すぐに2死に追い込まれると、代打でコールされたのは吉川周佑(経3)。小柄なバッターが振り抜いた3球目は左方向へ抜け、さらに続く1番安藤大もヒットを放って反撃の糸口を作り出す。しかし、代打・原拓海(法4)が最後は空振り三振に仕留められ、得点にはつながらない。


△吉川


△原

さらに9回、最後の攻撃。この日既に2安打の4番野口智哉(人2)がセンターへの大きな二塁打を放つと、5番倉川竜之介(文4)の犠牲フライで三塁へ。最後のチャンスで打席には、代打・森山翔太(経4)の姿が。スタンドからは、今日一番の熱い声援が送られ、反撃の舞台は整っていた。2球で追い込まれると、3球目は見送りボール。そして4球目、振り抜いたバットは残酷にも空を切る。その瞬間、相手ベンチから歓喜の声が上がった。


△野口


△森山

「粘らなあかん」。そんな思いで投げ続けた森翔。6回1失点という決して悪くない内容だったが、打線はたった1点を援護することができなかった。この悔しさを必ず勝利で晴らす。3回戦への闘志は十分だ。【文:松山奈央/写真:多田知生】

▼早瀬監督
「先発の森がこんなピッチングをしてくれているのに、点を取れず。バント失敗だったり、チャンスを作りかけたが作り切れていなかった。采配する側として、期待して送り出すし9かない。後半は粘りも見せてくれていたのでは。成長した面もあった。それを勝利につなげられるように。(定本について)厳しい場面だからこそ行かせた。それなりのボールを投げていたのでは。明日は勝ち点を狙いにいくしかない。きっと坂本(立命大エース)が出てくる。明日も総力戦にならざるを得ない」

▼森翔
「調子はあまり良くはなかった。粘れていtらが、先制点を取られてしまった。『粘らなあかん』という思いで投げた。打線を信じて頑張ろうと思ったが、打たれてしまった。肥後ちゃん(肥後皓介=人4)がいないから、その分の思いを背負って。明日は総力戦になる。死に物狂いでやります!」