【テニス】甲南大に8-1勝利で3連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学対抗リーグ戦◇第3戦◇対甲南大◇9月5日◇江坂テニスセンター◇

○D1島田・髙村2(6-2,6-1)0角野・石川
○D2山中・平川2(1-6,7-6(3),7-6(2))1藤永・岡崎
○D3山尾・松田2(6-4,6-1)0西本・藤本
●S1山尾1(6-4,6(3)-7,3-4RET)2岡崎
○S2松田2(6-4,6-3)0東川
○S3大植2(6-1,6-4)0藤永
○S4大野翼2(6-1,6-1)0有泉
○S5高橋勇2(6-4,6-1)0西本
○S6髙村(7-5,6-3)0角野

○関大8-1甲南大

リーグ戦第3戦は関大と同じく2戦全勝中の甲南大と対戦した。

D1には島田達也(人4)・髙村烈司(商4)組が出場。前半は息の合ったプレーで相手を翻弄(ほんろう)し、ミスを誘う。しかし、途中で相手に流れが向きかける。「すごい果敢にチェンジとかしてくる相手だったんですけど」(髙村)。それでもしっかりと立て直し、高村のサービスエース、島田のボレーやスマッシュで相手を圧倒。1セット目を6-2で奪うと、勢いそのままに6-1で2セット目も制して白星を挙げた。

D2の平川暉人(人2)・山中瑠樹亜(経2)組の試合はファイナルセットにもつれ込む試合となった。終始相手に主導権を握られ、1-6で第1セットを落とす。しかし、第2、第3セットではサービスゲームをキープすることに意識を向け、タイブレークへと持ち込む。タイブレークには自信を持つ2人は、応援を力に変え、最後まで戦い抜いた。思い切ったプレーで得点を奪い、勝利を収めた。

D3として出場した山尾怜貴(商3)・松田康希(商1)組。出だしは好調にスタートしたものの、中盤でミスが多発。しかし、冷静な判断で流れを取り戻し、1セット目をものにする。2セット目では松田のスマッシュが光り、次々に得点。前後左右に相手を揺さぶって疲れさせ、6-1で勝利を収めた。

S4には大野翼(経3)が出場。相手側のミスを生かし、序盤から攻める。スライスなどの多彩な技で点を重ねていく。途中でネットミスやサーブミスが何度か見られたものの、勢いを失うことはなく試合を進める。長いラリーやネットプレーもしっかりものにし、6-1、6-1と快勝した。

S5の高橋勇人(経2)は、第1セット中盤でミスが増え、悔しそうな表情を浮かべる場面もあったが勝利への気持ちで相手を上回り、セットを先取する。第2セットでも集中力を切らすことなく、積極的なプレーを見せチームに勝利で貢献した。

S6に出場した髙村は、熱戦を繰り広げた。最初のゲームを奪ったものの、長いラリーに苦戦しネットミスが多発。自分のリズムをうまくつかめないまま試合が進む。何とか7-5で最初のセットを奪う。続く2セット目。2ゲーム連続で奪うと勢いに乗り、サービスエースを何度も決めて見事白星を挙げた。

S2の松田は序盤はミスもあり苦戦するも、徐々にいつものプレーを取り戻す。サーブで崩し、緩急をつけたラリーで試合を展開。6-4、6-3で勝利を収めた。

S3には大植駿(文1)が出場した。1セット目は6-1と好スタートを切る。しかし、」2セット目では相手の猛攻に苦戦。それでも、果敢に攻める大植。挑発的なプレーにも負けず、粘り強くラリーを続ける。抜きつ抜かれつの試合を繰り広げた末、第2セットを6-4で奪い、見事に勝利した。

S1の山尾はチャレンジャー精神で向かってくる相手に苦戦を強いられ、流れをつかみ切れない。第1セットはなんとか先取するも、タイブレークの末第2セットは相手に奪われる。試合は第3セットへともつれ込んだが、3-4となったところで山尾が棄権し、試合終了となった。

9-0勝利とはいかなかったが、「勝ち切れたことは非常に大きいこと」と、上曽山拓実主将(人4)はこの結果をプラスに捉え、振り返る。残るは立命大戦と近大戦。2戦とも勝利し、全勝優勝で王座への切符をつかむ。【文/写真:遠藤菜美香、竹中杏有果】

▼上曽山主将
「甲南大学にしっかり勝ち切れたことは非常に大きい事。9-0をつけたかったが、今後の試合もあるので仕方ないなと思う。この勝利を後の2戦に生かしていきたい。全員プレーが上がってきているので、どんどん高みを目指して行くのみ。どの大学も力がありタフな試合が続いていますが、しっかり結果として残っているので良いことだと思う。あと2戦出し切るのみ」

▼髙村
「ずっとD1で出してもらっていて、どんな相手でも勝たないといけないっていう使命はあるので。それを今日も果たすことができたので良かったかなと思います。まあ、すごい果敢にチェンジとかしてくる相手だったんですけど。でも調子自体は悪くはなかったかなって感じです。課題も一個ずつクリアできていっているので、その調子で一戦一戦もっと上げていけたらなと思います。(最後のリーグですけど、何か思うことは?)やっぱり、関大は去年2位で悔しい思いをしたので、僕が入学してから4連覇っていうのはできなかったですけど、最後のリーグは何としてでも優勝して、またそれを後輩たちに伝えていけたらなと思います。そこは4回生の意地として、どこに何を任されても必ず勝ってみせます。」

▼島田
「今日の試合は、自分の中ではフィーリングはあまり良くなかったので、少しミスとかも出てしまって。そこの部分を、次の立命戦、近大戦に向けてしっかり修正して。特に立命戦では自分が納得いくプレーができるようにしたいなと。今日は課題が多い試合だったかなと思いました。サーブの確率だったり、ファーストボレーとかで欠けていた部分が多かったので、そこの部分をもう少ししっかりしていかないと。まあ本来ならできるだろうと思うんですけど、今日はそれができていなかったので。(最後のリーグですけど、何か思うことは?)去年は近大に負けているので、今年はしっかりリベンジしていい形で。みんなリーグは通過点だと言っているんですけど、まずは何が何でもリーグを優勝しようという気持ちで、最終戦、まあ後2戦あるんですけど、5日後に笑っているのは俺たちだぞっていう感じで残りの練習も頑張りたいと思います」

▼平川
「哲さんにファーストセットの対応力がないって言われた。ずっと同じようなポイントの取られ方をしていて、何も変えることができずにファーストセットを簡単に取られてしまったところは改善点だと思う。セカンドセットはここ取らないと負けてしまうので、先にブレークされてしまったんですけど、タイブレークまで持ち込めば、結構自信は僕の中ではあったので、サービスゲームをキープすることに集中した。関学戦と甲南戦は僕たちだけファイナルに入ってるので、気を引き締めて、改めてストレートで勝てるように頑張りたい」

▼山中
「終わってみれば勝ったのでよかったけど、もう少ししっかりできたと思う。みんなの応援もあって、関大が一つになれたんじゃないかなと思う瞬間が僕の中ではあった。ここで勝ち切れたことは大きくて、近大戦に向けていい一歩だと思う。タイブレークまでなってしまったら、思い切ったもん勝ちだと思う。僕は結構思い切りやるのが好きなんで、僕の土俵でやってくれてありがとうございますという感じ。ベンチコーチの上曽山さんはものすごい心強くて、アドバイスもくれる。これからも頼りにしている。近大戦では一丸となって優勝したい。これからもよろしくお願いします。結構ファイナルマッチやってしまってるけど、残り2戦も勝って。どんだけ競っても僕たちは負けないんで、リーグ優勝して、王座も優勝します」