【野球】高野完投!開幕好スタート切った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対立命大1回戦◇9月7日◇皇子山球場◇

立命000 000 010=1
関大000 003 00X=3

(立)坂本、糸井、山下太―大本
(関)高野―久保田拓

1(中)安藤大
2(三)久保田有
3(一)上神
4(遊)野口
5(右)倉川
6(左)濵田大
7(二)坂之下
8(捕)久保田拓
9(投)高野

大きな1勝を手にした。神宮大会への切符が懸かった秋のリーグ。開幕戦で迎えたのは、昨春のリーグ優勝校・立命大だった。出だしから立ちはだかる強敵だったが、「ここで勝ったら波に乗れる」と、関大ナインは意気込んだ。

開幕投手の重役を任されたのは、高野脩汰(商3)。昨年突然頭角を現した左腕は、得意のストレートとスライダーでこの日も三振を量産。完封を目指し、順調にアウトを重ねていった。

無失点投球を続ける高野を援護したい打線は、初回に早速チャンスが訪れる。3番上神雄三(法1)が左方向への当たりで出塁。ルーキーに続けとばかりに、4番野口智哉(人2)もヒットを放つと、死球も絡み2死満塁に。しかし、6番濵田大輔(経3)がライトフライで打ち取られ、得点することはできなかった。


△上神


△野口


△濵田

両チームともスコアボードに0を並べ、前半戦が終了。なんとしても先制したい関大打線は、後半でついに目を覚ます。

6回裏、あっという間に2死とされる。しかし、まさに「野球は2アウトから」だった。2死一、二塁の絶好機で打席に向かったのは5番倉川竜之介(文4)。持ち前の強打で何度もチームに勝利をもたらしてきた不動のクリーンアップは、この大一番でもしっかりと魅せた。

すぐに2ストライクに追い込まれると、振り抜いた3球目はセンター前に落ち、走者1人がホームインするタイムリーに。しかし、それだけでは終わらない。相手守備陣がエラーする間にランナーが一気に駆け抜ける。走者も打者も全員が本塁に生還し、一挙3点を獲得すると、手荒くベンチに迎えられた。

8回に立命2番井上のタイムリーで1点を返され、高野は完封とはならずも最終回までしっかりと投げ切り、2点リードを保ったまま完投勝利を収めた。

倉川の劇的な一打と高野の熱投が実り、立命大1回戦で勝ち星を挙げた関大野球部。しかし、翌日の2回戦でも勝利を収めなければ、勝ち点はつかめない。「また明日新しい気持ちで臨めるように準備します」と、松島恒陽主将(人4)も気を引き締める。聖地・神宮へ続く勝ち点を手に入れるため、熱い戦いはまだまだ終わらない。【文:松山奈央/写真:松山奈央、勝部真穂】

▼早瀬監督
「高野は落ち着いて一生懸命投げていた。先発に完投してほしいとは思っていた。幅がでてきたのでは。まだまだ足りない所はあるが、ピッチャーとして総合的に良くなったと思う。今まではキャッチャーのサイン通りやっていたが、自分で決めて投げるようになった。落ち着いていて、バタバタしなくなっている。秋は高野が軸になる。だから開幕でも投げさせている。今日の完投は本人にとっても大きいのでは」

▼松島恒
「勝てて良かった!良かったけど、勝って余裕を持つのではなく、引き締めて。また明日新しい気持ちで臨めるように準備します」

▼高野
「完封を狙ってやっているので、1点取られたのは悔しい。練習試合の時から立ち上がりは悪くて、ずっと課題だったが、今日も修正し切れなかった。三振は真っ直ぐでもスライダーでも取れているので、全バッターを三振にするつもりでいった。先に点を取られたらベンチのムードも悪くなるから、先制されないようにだけ気を付けた。春は全体的にコンディションが悪くて、秋の方が調子はいい」

▼倉川
「(立命先発の)坂本はいいピッチャーだから、チャンスは多くないので、絶対に1点を取るつもりで6回の打席に向かった。 あんなに走ることはなかなかない。高野も頑張ってたし、とにかく点を取れて良かった。開幕で立命戦は初めてだけど、逆に言えば、ここで勝ったら波に乗れるからみんなモチベーション高く入れていた。だが、明日勝たなければ意味はない。明日も初戦のつもりで頑張ります!」