【水上競技】インカレ初日は澁谷が決勝進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第95回全日本学生選手権大会1日目◇9月6日◇東京辰巳国際水泳場
1年の集大成となるインカレが開幕した。大会初日は澁谷鉄人(商3)が決勝進出を果たし、チームに勢いをつけた。

最初の種目は50㍍自由形。1番に顔を見せたのは松岡弥玖(人4)だ。スピードを上げていき、1着でフィニッシュ。ベスト更新とはならなかったものの「ここ3年間だったら一番速いタイムだったのでいい感じに終われたかなと思う。」4年生の意地を見せるレースとなった。

△松岡

続くは奥田凛(文1)。初めてのインカレの舞台で堂々とした泳ぎを見せた。


△奥田

男子には中山拓紀(文2)が登場。最終組の強敵を相手に、最後まで戦い抜き、組順位9位でのゴールとなった。


△中山

男子400㍍自由形には澁谷が出場した。昨年は予選で敗退したこの種目に挑む。スタートからゴールまで接戦が続く。一度は順位を落とすが、スパートをかけ、2位でフィニッシュ。全体順位8位で念願の決勝へ進出した。


△澁谷

続く競技は200㍍バタフライ。女子は喜來夏純(人2)、原美都紀(文1)が、男子は城広翔(人1)と、下級生が全国の舞台に挑んだ。積極的なレースで、今後の活躍に期待できる泳ぎを見せた。


△喜來


△原


△城

次のレースの女子200㍍背泳ぎには堀あずみ(法2)が出場。全国の選手を相手に粘りを見せ泳ぎ切るが、全体順位21位でB決勝進出とはならなかった。


△堀

同種目、男子の1番手は森本健太(環都4)だ。組順位1位でゴールしたものの、タイムはついてこなかった。「全国でタイムを出すことの難しさが分かった」と悔しさをにじませた。


△森本

続く谷口隼紀(環都3)、松井綜太(安全3)もベストを更新することはできず、厳しい結果に終わった。


△谷口


△松井

予選最後の個人種目は男子100㍍平泳ぎ。瀧本広大(情3)が出場し、前半から攻めの泳ぎを見せるがベストタイムには届かなかった。


△瀧本

女子4×100㍍フリーリレーには中川麻子(文4)、横田杏圭(環都1)、谷裕果(人2)、堀の4人で挑む。バトンをつなぐたびに前との差を縮め、全員の力で泳ぎ切った。


△中川


△谷

男子のオーダーは中山、澁谷、城、梶谷直幹(シス理4)という各学年のエースたち。第1泳者の中山がチームに勢いをつけ、今日個人で決勝進出を決めた澁谷へ。その後、城が勢いそのまま梶谷へつなぐと、さすが頼れる4年生。堂々とした泳ぎを見せ、7位でフィニッシュ。


△梶谷

午後から行われた男子400㍍自由形決勝。関大として2年ぶりとなる決勝進出を果たした澁谷は前半から攻めの泳ぎを見せる。「関大のエースにふさわしい選手」と、森本が言うように上位に食い込む泳ぎで折り返す。しかし、後半は全国の強敵との力の差を見せられ、7位でのゴールとなった。「200㍍自由形にかけてこの夏、練習してきた」。明日行われる200㍍自由形に向けて闘志を燃やす。


△澁谷

澁谷が決勝に進出したインカレ1日目だが、ベストを更新した選手は1人もいない。残り2日。全国の舞台で輝くため、関大水上競技部は挑み続ける。【文:宮本晃希/写真:松山奈央】
▼森本主将
「この試合で引退というのは前から分かっていたことで、最後に少しでもいいとこ見せたいなと思っていたけど、結果はそこまでいかず、全国でタイムを出すということの難しさが分かった。残りの100㍍背泳ぎではベストを出しに行くというという気持ちでレースをしていくが、とりあえず失格だけはしないように。1回、失格になってしまってそこからタイムが出ない時期があったが、最後は攻めた泳ぎで。なおかつ失格はせずベストを出していければなと。インカレ初日はまだベストを出している選手が一人もいない状況で、あと少しの者もいれば、まだ足りないなって選手もいる。いい状況とは言えないが、試合は2日間残っているので切り替えて明日、明後日にいいレースが増えていけば今シーズンの最後としてふさわしい試合になるんじゃないかなと思う。(澁谷について)決勝に残ったことを聞いて、やっぱりすごい選手だなと思った。決勝のレースも折り返すまでは上位に食い込んで泳ぐというのを見ていて、関大のエースというのにふさわしい選手。彼には1年間感謝の思いしかないし、これからもチームの最高学年として引っ張っていってほしい。」

▼松岡
「今まで15年間水泳をやってきていろんな人にお世話になったんでその感謝の思いを持って泳いだ。タイムが27秒47で、ここ3年間だったら一番速いタイムだったのでいい感じに終われたかなと思う。昨日寝る前と泳ぐ直前が一番緊張した。楽しんで泳げたし、見に来てくれた親にも『ありがとう』と思いながら泳げました。」

▼澁谷
「大学生になってから決勝に出ることができていなかったので、2回泳げたことはこれまでに比べてよかったなと思う。今回はけっこう追い込んできて調子も良かったんで、できればメダルを取りたいと思っていたが、そこまではまだ甘かったかなと。2年間出ることができず、上から見ていただけだったので、入場やレースで盛り上がって楽しかった。メインとして明日の200㍍自由形にかけてこの夏、練習してきたので、まずは決勝に残って日本水泳連盟の標準に近づければいいなと思っている。」