【卓球】神大に快勝!リーグ戦5勝目を挙げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第5日目◇対神大◇9月5日◇ベイコム総合体育館

関大4-0神大
[S1]坂根〇3-0
[S2]西本〇3-2
[S3]増田〇3-2
[D1]坂根・福本〇3-0

リーグ戦も残すところ2戦。5日目は昇格組の神大との対戦に臨んだ。試合はフルゲームが2本もあったが、4本連続で勝ち取り、快勝をあげた。

第1シングルスに登場したのはエース・坂根翔大(経4)。終始自分のペースで試合を進め、相手を自由にさせなかった。ストレート勝ちを果たし、チームに流れを作った。

続いて西本晃樹(法2)が試合に臨む。序盤は相手のサーブにうまく合わせることができず、第1ゲーム目を落とす。続く第2ゲーム目も、相手ペースで進んだが、ベンチからの助言を聞くと一転し、連続ポイントで勝ち取った。その後お互いにゲームを取り合って迎えた第5ゲーム。相手サーブを攻略した西本は連続でポイントを重ね、勝利をつかみ取った。

第3シングルスには増田隆介(社4)が出場。1ゲーム目は難なく奪うが、2ゲーム目を延長の末に落とす。その後第3ゲームは圧勝したものの、続くゲームでは相手に8連続ポイントを許すなどで勝負は最終ゲームにもつれ込んだ。最終ゲームでは高い修正力を見せた増田。嬉しい個人初勝利をあげた。

ダブルスでは坂根・福本卓朗(社2)のペアが圧倒的なプレーを披露。第3ゲームこそ、相手に6点差をつけらる場面もあったが、そこから逆転しての勝利で関大の勝ちを決めた。

明日はいよいよ最終戦で京産大と対戦する。最終戦に勝てば悲願の優勝が決まる。主将は京産大について「相性は正直良くない」と語ったが、今秋リーグ流れの部分で強豪相手にも勝利してきた関大は、全員卓球で流れをつかみ取り、優勝を目指す。【文/写真:北島大翔】

▼増田
「1番の坂根が流れを掴んでくれたので2番、3番はやりやすかったのかなと。(関大が)格上ではあったのもあるんですけど、1試合を通してずっと流れが関大側にあって、勢いでそのまま押し切れたのは良かったなと思います。(京産大について)地力としてはそんなに差が無い相手だと思うんですけど、ここ何年か勝ててないというか、相性としては正直よくないです。いま1敗しかしてないので上位進出というのは見えてきてるんですけど、勝ててないという部分では挑戦者として向かっていけるのではないかと思います。(流れの部分は)勝てば1点なので流れが来ると思うんですけど、今回見てると負けた試合でも接戦の末に負けたというのが多くてそこも流れとしては良いと思いますし、今回ダブルスで坂根福本がいて、前後半(シングルス)にも1本いるのでどこでも巻き返せるというかどこからでも流れは掴めると思うので、そのあと他のメンバーたちがどれだけ諦めず戦えれば今の関大やったら劣勢でもひっくり返す力はあると思うので、今季のリーグの集大成ですし、みんなで力を合わせて戦っていきたいと思います」