【卓球】初勝利とはならず。次戦にすべてをかける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第4日目◇対立命大◇9月5日◇ベイコム総合体育館◇

関大1-4立命大
[S1]稲村●0-3
[S2]宮村●2-3
[S3]赤川●0-3
[D1]宮村・藤原〇3-2
[S4]朝野●1-3
[S5]藤原●2-3

強敵に屈した。狙った立命大との一戦は、ダブルスで勝利を挙げるも、シングルスで白星をつかむことができず。最終戦で初勝利を目指す。

S1に登場したのは稲村羽奈(情2)。チームのトップバッターとして好スタートを切りたかったが、開始直後から相手のペースに持ち込まれる。失った流れを最後まで取り戻せず、ストレートで敗れた。

S2の宮村栞奈(社2)は、ゲームの奪い合いとなり、ファイナルゲームにもつれ込む。後ろの仲間が、ポイントのたびに声援を送ると、宮村も応え、必死に相手に食らいつく。だが最後は力尽き、勝利とはならなかった。3連敗は避けたいところで、コートに向かったのは赤川真理亜(化生3)。相手の速攻に対応できず、失点を重ねてストレート負け。この時点で0勝3敗となり、後がなくなった。

ここで奮起したのが宮村・藤原真由(人1)組。両者譲らぬ戦いとなり、宮村のシングルスに続き最終ゲームに突入する。ここで2人はギアを入れ直し、ストロークを軸に攻め立てる。相手のミスも重なり、この日初勝利を挙げた。

だがここからが続かなかった。S5の藤原は2ゲームを連取したが、ここからリズムを崩し、まさかの逆転負け。S4の朝野郁香(社3)も1ゲームを奪ったが、1-3で敗戦。藤原より先に試合を終えたため、これでチームの敗戦も決まってしまった。それでも気持ちを前面に出して戦う姿には、小林菜々美主将(化生4)も「今日良かったところです」と賛辞を贈った。

次戦に勝利すれば、9日の入替戦に回る。負ければ自動降格となるため、何としても勝利が必要だ。全員の力を結集させ、リーグ最終戦を笑顔で締める。【文/写真:長尾洋祐】

▼小林主将
「実力だけでなく、気持ちの面で負けた人が多いように感じました。でも今日良かったのは、アサ(朝野)の気合の入ったプレーです。『勝つ気がないといけない』というのを出して、闘志があふれていたなと感じました。ダブルスもリーグ戦を通じて好調だし、2人の元気さだったり、諦めない気持ちが白星につながったと思います。明日は、格下だけでなく、格上にも勝たないといけないなと思います。『誰と当たっても自分が1本取る』という気持ちを出せば勝てるはずなので、気持ちでは負けないようにしたいです」