【卓球】接戦を演じるも、勝利にあと一歩届かず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第4日目◇対近大◇9月4日◇ベイコム総合体育館◇
関大3-4近大
[S1]北岡●0-3
[S2]松島●0-3
[S3]宮村◯3-2
[D1]宮村・藤原◯3-0
[S4]赤川◯3-1
[S5]藤原●2-3
[S6]鈴木●0-3

悔しい敗戦となった。秋季リーグ戦第4日目は、小林菜々美主将(化生4)が「絶対に勝とう」とチームに声かけをしている近大との一戦。今季初のラストシングルスまでもつれ最後まで結果の分からない試合を繰り広げたが、黒星という結果に終わった。

1番手は今季リーグ初登場の北岡さと子(文4)。他の選手の試合中、人一倍大きな声援でチームを鼓舞する北原が相手校のエースと対決した。1ゲーム目は両者一歩も引かない接戦。相手が前後に揺さぶるも軽いフットワークで対応する。しかし僅差で敗れると、2ゲーム目以降は相手の強打で台から離されラリーを制することができず、ストレート負けを喫した。


△北岡

第2シングルスには松島大空(人1)が出場。序盤はミスが続きリードを広げられてしまうが、速球を武器に連続得点で逆転を図る。しかし反撃は間に合わず、ゲームを奪うことはかなわなかった。


△松島

流れを変えるべく奮闘したのは宮村栞奈(社2)だ。初めは自分のペースが掴めず相手に2ゲーム先取を許してしまったものの、中盤から立て直しに成功する。長く続くラリーにも粘り強く対応し、隙を突いたスマッシュで得点を重ね3ゲーム連取を果たした。


△宮村

ダブルスで出場した宮村・藤原真由(人1)ペアは、今回も見事な連携プレーを披露した。ラリーの途中で体勢を崩されてもしっかりと球を拾い、危なげなくゲームを取っていく。第3ゲームこそ中盤までリードされたが、冷静にコースを狙い相手を追い詰め、ストレート勝ちを達成した。

赤川真理亜(化生3)と藤原の試合は同時に開始され、どちらも白熱した戦いが行われた。赤川は鋭い球で圧倒し流れを引き寄せる。第4ゲームではミスが出始め延長戦となるも勝ちきり、チームに3勝目をもたらした。あとは藤原が勝てばチームの勝利が決まる状況だったが思うようにはいかない。藤原は先に2ゲームを獲得したものの、ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲームで惜敗しペースを乱され、第5ゲームも奪われてしまい勝負はラストシングルスに託された。


△赤川


△藤原

運命の第6シングルスには鈴木理布(社4)が登場。第1ゲームは接戦となったが、ミスが響きこのゲームを落としてしまう。懸命に戦ったものの相手のサーブに苦しめられ、勝利を手にすることはできなかった。


△鈴木

負けられない戦いだっただけに試合後の選手たちの目には涙が浮かんだ。秋季リーグもあと2戦。1部残留のために残りの試合を全力で臨む。【文:森本明日香/写真:森本明日香・北島大翔】

▼小林主将
「近大と関大の実力は正直拮抗していて、オーダーも監督たちが一生懸命考えてくれて予想が当たっていたので勝ちたいところではあったけど、あと一歩というところで届かなかったです。でも今日のことを反省して、明日と明後日の試合につなげることができると思います。入れ替え戦に回らずにリーグ戦1部残留を決めるということが、リーグの前半戦が終わったときに決めた私たちの目標なので、そのことを忘れずに明日の立命館戦に挑んで絶対に勝ちたいと思います。」