【サッカー】延長戦でFW宮脇2ゴール!ベスト4入り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第43回総理大臣杯全日本大学トーナメント3回戦◇対福岡大◇9月3日◇ヤンマースタジアム長居◇

【前半】関大0ー0福岡大
【後半】関大1ー1福岡大
【延長前半】関大1ー0福岡大
【延長後半】関大1ー0福岡大
【試合終了】関大3ー1福岡大

拓殖大に快勝で初戦を突破し、総理大臣杯で好スタートを切った関大。福岡大との3回戦は相手に先制点を奪われてしまうが、その直後に取り返し延長戦へ入った。そして途中出場のFW宮脇和輝(情2)が2点を挙げる活躍を見せ、準決勝進出を決めた。

前半から関大ペースで試合が進む。空中戦ではDF長井一真(社3)が圧倒。DF坂口貴哉(人3)も右サイドからクロスを上げるも惜しくも中と合わない。さらに、24分にはFW福原涼太(経3)がシュートを放つも枠外に。さらにMF荒井大(社4)からスルーパスを受けDF坂口が打ったシュートは相手GKに弾かれる。その後も相手陣地でプレーを続けるも得点が奪えない時間が続いた。


△DF長井


△DF坂口


△MF荒井

スコアレスで後半を迎えると、警戒していたセットプレーから失点してしまう。9分の相手コーナーキック(CK)を決められ先制を許すが、落ち込む間もなくすぐに決定機をものにした。12分、MF松本歩夢(文3)のカットインからMF奥野圭亮(法3)へとつながり、最後はFW福原がゴールネットに突き刺し同点弾を挙げる。前田雅文監督は「直後に取り返せたのはメンタル的に落ち込む前だったので、メンタルのダメージは少なかった」と振り返った。FW高取誠隆(人2)が投入されると、チャンスを演出するも得点には至らず。さらに、MF松本歩が右サイドからクロスを上げるもシュートで終われない。


△MF奥野


△FW福原


△FW高取

90分では決着がつかず、攻延長戦へ突入。そして、試合開始のホイッスルが鳴り1分も経たないうちに歓喜の瞬間が。DF坂口のスルーパスから途中出場のFW宮脇がスライディングでネットを揺らし、開始早々に関大が1点リード。相手も負けじと点を取りにくるも、安定の守備ラインが攻撃を許さない。そして、延長後半2分。FW高取がゴール前で交錯し、最後にゴールを流し込んだのはまたもFW宮脇。自身のシュート数2本中2本を決める決定力がチームを救い、ホイッスルが関大の勝利を知らせた。


△FW宮脇

相手に先制されるも、「自分たちが冷静にできていた。慌てずに試合を運べたのでこういう結果につながった」とMF牧野寛太主将(経4)。延長戦におよぶ長い戦いを制し、関大はベスト4入り。また一歩日本一に近づいた。次に迎え撃つ相手は明大だ。7月の明関定期戦では敗れてしまったが、今度は違う。明大を制し決勝の舞台へ必ずたどり着く。その先に日本一が待っている。【文:野村沙永/写真:西井奈帆】

▼前田雅文監督
「流れのいい時間帯に取れず、狙われていたところで失点したので、どちらかというと相手の思うような試合運びになった。流れはずっと自分たちの方にあってコントロールもできていた。直後に取り返せたのはメンタル的に落ち込む前だったので、メンタルのダメージは少なかった。FW福原にも言っていたけど、相手を消耗させるような動きを続けていけば相手は絶対に後半にどこかで切れてしまうから、本人もそうやって動いてくれし、その結果ドフリーのシュートシーンを作れたのかなと思う。(後半はサイドバックが高い位置に上がっていたが)前半は最大限に幅を使うことができていなかったので、相手が中央に寄ってきていた。後半はもう少し幅を使いながら結果的にサイドバックが高い位置になったかなという感じ。僕自身がベスト4までしかいったことがないので、自分たちで歴史を変えていってほしい」

▼MF牧野主将
「自分たちのペースで試合を進めることができて、いい形でゲームに入ることができた。その中で、前半はなかなか点を取れなくて苦しかったけど、後半失点してからもチームの中で落ち着いてやること変えずにやろうということを話していたので、すぐに追いついて自分たちが冷静にできていた。慌てずに試合を運べたのでこういう結果につながったかなと思う。(成長を感じる部分は)今までだと後半に失点したりとか、前半は良くても後半が悪かったりとか、相手に追い込まれて負けるっていうことが練習試合とかでもあったので、そういう意味を含めたら、後半も自分たちで声を掛けながらやれてたのは、この夏全員が取り組んでいたことなので、そういうところはチームとして成長した。(失点は)相手の分析でもセットプレーが強いとわかっていたけど、そこで失点をしてしまった。戦い方で相手にセットプレーをさせないとか、相手にそこまで攻め込ませないようにということもあるし、CKも改善させるという方法もあったと思う。これからもセットプレーが強いチームがあると思うので、そこは改善しなければいけない。(FW宮脇は)関西選手権も途中で出てきて決勝点っていうシーンもありましたし、FWとして途中で出て、みんなが疲れているときに点を取ってくれることはチームとして本当にありがたい。あいつ自身も練習からこだわってやっているようには見えていたので、それがつながった。(次戦は)今の自分たちのサッカーができれば、全然通用する相手だと思うのでしっかり回復して準備したい」

▼FW福原
「僕自身ULTRASでTOPにまだ上がれていないので、出たら点を取ってやるっていう気持ちでこの試合に臨んだ。相手が結構疲れている中で、僕自身はフレッシュだったのでいい感じで攻めれたので良かったけど、自分自身チャンスがたくさんあった中で決めきれなかったのが課題。(得点シーンは)相手に先制されて、相手も引いてくる中でそこにチャンスくるかなと思ったのですぐに1点取り返すことができたので良かった。(自分のプレーを振り返って)特徴は出せたと思うけど、一番大事なところはゴールなのでそこができなかったのが反省。あとは、簡単なミスとか味方と合っていないところもあったので、そこをもっと合わせていけたらバリエーションも増えていい形になるのかなと思う。(チームとしては)戦っていく中でけが人とかも出ているけど、みんなでカバーしあって今日も交代選手が活躍したりとか、そういう部分が成長しているのかなと思う。(次戦に向けて)試合に出れたらもちろん得点で勝利に導きたい」

▼FW宮脇
「前回の拓殖大との時にも途中から出たけどチームの力になれなかったので、今日は自分のゴールでチームを勝たせようと思っていた。(得点シーンは)1点目はホッとした。チームの力になれたので。2点目はゴール前で来るかなと思っていたらFW高取選手のこぼれ球がきてゴールに流し込んだ。(バックラインが安定して攻撃に集中できた?)前節も途中で出て、得点される気配がなかったので、自分が得点することだけに集中できた。(課題は)スタメンとして90分走り切ること。体づくりとかスタメンで出てる人には及ばないと思う。(チームとしては)FW大久保くんがけがして得点力は落ちていると思うので途中出場の人とかが補っていかないといけない。毎試合、みんなが応援に来てくれているので、自分の力を発揮して、チームを勝利に導くことが自分の仕事だと思っている」