【卓球】「流れ」の部分で落とした1勝。リーグ戦初黒星を喫する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第4日目◇対同大◇9月4日◇ベイコム総合体育館

関大3-4同大
[S1]杉山●0-3
[S2]増田●0-3
[S3]福本〇3-2
[D1]坂根・福本●1-3
[S4]各務〇3-1
[S5]坂根〇3-1
[S6]西本●0-3

リーグ戦もいよいよ後半戦。開幕から4連勝を遂げている関大は同大との一戦に臨んだ。

トップバッターを務めたのは杉山孝知(社3)。第1ゲームから打ち合いの展開となり、接戦の末に最後は相手にゲームを奪取される。すると、次のゲーム以降も相手のサーブに苦しめられ、なかなか流れに乗れなかった杉山。悔しさ滲ませるストレート負けとなった。

第2シングルスには増田隆介(社4)が出場。相手のサーブが拾えない、レシーブアウトが相次ぐなど本調子とは言えない状態でそこを相手に突かれた。主将は2戦連続のストレート負けに苦悶の表情を浮かべた。

同大ペースの試合展開を変えたい第3シングルスには福本卓朗(社2)が対戦に臨む。ところが、福本もレシーブミスが相次ぐなど、いつも通りとは言えない内容で2ゲームを連続で落としてしまう。後がない第3ゲーム目、相手ペースの展開のまま試合は進む。しかし、タイムアウトの際、坂根翔大(経4)やベンチのメンバーから助言をもらうと、これまでとは一転し、強い福本が帰ってきた。3ゲームを連続で奪い返し、大逆転勝利を収めた。

福本の流れそのままに臨んだダブルス。坂根・福本ペアは全日本インカレ予選では敗れた相手との一戦となり、苦戦を強いられた。1ゲーム目を大差で落とし、2ゲーム目はなんとか奪うも、残りのゲームでは素早い攻撃を仕掛けてくる相手に対応できず、今秋リーグ戦初のダブルスで黒星がついた。

ゲームカウントが1-3となり、あと1つ落とすと、敗戦が決定してしまうなか各務、坂根の4年生コンビがそれぞれシングルスに登場。各務はカットマンの戦術を取る相手に序盤苦戦するも、徐々に対応する。1ゲームこそ落としたものの、スマッシュが冴えわたり快勝をあげた。

坂根は関西学生ランク入りを果たしている永田と対戦。第1ゲームから圧倒的な差で勝利すると、第2ゲームこそ今秋リーグで初めてゲームを落とす波乱があったものの、しっかり勝ち切りエースの役目を果たした。

最上級生の活躍で3-3となり、勝負は第7戦へ。勝負の行方を託されたのはチームに大きく貢献している西本晃樹(法2)。格上の相手に第1ゲームから打ち合いの激戦を展開する。しかし、徐々に相手のボールに対応できない場面が増えていき、そのままストレート負けを喫した。

「流れを持っていかれた」と団体戦の怖さを口にした増田主将。惜しくも開幕から5連勝とはならなかったが、関大は前を、見据える。リーグ戦も残り2戦。どちらも勝利することができれば悲願の優勝となる。今日の敗戦で団体戦の怖さを身に染みた関大は、今日の反省を生かし、流れをしっかりつかんで勝利を目指す。【文/写真:北島大翔】

▼増田主将
「正直ラスト(第7戦)まで回したくはなかったので、序盤がすごい大事だとは話してたんですけど、1、2番で流れを作れなかったのが、大きかったですね。3番の福本も勝ちはしたんですけど、やっぱり前半に0-2スタートで流れが悪いところをつなげてしまったというところが苦戦したのかなと思います。ダブルスもインカレ予選では敗れた相手なんですけど、実力的には今回の坂根福本の仕上がり方を見ていたら勝てる相手だったと思うんですけど、やっぱり流れの部分で団体戦の何が起こるかわからないというか、逆に流れの部分を今までは関大が格上相手に掴んできたので、そこをひっくり返されたというか流れを持っていかれました。(明日以降のプランは)正直神戸大は実力的には(関大が)格上だと思うので、最終日の京産大戦にいかに良い形でつなげるかというところを意識してやっていきたいと思います」