【卓球】劇的な逆転勝利で難敵立命大を撃破!前半戦を無敗で終える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第3日目◇対立命大◇9月1日◇横大路運動公園体育館

関大4-3立命大
[S1]増田●1-3木村
[S2]福本●0-3阿南
[S3]西本●0-3上篠
[D1]坂根・福本〇3-2上篠・割石
[S4]坂根〇3-0割石
[S5]各務〇3-2西
[S6]杉山〇3-1今田

午前に関学大を破った興奮も冷めやらぬまま、午後からは立命大との一戦が行われた。立命大は関西学生選手権ダブルスの部決勝戦で完敗を喫した上篠・割石ペアが所属するなど、関大にとって難しい相手だ。試合は先に3勝を許し、圧倒的に立命大有利のなか、ダブルス、そして坂根翔大(経4)と各務博志(人4)が粘り、最後は杉山孝知(社3)が決め、劇的逆転勝利となった。

第1シングルスには主将・増田隆介(社4)が出場。接戦を展開するも、要所でミスが目立ち第1ゲームを落とすが、第2ゲームでは立て直し、ゲームを奪取する。しかし、その後は相手の連続ポイントに苦しめられる展開が続き、勝利とはならなかった。

第2シングルスでは福本卓朗(社2)が阿南との一戦に臨む。しかし、レシーブミスやスマッシュが外に外れるなど、うまく流れに乗り切ることが出来ず、まさかのストレート負けを喫した。

立命大ペースのまま登場したのは西本晃樹(法2)。関学大戦の流れのまま勝ちたいところだったが、相手も実力者。果敢な攻めを貫いたが、最後は相手に隙を突かれ、悔しい敗戦となった。

3戦連続で試合を落とし、もう一戦も負けられない状況となった関大。4戦目はダブルス、相手はリーグ戦や関西学生選手権で敗れている難敵上篠・割石ペアとの対戦に臨んだ。試合はフルゲームまでもつれる展開に。2-2で迎えた第5ゲーム、デュースとなり、相手のアウトで13点目が入り、迎えた坂根のサーブ。抜群の位置にサーブが決まりこれが相手のレシーブミスを誘った。激戦を制し、何とか勝利に臨みをつなげた。

同時に行われる第4、5シングルスには坂根、各務が出場。どちらも負ければその時点で関大の負けが決定してしまう緊張感のなか試合に臨んだ。坂根は第1ゲーム相手にわずか3点しか与えないなど、圧倒的なプレーを見せる。第3ゲームこそデュースとなるも落ち着いて決めストレート勝ちを果たした。

各務は関西学生ランク入りも果たしている西と対戦。序盤相手にリードを許す展開となり1ゲームを先取されるも、4連続ポイントで逆転し第2ゲームの奪取に成功する。ところが、第3ゲーム、わずか4点に抑え込まれ落とし、後がない各務。しかし、そこからが各務の本領発揮だ。持ち前のスイングの強さを武器に点数を重ねていく。終盤同点に追いつくと、思わずイナバウアーも披露。このゲームを勝ち取り、同点に追いつくと最終ゲームでは逆に相手を封じ込め圧勝し、各務に大声援が送られた。

坂根、各務がつないだバトンを受け取ったのは杉山。今秋リーグでは苦しんでいる杉山だが、第1ゲーム目相手にリードされる展開も、3連続ポイントで振り切り、先取する。第2ゲームではミスが出てしまい落とすが、第3ゲームは持ち直し奪う。勝利まであと1ゲーム、最終第5ゲームは延長にまでもつれ込んだ。1点目を取ったのは杉山、ガッツポーズを見せ自らを鼓舞する。その後お互い点を取り合い、9-10で迎えた場面。こん身のスマッシュが相手のネットを誘い追いつくと、そこから速いラリーを制し、いよいよマッチポイント。観客の視線が一気に注がれるなか、最後は相手のレシーブアウトで激戦に決着がついた。

ゲームカウント0-3から4連勝で劇的逆転勝ちを果たした関大。ムードは最高だ。この勝利で開幕から4連勝となった関大は、優勝も狙える位置につけている。残り3戦、悲願の優勝に向けて関大卓球部は全員で戦い抜く。【文:北島大翔/写真:勝部真穂】