【卓球】連敗止められず、次こそ勝利へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第3日目◇対龍大・同大◇9月1日◇横大路運動公園体育館◇

関大2-4龍大
[S1]藤原○3-2
[S2]稲村●0-3
[S3]朝野●0-3
[D1]宮村・藤原○3-1
[S4]宮村●0-3
[S5]赤川●2-3

関大1-5同大
[S1]鈴木●1-3
[S2]藤原●0-3
[S3]赤川○3-0
[D1]宮村・藤原●0-3
[S4]宮村●2-3
[S5]稲村●0-3

2校との対決に臨んだ秋季リーグ第3日目。午前中は龍大戦、午後は同大戦を行ったが今季リーグ初白星を挙げることはできなかった。

先陣を切ったのは藤原真由(人1)。序盤は相手に5連続得点を許し苦戦したが、次第に相手コートの端をつく鋭いショットが決まるなど本来の強さを見せ始める。第5ゲームでは、相手に1点も取らせない驚異の11連続得点で圧倒し幸先の良いスタートとなった。


△藤原

第2シングルスでは稲村羽奈(情2)、第3シングルスでは朝野郁香(社3)が登場。稲村は終始押され気味の展開。朝野は1点を取り合う接戦を繰り広げるが相手に一歩及ばず、両者ストレート負けを喫した。


△稲村


△朝野

なんとか流れを戻したいダブルスでは、宮村栞奈(社2)・藤原ペアが安定したプレーを見せ2ゲームを連取した。第3ゲームは落としたものの、延長戦が続いた第4ゲームを制し白星を獲得した。

第4・5シングスには宮村と赤川真理亜(化生2)が出場した。宮村は上手く自分の流れを作ることができず敗退。もう後がない関大だったが、赤川が第1・2ゲームを落としてしまいピンチに陥る。しかし、高い集中力で2ゲームを連取し決着は最終5ゲーム目までもつれ込んだ。この流れで勝利したいところだったが、激しいラリーを制せず敗北が決定した。


△宮村


△赤川

次に迎え撃ったのは同大。まずは鈴木理布(社4)が登場した。しかしチャンスボールを決めきることができず無念の黒星。


△鈴木

藤原はカットマンとの対決。試合前にはカットマンに対応するための練習が入念に行われていた。緩急をつけたショットで隙を突こうと試みるものの、さすがは相手も実力者。逆に自らのペースを崩されゲームを取ることはできなかった。


△藤原

今試合で力を発揮したのは赤川だった。コートを広く使い、落ち着いた試合運びで魅せる。チームメイトからは「ナイスショット!」という歓声が響き、赤川からも大きなガッツポーズが飛び出した。相手のサーブにも上手く対応し、見事ストレート勝ちを達成。


△赤川

続いて行われたダブルスは、龍大戦で勝利を収めた宮村・藤原ペアが関西学生選手権の準優勝ペアと対戦。2ゲーム目では互角の戦いを見せたが、所々2人のタイミングが合わず勝利とはならなかった。

あと1敗するとチームの敗北が決定するという場面で、宮村と稲村の試合が同時に行われた。宮村は同大のエース・山本に挑み、相手の強打を果敢に打ち返して2ゲーム先取に成功する。ゲームカウント2-1で迎えた第4ゲームでは、長い球と短い球を打ち分け相手のミスを誘うが簡単には点を取らせてくれず、接戦をものにできない。相手が流れに乗り、そのまま第5ゲームも取られる結果に。稲村も相手のマッチポイントから追い上げ延長戦になる場面もあったが、ストレート負けで試合を終えた。


△宮村


△稲村

特に龍大戦は、リーグ戦上位入賞に向け負けられない戦いであったため悔しい結果となった。しかし、まだまだ秋季リーグは続く。これからの関大の勝利に期待だ。【文/写真:森本明日香】