【卓球】4人目・西本が躍動!王者関学との熱戦を制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第3日目◇対関学大関学大◇9月1日◇横大路運動公園体育館

関大4-2関学大
[S1]杉山●1-3楊
[S2]福本〇3-2高橋
[S3]各務●0-3重村
[D1]坂根・福本〇3-0
[S4]坂根〇3-0廣田
[S5]西本〇3-1卯木

今秋リーグは開幕から2連勝と好スタートを切った関大。リーグ戦3日目は「関大旋風」を巻き起こした。

王者関学大と全勝対決で迎えたリーグ戦第3節、スターターは杉山孝知(社3)が務めた。相手は関西学生ランキング入りを果たしている楊。序盤から積極的に仕掛けていき、第1ゲームを先取する。この流れのままいきたいところだったが、相手が第2ゲームでは修正を見せ、ゲームを奪い返されると、その後もレシーブミスで逆転負けを許した。

第2シングルスでは福本卓朗(社2)が高橋との東山高出身対決に臨んだ。関西学生選手権では勝利を挙げている相手、それでも関学のエース相手に苦戦を強いられた。第1ゲームは難なく奪うが、第2、3ゲームと延長の末に落とし、絶対絶命のピンチ。しかし、第4ゲームからの福本はこれまでとは違いコントロールショットが決まるようになると、連続ポイントを奪えるようになり試合を優勢に進めていく。第5ゲームでは全く寄せ付けず、同高出身対決を制した。

第3シングルスには今秋リーグ、チームに大きく貢献している各務博志がサウスポー・重村と対戦。豪快なスイングで攻めの姿勢を貫くも、重村もフォアハンドで対応。不運なエッジなども重なり、ストレート負けを喫した。

1-2とリードを許した展開でダブルスに坂根翔大(経4)・福本ペアが出場。この日も抜群の連携を見せた黄金ペアは、終始自分たちのペースでの試合運びを見せ、ストレート勝ちを収めた。

第4、5シングルスでは坂根と西本晃樹(法2)がそれぞれ出場。坂根はエースとしての実力を王者相手にも存分に発揮し、打ち合いの展開にも絶妙なコントロールで相手の逆を突くなどしてストレート勝ちを決めた。

西本は関学主将・卯木との一戦に臨んだ。第1ゲーム序盤こそスマッシュが入らず、相手に得点を許すも終盤粘りを見せ1ゲームを先取する。ゲーム先取に成功し、勢いに乗った西本は第2ゲーム、相手に攻撃の隙を与えない圧巻の卓球を見せこのゲームも奪取。第3ゲームは相手に許すも、迎えた第4ゲーム。先に試合を終えた坂根や第6シングルスに出場を予定していた増田隆介主将(社4)も見守る中、いざ歓喜の時が訪れた。1点を取るたびに関大ベンチのボルテージが上がっていく。最後はスマッシュで相手のレシーブミスを誘い、関大側に4の数字が入る。この瞬間関大の勝利が決まり、見事王者相手にジャイアントキリングを果たした。

この日の午後には立命大戦も行われ、そこでは杉山の活躍で勝利を果たしリーグ戦全勝をキープしている関大。主将がリーグ戦前に語った「坂根福本各務以外の誰か4人目が格上に勝つ上では出てくる必要がある」との言葉をまさに体現したものとなった。リーグ戦は残り3戦、現在リーグ戦全勝は関大のみだ。目標とする上位入賞、さらには優勝に向けて後半戦も戦い抜く。【文/写真:北島大翔】