【テニス】リーグ戦開幕!8-1で勝利も、課題が残る一戦に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西大学対抗リーグ戦◇第1戦◇対同大◇9月1日◇江坂テニスセンター◇

○D1島田・髙村2(6-1,6-4)0折井・小泉
○D2山中・平川2(6-3,6-4)0大窪・鈴木
○D3松田・山尾2(6-2,6-2)0福永・三上
○S1山尾2(6-2,6-2)0大窪
○S2松田2(6-1,4-6,6-2)1鈴木
○S3大植2(6-2,6-3)0福永
○S4大野翼2(6-2,6-2)0今井
○S5高橋勇2(6-4,6-2)0山岸
●S6塩井1(6-3,2-6,2-6)2

○関大8-1同大

熱き戦いが幕を開けた。王座出場を懸け、争われるリーグ戦。初戦は同大との一戦となった。

D1は島田達也(人4)・髙村烈司(商4)組。真ん中に打たれたショットをお見合いしたり、ラケットがぶつかり合うなど、ペアリングに不安が感じられるミスも見られたが、勝利を収めた2人。今後練習、試合重ね息のあったプレーを見せてくれるだろう。

D2の山中瑠樹亜(経2)・平川暉人(人2)組は第2セットで相手に先行される場面もあったが、最後まで落ち着いたプレーで、白星を挙げた。

公式戦で初めてペアを組んだ山尾玲貴(商3)と松田康希(商1)。序盤こそややぎこちない動きが見られたが、徐々に息が合い、第1セットを6-2で奪う。最後まで流れを渡すことなくストレートで勝利。チームに流れを呼び込む一勝を手にした。

S3の大植駿(文1)は2ゲームを連続で失う苦しい立ち上がり。ただ、ここで踏ん張り、ここから6ゲームを連取した。第2セットではメディカルタイムアウトを要請するなど暑さにも苦しんだが、要所を締めてストレート勝ちを収めた。

S6の塩井岳(人3)は最初こそ好調さを見せたが、第2セット以降相手が攻勢を強め、徐々に追い込まれる。何とか勝利を挙げようと最後まで必死に食らいつくが、粘り及ばずフルセットの末敗戦。チームに貢献することはできなかった。

S5の高橋勇人(経2)は広くコートを使った相手のプレーに苦しめられる場面も見られたが、持ち前の身体能力でカバーし、勝利を収め、チームに貢献した。

S4で出場したのは大野翼(経3)。試合開始直後は攻め急いでしまい、自身のミスで相手にポイントを与えてしまう。しかし、ベンチコーチの島田のアドバイスを受け、落ち着きを取り戻すと、第1ゲームでブレークに成功。その後も時折ミスはあったが、粘る相手から強打でポイントを奪い、ストレートで勝利した。

S2の松田康希(商1)は第1セットはいつも通りの攻撃的なプレーでものにするも、第2セットではミスが増え、相手にセットを奪われる。しかし、しっかりと切り替え最終セットを奪い、勝利を収めた。

S1は山尾玲貴(商3)。全日本インカレ準優勝の実力を発揮し、第1セットを奪う。第2セットは、第6ゲームで何度目かのデュースの末、相手にブレークを許す。しかし、ここで流れを渡すことなく、最後まで山尾が主導権を握り続け、白星を挙げた。

8-1でチームとして初戦を勝利で飾ったものの、「負けていい試合などない」と、上曽山拓実主将(人4)はこの結果に満足することない。次戦の関学大戦では完全勝利を目指す。【文/写真:遠藤菜美香、長尾洋祐】