【卓球】リーグ戦勝利とはならずも成長見せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第2日目◇対関学大◇8月31日◇横大路運動公園体育館◇

関大1-4関学大
[S1]鈴木●2-3
[S2]赤川●0-3
[S3]宮村〇3-2
[D1]宮村・藤原●0-3
[S4]藤原●0-3

春季リーグ優勝校の関学大に挑んだ秋季リーグ2日目。格上相手に接戦となるゲームもあったが及ばず、勝利とはならなかった。

最初に登場したのは鈴木理布(社4)。小林菜々美主将(化生4)が「負けはしたけど流れがとてもよかった」と話すように、勢いよく点を重ね第1ゲームを先取すると、その後も懸命に粘りフルゲームまで持ち込んだ。


△鈴木

続いて赤川真理亜(化生3)が出場。初めはリードをするものの、実力者である相手にサーブで崩されあと一歩のところで勝利に届かず、ストレート負けとなった。


△赤川

3番手の宮村栞奈(社2)は白熱した戦いを見せた。1ゲームは取ったものの相手に2ゲームを先取され、迎えた第4ゲーム。先にマッチポイントを握ったのは相手だった。しかし、そこで諦めずに4点連取で延長戦に持ち込むと、そのままの勢いでこのゲームを制する。流れを引き寄せた宮村は第5ゲームでも快勝しチームに1勝をもたらした。


△宮村

ダブルスでは宮村・藤原真由(人1)ペアが登場。試合数を重ね、ますます息の合った姿を見せているが今回は相手のペースを崩すことができず、必死に食らいつくもストレート負けという結果に終わった。

第4シングルスの藤原も序盤から接戦となった。しかし、相手の球にうまく対応できず苦しい展開に。第3ゲームでは激しい打ち合いになる場面もあったが点を取りきることはできず、ゲームを奪うことはかなわなかった。


△藤原

白星とはならなかったが、主将の「誰一人諦めない気持ちを持って最後まで戦うことができた」という言葉通り、どの選手も粘り強く戦った今回の試合。関大卓球部女子の「チーム力」で次こそ勝利を果たす。【文/写真:森本明日香】

▼小林主将
「関学はどの点においても強くて全員格上だったので、戦略とかを考えるよりも誰が誰に当たっても真剣勝負みたいな感じで、みんなで向かっていこうという気持ちで試合に臨みました。(今回の試合を振り返って)一番の鈴木が、負けはしたけど良い試合をしてくれて流れがとてもよかったので、そのままの調子で宮村も1本を取ることができたのではないかと思います。個人の技術面もかなり成長したと思いますが、チーム力もとても上がったと感じました。誰一人諦めない気持ちを持って最後まで戦うことができたので、とても良い試合になったと思います。(宮村選手が1勝したことについては)関学はチーム力も技術面もすべて格上だったので、そういう相手に1本でも取れたというのは、今後の試合の競った場面でどのようにして勝っていくのかを考える良いきっかけになったと思います。今回の試合の良い点はみんなでそろって声かけとか応援ができたことだと思うので、その良い点を引き続き次の試合でもやっていけたらと思います。」