【卓球】開幕戦を接戦の末に勝利!「モチベーション高くやれている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生秋季リーグ戦第1日目◇対大経法大◇8月30日◇横大路運動公園体育館◇

関大4-3大経法大
[S1]西本●2-3
[S2]坂根〇3-1
[S3]杉山●0-3
[D1]坂根・福本〇3-0
[S4]増田●2-3
[S5]福本〇3-1
[S6]各務〇3-2

春季リーグ最終戦を劇的勝利し1部残留を果たした関大。絶対的エース・坂根翔大(経4)と次期エース・福本卓朗(社2)が揃って戦う団体戦も今リーグ戦が最後となり、目標とする上位進出に向け激闘の日々の幕が上がった。

開幕戦は春季リーグ戦4位の大経法大と相対した。関大の1番手はリーグ戦初出場となる西本晃樹(法2)。「頑張ってくれた」と増田隆介主将(社4)が話したように、序盤から勢いのあるプレーでチームを盛り立てる。試合こそフルゲームの末に敗れたものの、トップバッターとしての役割を十分に果たした。

△西本

第2シングルスにはエース・坂根が登場。第1ゲームこそ精彩を欠いたが、その後のゲームでは関西屈指の実力を存分に発揮する。3ゲームを楽々と取り、エースの名に恥じない戦いぶりを見せた。

△坂根

続いてコートに立ったのは杉山孝知(社3)。序盤から相手のレシーブに苦しめられる展開が続く。なんとか打開したかったが、相手が上回った。

△杉山

ゲームカウントで相手にリードを許し、カウントを追いつきたい場面。ダブルスは坂根・福本ペアが好連携を見せ相手を圧倒した。うまく立ち位置を入れ替え、相手の隙を突くスタイルで相手ペアを寄せ付けなかった。

続く第4、5シングルスは2面同時におこなわれる。それぞれ増田、福本が出場。増田は序盤から相手に合わせた卓球を展開したが、要所でミスが目立ち、第1ゲームを落としてしまう。しかし、高い修正力を見せ第2ゲームを取り返すと、その後もお互いゲームを取り合い勝負は第5ゲームへ。「もっと勝負出来た」と増田が話すように最後は消極的になったところを突かれ敗北を喫した。

△増田

福本は終始落ち着いたプレーで試合の主導権を握る。持ち前のサーブ技術と豪快なスマッシュで点数を重ね、1ゲームこそ落としたものの勝利を果たした。これでゲームカウントは3-3に。試合の行方は第6シングルスの各務博志(人4)に託された。

△福本

各務は気持ち全開の卓球を展開。チーム1のスイングを駆使し豪快さを見せつつも、ボールをコントロールする正確性も見せ第1ゲームを先取する。ところが、続く第2、3ゲームは豪快さが空回りし、ミスが目立つようになりゲームを奪われる。後がない各務は序盤から攻勢に出ると、それが功を奏し、流れを掴む。味方の大声援も力に変え、相手の粘りにあうなか、最後はレシーブミスを誘い試合を決めた。


△各務
リーグ開幕戦を激闘の末に勝利した関大。「課題の残る試合だった」と主将が語るようにまだまだ上積みはある。まだまだ続くリーグ戦、一戦一戦着実に戦い、悲願の上位進出、そして優勝を狙いに行く。【文/写真:北島大翔】

▼増田主将
「勝ったというのはすごく良かったんですけど、僕含め、杉山、各務は勝ちましたけど内容的にはもっと簡単に勝てたりとか、勝負できたんじゃないかというところがあったので、勝ったという結果は大きいんですけどまだまだ上位であったりだとか優勝も目指しているので、このままでいいかと言われると課題も残る試合だったと思います。(西本選手を1番手にしたのは)彼は勢いもあるし、初めてのリーグ戦で後ろに坂根がいるという安心感を与えてプレーしてもらいたいなと起用したんですけど、頑張ってくれたので、そこは今まで取り組んできた坂根福本以外のところがある程度力がついてきたんじゃないかなと思ってて、負けはしたんですけど、プラスの要素だと思います。(2年ぶりの秋リーグを1部について)正直2部とは全然違ってて実力差もあるんですけど、そこで勝つというのを目標にしてて部員たちもやってきているので、坂根がいて福本がいてというのは今年が最後なのでやるぞというモチベーションが高く全員がいけてるんじゃないかと思います」