【コラム】清水一希、野球愛でチームに貢献!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「全国制覇」を目標とする野球部に、ピッチャーとしての活躍が期待されている清水一希(経1)が入部した。周りの友達に「よく変わっている」と言われるほど明るく、「スーパーポジティブ」な性格の清水は部内でもムードメーカー的存在だ。
競技を始めたのは小学2年生の時だった。野球をしていた父親に体験を勧められたことがきっかけだった。野球がとにかくずっと大好きで、今では朝ごはんを食べる前に、まずグラウンドへ行き、整備をすることから1日が始まる。
高校時代はエースとしてチームを引っ張り、野球のことを四六時中考えていた。のびのびと練習に励むことができ、かなり充実していた高校野球生活だった。野球をする上で清水が一番大事にしていることは「野球を楽しむこと」。

もちろん楽しいことだけではない。関大の練習を初めて見た時は、高校野球と大学野球の違いに驚いた。正直不安もあった。レベルも違えば、練習内容も全く違う。新しいメニューもあり、慣れないことも多くある。それでも乗り越えればきっと何かが変わるはずと信じて、清水は持ち前の明るさと誰にも負けない野球愛で日々練習に取り組む。

これからの目標は「チームを引っ張っていけるピッチャーになって、チームの目標である『全国制覇』に貢献する」。目先の結果だけでなく、この先自分がどうありたいのかを常に意識しながら全力で野球に取り組む。野球愛に溢れた清水の新たなステージが始まった。【小田沙貴】

◇清水一希(しみず・かずき)
2000年(平12)10月15日生まれ。三田学園高出身。177㌢、74㌔。好きな食べ物はオムライス。