【テニス】全日本インカレ本戦7日目、山尾が決勝に進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本学生選手権大会◇本戦7日目◇岐阜メモリアルセンター◇

[男子シングルス準決勝]
○山尾2(7-5,1-6,6-4)1川橋(筑波大)

[男子ダブルス準決勝]
●島田・髙村0(4-6,0-6)2田中・木元(早大)

[女子ダブルス準決勝]
●鎌田・中塚0(2-6,4-6)2大村・望月(慶大)
●大野菜・鈴木0(3-6,2-6)2佐藤・永田(慶大)

山尾玲貴(商3)は第5シードの川橋勇太(筑波大)と対峙(たいじ)した。互いに1ブレーク2キープで3つずつセットを分け合い迎えた第7ゲームで先にブレークを許してしまう。5ゲームを先取されるも、山尾は強気でプレーし続けた。相手のミスにも助けられ、4ゲームを連続で奪い返し、第1セットをものにする。しかし、第2セットは相手に奪われ、勝利の行方はファイナルセットへともつれ込んだ。第1ゲームでいきなりブレークに成功すると、流れが山尾に傾く。その流れを渡さぬように、積極的に戦う。大阪から駆けつけた部員の声援も力に変え、最後まで走り続け、ラケットを振り抜いた。相手の返球がサイドラインを越え、勝利が決まると、声を上げ喜び、笑顔を見せた。いよいよ、次戦は決勝だ。相手は第2シードだが、今まで通りのプレーで全日本インカレ王者の座をつかみ取る。

第3シードの島田達也(人4)・髙村烈司(商4)組が準決勝で戦ったのは第1シードの田中・木元組(早大)だ。第1セット、先にブレークしたのは関大だったが、そこで流れをつかみ切れず、セットを1つ奪われる。第2セットでも最後まで調子は上がらず最後のインカレはベスト4で幕を閉じた。インカレ優勝はかなわなかったが、チームの絶対目標は「王座優勝」。悲願を達成するために2人は勝利でチームに貢献することを誓った。

鎌田琴衣女子主将(社4)・中塚桃子(人3)組は大村・望月(慶大)と対戦。相手の気迫に押され、いつも通りのプレーをすることができず、ストレートで敗北を喫した。

大野菜・鈴木組は佐藤・永田(慶大)と戦った。「序盤から上げきれずに、引いてしまった」と鈴木。第1セット、第2セットともに終盤に追い上げを見せるも、逆転することはできず。決勝に進むことはできなかった。だが、ベスト4という結果について大野菜は、「悔しいけど自信にもなりました」と、語る。また、今大会を通し、コーチからのアドバイスを受け、鈴木が後ろでプレーをするときの戦い方を見つけることができた。大野菜・鈴木組として初めて出場したインカレは、2人にとって自信と成長につながる大会になった。


明日はいよいよ最終日。長い長い全日本インカレだったが、山尾は最後まで全力で戦い抜く。【文/写真:遠藤菜美香】

▼島田
「(最後のインカレを終えて)そんなに悔いがあるわけではない。しっかりベスト4には入れて。でも、それ以上にいけなかったっていうことに関しては残念ではある。夏関は松田(康希=商1)とでインカレあって全然合わせてはないんですけど、思い切ったプレーをしてくれると思うのでそれを引っ張れれば良い結果が付いてくると思う。あと、夏関、リーグ、王座があるけど、やることはベストの力を出すだけ。団体戦では関大の勝利に貢献することしか考えてない。(髙村に向けて)最後の最後まで頑張るぞ!」

▼髙村
「(最後のインカレを終えて)ベスト4という結果は悔しい。今日の試合は、ファーストセットは先にブレークできたのは良かったんですけど、リードし続けることができなかったのが相手のほうが1枚上手だったかなと。まだまだ改善すべき点がいっぱいあると思う。これから夏関、リーグがあるので改善していって、王座ではリベンジできる機会が来ると思うのでリベンジしたい。やっぱり1番の目標は王座優勝なので。夏関で島田・松田に勝って、リーグ全勝優勝。残りの試合は限られているので全力を尽くして頑張りたい。(島田とは)去年のインカレ期間はペアが変わったことはありましたが、1回の最初から最後までずっと組んできたので、個人戦はこういう結果になってしまったけど、団体戦もあってまだまだお世話になると思うので、最後まで頑張りましょう!」

▼鎌田

▼中塚

▼大野菜
「(今大会の調子は)だんだん上がってきたっていう感じ。2回戦も3回戦も接戦になって、そこで競り勝てたのがよかった。試合を通してどんどん良くなったかなと思う。最低限というか、今の自分にできることはできたと思う。でも、準決勝は力の差というか、やらなきゃいけないことが見つかったので、練習したいなと。ファーストサーブの確率とか、自分的にボレーが得意だと思っていたんですけど、今日の試合では相手のいろんな球種に対して結構ミスが多かったのでそこは改善していかないといけないと思う。ベスト4は悔しいけど、自信にもなりました。」

▼鈴木
「2回戦も3回戦もタフな試合だったんですけど、2回戦のセカンドセット3-3で中断してインドアに変わったときに、哲さん(山本哲弘コーチ)からアドバイスもらって。私が後ろの時のポイントの取り方が見つかってなかったんですけど、「ロブ展開で相手の頭の上を抜いていけばいいよ」ってアドバイスをもらってから、自分が後ろの時のポイントの取り方が見つかった。それが結構効いて2回戦、3回戦と勝てと思う。でも、今日はやっぱり相手が強敵っていうのが心のどっかにあって、序盤から上げきれずに引いてしまったのが敗因かなと思います。(夏関はそれぞれ別のペアを組むことについて)お互い手の内を知っているので、読み合いになると思います」