【テニス】全日本インカレ本戦6日目、関大旋風巻き起こる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本学生選手権大会◇本戦6日目◇岐阜メモリアルセンター◇

[男子シングルス準々決勝]
○山尾2(6-1,3-6,7-6(2))1田形(筑波大)

[男子ダブルス3回戦]
○平川・山中2(6-4,6-4)0畠山・増田(早大)

[男子ダブルス準々決勝]
○島田・髙村2(6(4)-7,6-2,6-10)1鈴木・柚木(法大)
●平川・山中0(4-6,4-6)2西岡・田口(近大)

[女子ダブルス準々決勝]
○鎌田・中塚2(6-1,6-2)0堺・田中(姫大)
○大野菜・鈴木2(6-3,6-3)0松本・西里(山学大)

全日本インカレ本戦6日目、この日は全種目において準々決勝が行われた。灼熱の岐阜では関大旋風が巻き起こり、多くの選手が準決勝に駒を進めた。

山尾玲貴(商3)は、田形(筑波大)と対戦。前日、第1シードを破った、勢いのある選手だ。その勢いを上手く封じ込め、第1セットは山尾が圧倒的な強さで先取。しかし、第2セットでは第1ゲームでブレークを許すと、そのまま主導権を握られ試合はファイナルセットへともつれ込んだ。第3セットは均衡した展開になり、タイブレークへと突入する。1点目は相手に奪われるが、2点連続でミニブレークに成功し、逆転。続く、山尾のサーブのポイントも連取し、4-1と一気に相手を突き放す。最後まで集中を切らすことなく、冷静に戦い抜いた。相手の打ったボールがネットに遮られ勝利が決まると、歓喜の悲鳴をあげた。3時間を超える激戦を制し、ベスト4に名を連ねた。

ダブルスのエースペアとして活躍する島田達也(人4)・髙村烈司(商4)組。第1セットはタイブレークの末に奪われたが、ここで気持ちを入れ直す。第2セットは終始リードを保ち、スーパータイブレークに持ち込んだ。相手も満身創痍(まんしんそうい)の状態で粘りを見せたが、最後は島田・ 髙村組の意地が勝り、ベスト4に駒を進めた。

中断試合を勝利し、準々決勝に進んだ山中瑠樹亜(経2)・平川暉人(人2)組。だが序盤からなかなか調子が上がらず、一時は先行するも逆転で第1セットを落としてしまう。ここから必死に反撃を見せるが、ミスも重なりストレートで敗戦。ベスト4進出はかなわなかった。

鎌田琴衣女子主将(社4)・中塚桃子(人3)組は、同じ関西地区代表のペアと対戦した。互いさに手の内を知っているだけにデュースになるゲームもあったが、冷静に最後まで戦い抜き、勝利を収めた。

大野菜々子(社3)・鈴木理子(文2)組は、この日も息の合ったプレーを見せる。また、常に声を掛け合い、「よしっ」と気合を入れてプレーを続けた。ピンチも乗り切り、ベスト4進出を決めた。

次戦は準決勝。関大旋風はまだまだ終わらない。全ての種目で決勝進出を目指す。【文/写真:遠藤菜美香、長尾洋祐】

▼髙村
「インカレでベスト4は初めて。戦う相手は全員強者だし、そういう人たちを抑えて競り勝ったのは、大会を通して自信になります。自分たちは関西で勝ってるし、インカレは優勝を目指しているので、あともう2つをしっかり勝ちたいなと思います。準々決勝で初めてスーパータイブレークになったけど、負ける気はしていなかった。ただ、気は抜かずに戦ってました。相手がああいう展開でファイトするのは予想済みだった。そのなかであれだけ頑張るのは、リスペクトに値すると感じます。(島田とは)1年のときから組み続けているし、『ダブルスは高村・島田』と言われてきた。しっかり声を掛けたり助け合いながらやってます。(準決勝へ)どっちが気持ちをブラさず、頭を使って戦えるかが大事だと思います」