【テニス】全日本インカレ本戦5日目、多くの選手がベスト8進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本学生選手権大会◇本戦5日目◇岐阜メモリアルセンター◇

[男子シングルス4回戦]
○山尾2(6-4,6-1)0千頭(早大)

[男子ダブルス2回戦]
○島田・髙村2(6-2,6-2)0大門・鈴木(中京大)
○平川・山中2(2-6,6-1,10-8)1田中・町田(明大)
○大植・松田2(6-2,7-5)0相馬・井上(福岡大)
●山尾・大野翼0(3-6,2-6)2楠原・岡垣(法大)

[男子ダブルス3回戦]
○島田・髙村2(6-1,6-3)0橋川・中村(日大)
●大植・松田1(3-6,6-3,4-10)2古賀・安上(早大)
平川・山中(5-3 日没順延)畠山・増田(早大)

[女子ダブルス2回戦]
○鎌田・中塚2(3-6,6-0,10-5)1佃・中村天●
○大野菜・鈴木2(7-6(5),3-6,10-4)1村橋・倉島(立大)

[女子ダブルス3回戦]
○鎌田・中塚2(6-1,6-3)0安部・鈴木(山学大)
○大野菜・鈴木2(3-6,6-3,10-6)1森川・石川(早大)

台風の影響で日程が変更になり、この日は男子シングルス4回戦、男女ダブルス2回戦、3回戦が行われた。

山尾玲貴(商3)は第6シードの千頭(早大)と対戦。第2ゲームでブレークに成功すると、その勢いで4-1とリードを奪う。しかし、そこから相手に追いつかれ4-4になるも、第10ゲームで再びブレークに成功し、セットを先取する。第2セットは終始山尾が主導権を握った。相手に調子づかせる前にポイントを奪う。2ブレーク4キープで第2セットもものにし、ベスト8進出を決めた。試合を通して、安定したプレーで相手を上回った山尾。準々決勝も安定感と粘り強さで、勝利をつかむ。

ダブルスのエースペアである島田達也(人4)・髙村烈司(商4)組は、いつもよりも少しミスが目立ったが、それでも強さを見せつけ、危なげなくベスト8進出を決めた。次戦からは厳しい戦いが予想されるが、表彰台の頂点を目指す2人は立ち止まるわけにはいかない。

平川暉人(人2)・山中瑠樹亜(経2)組は明大のペアと2回戦で戦った。1セット目は相手の勢いに押され奪われてしまう。だが、焦ることなく第2セットを取り、試合を振り出しに戻す。スーパータイブレークは取っては取られの接戦になるが、声を掛け合い、気持ちで相手に打ち勝ち、次戦に駒を進めた。続く3回戦は日没のため第1セット5-3としたところで、順延となった。

大植駿(文1)・松田康希(商1)組は、2回戦をストレートで勝利し、3回戦で早稲田のペアと対戦した。第4シードの強敵だったが、スーパータイブレークにもつれ込む熱戦を繰り広げた。敗北を喫したものの、自信にもつながる一戦になっただろう。

山尾・大野翼(経3)組は、第5シードのペアと対峙(たいじ)。終始相手のペースで試合が展開され、1セットも奪うことができず、2回戦敗退となった。

女子ダブルス2回戦では、鎌田琴衣(社4)・中塚桃子(人3)組と佃紫帆(人1)・中村天音(文1)組の同士討ちに。第1セットは佃・中村組が奪うも、これでスイッチが入ったか、ここから鎌田・中塚組が反撃。攻め続けて相手のミスを誘い、2セットを連取して逆転勝利。春関準優勝と勢いに乗るルーキーに、先輩の貫録を見せた。その後の3回戦では、序盤は調子が上がらず、リードを許す展開に。だがここでリズムを崩さず、落ち着いた試合運びで形勢逆転。ストレートで勝利を収め、昨年に続き準々決勝に駒を進めた。

今年から本格的にペアを組み始めた大野菜々子(社3)・鈴木理子(文2)組は、2試合ともタフな戦いを強いられる。両試合共に序盤は先行されるも、息の合ったプレーで巻き返し、スーパータイブレークに持ち込む。すでに試合を終えた仲間も応援に駆け付け、ポイントを奪った際には大きな拍手が送られた。心強い後押しを背に受け、2回戦、3回戦を連勝した大野菜・鈴木組。シードの意地を見せ、準々決勝に進出した。

次戦はいよいよどの種目も準々決勝を迎える。どんなに厳しい試合にになろうとも、関大魂で最後まで戦い抜く。【文/写真:遠藤菜美香、長尾洋祐】