【テニス】全日本インカレ3日目、山尾が4回戦進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度全日本学生選手権大会◇本戦4日目◇岐阜メモリアルセンター◇

[男子シングルス3R]
○山尾2(6-0,6(3)-7,6-4)1甲斐(慶大)
●大野(翼)1(7-6(5),3-6,3-6)2千頭(早大)

[女子シングルス3R]
●鎌田1(3-6,7-5,3-6)2伊藤(同大)
●佃0(4-6,2-6)2西里(山学大)

本選は3日目に突入。この日は雨天により男女ダブルスが順延となる中、シングルスに4選手が出場。山尾玲貴(商3)がフルセットの末に強敵を破り、4回戦に駒を進めた。

山尾玲貴(商3)は、甲斐(慶大)と対戦した。第1セットは山尾がエースの力を見せつけ、セットを奪う。しかし、第2セットになると相手が攻撃のギアを上げる。左右に打ち分けられた鋭いショットに苦戦し、タイブレークの末、セットを奪い返される。第3セット、第7ゲームに先にブレークに成功。第8ゲームは強烈なサーブが次々と決まり、1ポイントも許さず山尾がキープ。第9ゲームはキープされるも、最後まで集中力を保ちベスト16進出を決めた。

大野翼(経3)は、千頭(早大)と対峙(たいじ)。4時間を超える激闘を繰り広げた。
第1セットは、サーブ、ストローク全てが調子よく5-2と大きくリード。しかし、徐々にミスが増え、6-6と追いつかれてしまう。タイブレークを制し、セットを先取するとガッツポーズを作り、喜びをあらわにした。しかし、第2セット、第3セットは相手のペースで進む。最後まで粘りを見せるも及ばず、3回戦敗退となった。敗北を喫したものの、格上相手に互角に渡り合えたこの試合は自信につながる一戦となった。

女子主将の鎌田琴衣(社4)は、序盤からペースが上がらず、第1セットを落とす。第2セットでも一時はゲームカウント0-3とリードされるが、ここから集中力を発揮。時間を掛けて相手を追い込み、このセットを奪い返した。暑さの中、相手もメディカルタイムアウトを要請するなど、最後まで熱戦を繰り広げたが、あと一歩及ばず敗れた。

昨日シード選手に勝利した佃紫帆(人1)は、前試合とは打って変わってなかなかリズムをつかめない。一時はゲームカウントでもリードを奪うが、徐々に点差をつけられる。必死に相手のボールに食らいつくが、力及ばずストレート負け。初の全日本インカレは3回戦敗退に終わった。

ここから強敵との対戦が増え、ますます厳しい戦いが予想される。気持ちを切らすことなく、全員で一丸となって戦い抜く。【文/写真:長尾洋祐・遠藤菜美香】