【ソフトテニス】インカレ3位で幕を閉じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第73回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会◇8月7日◇盛岡市太田庭球場◇

[準々決勝]
○関大3-1福岡大

[準決勝]
●関大2-3明大

福岡大に西カレのリベンジを果たし、迎えた昨年王者・明大との準決勝。2ペアを倒され後がない関大は阪本崚(商2)・飯田修三(人3)ペアが相手2ペアを撃破し2-2に持ち込む。最終的には明大に軍配が上がったものの、盛岡の地で目標であるインカレベスト4入りを果たした。

この日の初戦は、約1ヶ月前に行われた西カレで敗北した福岡大とマッチアップ。阪本・飯田ペアが第4ゲームこそ相手に譲ったものの、危なげなく1勝目を奪う。2対戦目の奥村亮介主将(安全4)・花岡忠寿(経1)ペアはファイナルにまでもつれ込むも粘り負けを期す。続く谷口睦(商3)・増田祐太(商1)ペアが2勝目を挙げると、試合は二次戦に突入。


△飯田

第1ゲームはアウトミスが続き相手に先取されたが、「阪本の良さが存分に発揮されて、そこに修三が要所要所でしっかりとってくれた」と奥村主将もうなずく試合運びで3勝目。見事リベンジを果たし、ベスト4入りを果たした。

準決勝の相手は昨年度の優勝校でもある明大。かなりの強豪だが、関大は最後まで食らいつく。

初めに登場したのは、阪本・飯田組。1ゲーム目からデュースとなるも、惜しくも落としてしまい、追う展開に。しかし、阪本のラインぎりぎりのショットや、飯田のボレーで2・3ゲームを奪い逆転に成功。4ゲーム目は相手の反撃に1ポイントも奪えずに落としてしまうが、次のゲームを確実に取り切った。第6ゲームは長いラリーでポイントを取れず落とすも、最終ゲームは阪本のサーブポイントから、相手に一切流れを渡さず。関大に1勝をもたらし幸先の良いスタートを切った。


△阪本


△飯田

続いて花岡・奥村組。チームをここまで引っ張て来たキャプテンを「一番応援していた」と清水は、試合前から持ち前の明るさと声援でチームを盛り上げる。それに応えるように奥村主将も積極的にポイントを狙いに行くが、少しでも甘い球を返すと打ち込まれ、なかなか相手を崩せなかった。花岡も思うようにポイントを獲得できず、悔しい表情をにじませた。


△奥村


△花岡

1勝1敗で迎えるは今大会いまだ負けなしの谷口・増田組。しかし、1ゲーム目ペースをつかめず落としてしまうと、相手に勢いがつき、2ゲーム以降も流れを変えることができなかった。強敵相手に0―4で敗戦。二次戦の阪本・飯田ペアにあとを託した。


△谷口


△増田

勝つためにはもう1試合も落とせない関大。太陽が激しく照り付ける中、2人は高い集中力を保ち続けた。「ああいう応援されると自分の中で集中力も上がるし、盛り上がれる」と飯田。声を出し続け盛り上げる応援も力に変わった。阪本の鋭くコースをつくショットは会場を沸かせ、相手にプレッシャーも与える。飯田も落ち着いて仕事をこなし、大きく喜びを表し、勢いづけた。2-2で迎えた第5ゲーム、そして第6ゲームをものにし、ファイナルにつなげた。


△阪本

最後も今日乗りに乗っている阪本・飯田組が勝負。明大も負けられないと、ベンチと選手が一体となって雰囲気を上げてくる。その空気感もあり、第1ゲームを落とすが、連戦の中でも、集中を切らさなかった2人は2・3ゲームを取り、相手を追い詰める。ギャラリーにはたくさんの人が観戦に集まり、試合の行方を見守る。阪本の絶妙なショットにはその観客からも「おー」と声が上がり、視線をこの熱い戦いにいっそう集中させた。


△飯田

しかし、第4・第5ゲームを落とし明大が王手をかける。シーソーゲームの第6ゲームは、点を取られれば、阪本がここしかないといううまいショットを決め、両者譲らない戦い。どちらがとってもおかしくないゲームはデュースに持ち込まれ、しびれる展開に。マッチを取られても、強心の阪本が取り返す。飯田も冷静にプレーを続けた。だが最後は相手のネットインのショットでマッチを取られる。鋭いサーブで崩され、コート中央にスマッシュを撃ち込まれて試合終了。奮闘を見せた両者に大きな拍手が送られた。


△阪本

奥村ソフテは最後、全国3位の偉業を成し遂げ幕を閉じた。またすぐに秋リーグがやってきて、新たに飯田ソフテが初陣する。思いが引き継がれ、さらなる伝説を残す日は近いかもしれない。【文/写真:中西愛・勝部真穂】

▼清水
「最後なので、キャプテンが今まで一人で頑張ってきたっていうのがあるので。他の9人がまとまっていないっていうのもあって、仲はいいけどテニスに対する情熱っていうのはバラバラなので、それをまとめるのはしんどかったんじゃないかなって思う。だから今日はそのキャプテンに勝ってほしかったけど、負けてしまったので何とも言えないが、この大会に懸ける思いとしては、この団体戦では一番キャプテンのことを応援していた。一番応援していた。自分は幹部だが、実力とかはキャプテンとかの方が絶対に上で、推薦じゃないし、勝てるところにも限界があるので、自分のできるだけの力を出して勝てたらと思っている。(しみずさんは応援の中心になっていたが)やっぱり応援が魅力的ですね。(熱が入りましたか?)入りましたね。特に最後の明治(戦)の阪本・飯田が3本回しするっていうところは、最後もみんなをまとめていたが、応援で勝たせるしか。体力の限界も近いので、それをどう応援で補助していけるかっていうのを考えてみんなをまとめていた。自分だけが頑張っても周りは付いてこれないんで、まず周りを鼓舞して、一緒に自分も頑張るっていうことをしていました。(今大会を振り返って)やっぱり新しい1年生の実力っていうのはすごいもので、今までインカレ(ベスト)4とかに入れるとも思わず、でも1回生が入ってきてくれて、優勝狙えるんじゃないかっていうくらいまでチーム力は上がっていた。今日もあと一歩のところで負けていたので、あの1本がっていうところが多かったが、やっぱりそこは上回生が勝たないといけなかったと思う。キャプテンのせいにします(笑)。(4年間を振り返って)ソフトテニス部は上下関係がほんとに(なくて)自分たちが1回生の時はあったが、自分たちが上になった時はそんなに厳しくせず、仲良くやろうって感じでやっていた。自分たちも後輩ができたのはうれしかったし、一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったり、いろいろあったけど、同じ大学生でクラブとかサークルとかできている人はいいが、何もしてない人とかもいると思う。絶対、そういう人たちよりは、他の人たちとは違う充実した学生生活を送れたと思う。ソフトテニス部のおかげで。(後輩へ)来年こそは4本完全に強い子たちがそろうので、リーグ1部優勝、それで王座獲ってほしいし、西カレも準優勝じゃなくて優勝、インカレも優勝できる実力があると思う。本当に優勝して関西大学を全国に、ソフトテニス部は強いというのを知らしめてほしい。引退してからも、自分たちが誇りを持てる、「俺たちここに入っててんで」って言えるソフトテニス部になっていてほしい」

▼池田侑
「(今回の大会に懸ける思いは)僕自身が出たい気持ちはあった。最初の試合だけ出させてもらって、それだけは本当に頑張ろうと思っていた。後はベンチで頑張って支えようっていう気持ちでずっと応援していた。(結果はベスト4だが)自分たちが一番上の代になって、インカレベスト4っていうのは目標にしていた。それなりの練習はしてきた。自身もみんなあったと思うのでチーム的にもいい雰囲気だったと思う。(良かったシーンは)やっぱり3年の飯田が最後、自分らにふさわしい試合をしなあかんっていうことで、ああいったプレーをできていたので、そこは気持ちよかった。(副将としての1年を振り返って)やっぱり試合に出たいっていうのが一番強かった。でもこうやって一歩引いて、他の子の活躍している姿を見たら、それもそれであれなんかなって。悔しい思いはもちろんあるが。(4年生の他のメンバーについては)結構ちゃらんぽらんなところはあったと思うが、みんなやるときにはちゃんとやってくれるので、いい学年やったと思う。(4年間を振り返って)やっぱり試合に出たかった。それでけ。(後輩たちへは)特にないです(笑)。優勝目指して頑張ってほしい」

▼飯田
「(明大戦は)1回目でファイナルで勝って、僕の中では未知の世界だった。まさか2回目も勝出ると思っていなかった。相手の明治は強くて、僕ら側としたら、当たって砕けるイメージで、勢いでやっていくしかなかった。実際ああいう結果になってしまったが、ちょっと悔しいかなという感じ。あそこまでいったら勝ちたかったなとは思う。(先輩方と団体戦を戦うのもこれで最後だが)出てるメンバーは1.2.3回生がメインだったので、僕たちは4回生が最後いい思い出というか、いい思いをして終われるようにしていこうと思っていたので、それを含めてやっぱり最後は勝ちたかったなと思う。(応援は)基本的に4回生が中心となってやってくれていた。僕とかは結構試合の中でちょっとノリノリにするタイプなので、ああいう応援されると自分の中で集中力も上がるし、盛り上がれるので、あの応援があったからこそ最終戦まで持ち込めたんだと思う。来年は僕が主将を務めさせていただく。後輩が毎年2人ずつ、スポーツ推薦で入ってきてくれている。今年も入ってくると思うので、後輩の指導も忘れずに、技術の面でも先輩として引っ張っていけるようにしていきたい。(今後の目標は)直近の目標は翌日の個人戦があるので、最低でもベスト8。そのあと優勝を目指してやっていきたい。そしてすぐに秋リーグもある。秋リーグでは初めてキャプテンとして出る大会なので、チームの雰囲気とか、そういうのを乱さずに僕が引っ張っていきたいと思う」

▼阪本
「疲れ自体は最初はそんなに感じなかったが、試合が進むにつれ連続になってきて疲れがたまってきた。試合数も多かった。(明大戦について)がんばった。去年も明治に負けている。昨年はベスト4をかけて戦ったが、誰も勝てなかった。去年よりはいい試合できたかなと。とりあえずぶつかっていって。関東でも強い相手なので。1番で出た前衛と、2番で出た後衛は高校の同期。負けたくないなという気持ちはあった。(関大の2、3番手が負けて)体力的にもあれなので、勝ってほしかったのはある。(結果について)負けてしまったが最後いい試合で終われたので、悔いはない。(個人戦に向けて)ベスト4にはなっているので、できればその上を目指したい。上がっていく途中で絶対誰かは強い相手がいるので、しっかり勝っていきたい。(新チームでの目標について)とりあえずリーグ戦で1部優勝。冬はなにもなく、次の春にまた1年生が入ってくるので、その力も借りて春リーグも勝って、王座に出場して優勝できるようにしたい」

▼奥村主将
「(福岡大戦について)チームの雰囲気はイケイケ。後輩に助けられた。(勝因は?)阪本が昨日は迷いがあったって最後自分で言っていたが、今日は割り切って決めれるボールは決めてくれていたので、うまいこといって阪本の良さが存分に発揮されて、そこに修三が要所要所でしっかりとってくれたのでそこが良かった。(明大戦について)去年はベスト4懸けで負けていて。強いっていうのはわかっていた。その中でも勝っていこうっていう話はしていたが、4-0、4-0で最初2本を簡単に落としてしまって。それでちょっとチームが悪い方向に流れかけていたが、そこでしっかり最初からやってくれて。チームの雰囲気もこれはいけるぞってなって。雰囲気は良かった。負けてしまったからなんとも言えないが・・・。自分が4回生で出ていて簡単に負けてしまったっていうのが、雰囲気を悪くしてしまった要因。そんな中でも後輩がしっかりやってくれた。(全体を振り返って)主将は今日で交代するが、僕の代での目標はインカレベスト8は絶対越えて4になるっていうことだったので、そこから優勝できたらいいなと思っていた。最低限の目標だったベスト4を後輩たちのおかげで達成できたので、良かったのかなと。来年からまだまだ強い子はいるので、それ以上を楽しみにしたいなと。(4年間を振り返って)テニスをしている人だったらわかると思うが、後輩が強いっていうのが先輩だったら1番しんどい。その中でも僕は、後輩が強くても同じ立場でしっかりやって全員で勝ちたいと思ったので。そういう思いも後輩たちがわかってくれていて、先輩あかんけど自分たちががんばるって思って試合に臨んで勝って、結果を出してくれていた。そのおかげで、4年目でしっかりベスト4になれたので、後輩に感謝」