【ソフトテニス】阿久根・中別府組の活躍で、準々決勝進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第73回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権◇8月6日◇和賀川グリーンパークテニスコート◇
[2回戦]
○関大3-0愛学大

[3回戦]
○関大3-1四国大

薮内祥子主将(人4)率いる女子チームにとって、最後の大舞台である全日本インカレが開幕。昨年は準決勝敗退に終わっただけに、今年は全国制覇を狙い、戦いに臨んだ。初日となる今日は四国大相手にやや手こずるも、危なげなく2連勝。明日の準々決勝に駒を進めた。

初戦となる2回戦の相手は愛学大。薮内・古田麻友(人3)組が先陣を切った。薮内が持ち味のストロークで盛り立てると、古田も要所できっちりボレーを決め、ゲームカウント4-0の好スタート。2番手の阿久根麻尋(文3)・中別府瑞希(文2)組、3番手の竹田真樹(社1)・中﨑萌(文4)組も健闘し、3-0で完封勝利を収めた。

3回戦では四国大と対峙(たいじ)したが、薮内・古田組がまさかの敗戦。終始相手のリズムに持ち込まれ、痛い黒星を喫した。これに仲間が奮起する。阿久根・中別府組は第2ゲームこそデュースに持ち込まれるが、粘りを見せてこのゲームを奪取。さらにここから1ポイントも失わずに2ゲームを連取。2-1とし、2次戦に突入した。

そしてここで登場した阿久根・中別府組がまたもや活躍。阿久根がボールを打ち、中別府が決める得意の攻撃パターンで、見事勝利を収めた。2勝を挙げる活躍に、薮内も「めっちゃよかった。コンビネーションもすごく良かった」と絶賛した。

明日の準々決勝では、明大と対戦することが決定。これを突破すれば、昨年女王の東女体大と当たる可能性がある。だが、薮内は「まず明治に勝つ」としっかり目の前の試合を見据えた。レギュラーだけでなく、部員全員が力を出し切り、栄冠をつかむまで、まだまだ戦いは終わらない。【文/写真:長尾洋祐】

▼薮内
「チームとしては、(今日の内容は)すごく良かったです。自分としては、もっと得意な球を打てていれば(3回戦は)勝てた。ただ明日につながる内容ではあったかなと思います。(暑さもあったが?)2試合目は夕方からだったし、普段から暑い中で練習しているので、正直大阪よりはましだったかなと思います。試合を重ねるにつれて、インカレの中でも応援はどんどん良くなっているし、負けていても盛り上がっていた。明日の関大に期待ですね。(阿久根・中別府組について)めっちゃよかった。コンビネーションもすごく良かったです。(明日へ)関大史上最高の夏にします。でもまずは明治に勝つこと。そのうえで、全員が100%の力を出せれば日本一に届くはずだと思っているので、朝一番からしっかり戦っていきます!」