【ソフトボール】チャンス生かせず西日本インカレ初戦敗退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第51回西日本大学選手権大会1回戦◇対福岡大◇8月3日◇尾道市御調ソフトボール球場◇

関大000 000 0=0
福大000 210 X=3

(関)辰巳―鈴木
(福)海邉―沢村

1(遊)粟井
2(一)中岸
3(左)樫原
4(捕)鈴木
5(DP)髙濱
6(右)尾崎
7(投)辰巳
8(中)忽那
9(三)藤井
FP(二)吉田

関西に続く西日本制覇とはならなかった。強い日差しが照りつける中、広島で行われた西日本インカレ。実力校の福岡大を相手に序盤からチャンスを作るも、決めきれない場面が目立った。終わってみれば0―3と完封負け。関西王者は初戦で姿を消すこととなった。

先攻の関大は初回、1死から2番中岸健登(経3)が右方向に三塁打を放ち、いきなり先制のチャンスをつかむ。しかし、後続の樫原悠平主将(商4)、鈴木隆弘(文3)が打ち取られ得点には至らない。


△中岸

一方、この日マウンドを任されたエース・辰巳大樹(情2)は、ボール先行の立ち上がりではあったものの、3回まで相手の攻撃を4人で抑える好投。両者譲らぬ展開が続く。


△辰巳

沈黙を破ったのは福岡大だった。この回の先頭打者に右前打を許すと、その後1死から中前打を放たれる。これによりランナーは2塁から一気にホームへ。しかし、ここは中堅手・忽那崇幸(人3)の好送球を捕手の鈴木が受け止めタッチアウト。何とかチャンスの芽を摘んだ。

流れを引き寄せたかに思えたが、相手はそう簡単に終わらせてはくれない。次打者に左方向へフェアラインギリギリに球を打ち返されると、捕球に手間取る間に2人がホームイン。ついに先制を許した。

さらに1点を追加され3点を追いかける展開になるも、二塁ベースすら踏ませてもらえない時間が続く。そしてあっという間に迎えた最終回。鈴木、辰巳の安打で2死一、二塁とサヨナラのチャンスも、ラストバッターとなった忽那が最後は際どいコースを突かれ見逃し三振。ゲームセットの合図が響いた。


△鈴木


△辰巳

試合後、樫原主将は「チャンスで打ててなかったのが全て」と敗因を口にした。リーグ戦では好調だった打線が繋がらず、持ち味が発揮されなかっただけに悔しさが残るが、この無念を晴らす舞台は1カ月後に迫っている。昨年は初戦敗退に終わった全日本インカレ。今年こそチーム目標の「日本一」をつかみ取り、関大らしさ全開の笑顔を咲かせたい。【文/写真:高木満里絵】

▼樫原主将
「初回などでチャンスで打ててなかったのが全て。チームとしては接戦になることは分かっていた。こういう展開になることは予想はしていたが、相手ピッチャーが上手だった。チェンジアップに苦戦してストレートで絞ろうと言っていたが、全体を通してそこを徹底できなかったことが一つ大きい敗因。(相手の印象)バッティングがいいチーム。2ストライクから粘るであったりが僕たちとは違う部分だった。こっちはテンポよく終わってしまったので、流れの面でもそこは敗因の一つ。(リーグから意識したことは)1点を取るために足を絡めた練習などをしていたが、今回はそこに持っていくことまでができなかった。あとインカレまで1カ月あるのでやるしかない。そこはチームとしてもう一度やり直していきたい。(逆に良かったところなどは)辰巳も踏ん張ってくれて、守備面でもトータルで見ればみんな頑張ってくれていた。そこは1つの持ち味でもあるので継続していけたらいい部分。(インカレに向けて)練習でも、この敗戦があったからこそと思えるように。目標は日本一なので、この負けをプラスに考えてインカレまでやっていきたい」