【ソフトテニス】ファイナルで福岡大に屈し、2連覇ならず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇令和元年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会◇7月6日◇コカコーラボトラーズジャパンスポーツパーク◇

[2回戦]
○関大3-0熊本学園大

[3回戦]
○関大2-0近大

[準々決勝]
○関大2-1関学大

[準決勝]
○関大2-1同大

[決勝]
●関大1-2福岡大

奥村亮介主将(安全4)率いるソフトテニス部は、昨年に続く西日本インカレの団体制覇を目指した。順調に決勝まで勝ち進むも、最後は福岡大に敗れ準優勝。悔しさが残る結果となった。

西日本インカレの団体戦は、ダブルス3ペアの結果で1試合の勝敗が決された。関大は花岡忠寿(経1)・増田祐太(商1)組、阪本崚(商2)・飯田脩三(人3)組、谷口睦(商3)・奥村組の3ペアが出場。2、3回戦はいずれも無敗で突破し、好調な滑り出しを見せた。

勢いそのままに準々決勝も勝ち抜けると、準決勝は春季リーグで敗れた同大と激突。花岡・増田組が役割をきっちり果たし、貴重な白星を手にする。先輩ペアも力を発揮し、阪本・飯田組は相手のエースペアと互角の戦いを繰り広げる。この試合をゲームカウント4-1で制すると、2人は拳を突き上げ、仲間と喜びを分かち合った。

迎えた決勝でも、阪本・飯田組はきっちり勝利を挙げる。だが花岡・増田組がファイナルにもつれ込んだ接戦でポイントを取り切れず、痛恨の敗戦。勝敗の行方は谷口・奥村組に託された。

試合を終えた4人を含め、仲間が必死に声をからして声援を送る。だがその思いとは裏腹に、ミスから流れは相手のものへ。ゲームカウント1-3と追い込まれた状況から1ゲームを奪う粘りを見せたが、最後は力尽きた。歓喜する相手を尻目に、メンバーは暗い表情で仲間にあいさつした。

1か月後の全日本インカレへ、課題の残る内容となったが、明るい兆しもある。阪本・飯田組は団体戦を通じて1つも星を落とさず戦い抜いた。春季リーグに出場した大橋和生(人2)などを含め、控えメンバーにも好選手はそろう。鳥取での悔しさを、岩手での喜びに変えるため、悔しさをばねに邁進する。【文/写真:長尾洋祐】

▼奥村主将
「連覇のためだけにやってきたので、(2位という結果は)何とも言い難い。自分たちの優勝は当たり前という雰囲気があって、優勝すべきだったと思うけど、甘さが出た。(自身は)相手が結構向かってきて、サーブを返しきれなかった。簡単にゲームを落として流れが悪くなってしまった。実力は(福岡大より)上だったけど、受け身になってしまっていた。自分たちの流れにしっかり持ち込めなかった。(応援は)4年目で最後の西カレということもあって、『自分の代で優勝を』と思っていた。その中で、すごく自分の檄(げき)になった。後輩も、阪本・飯田組は特に全部勝ち切ってくれた。(同大戦では)エースペアに勝ってくれたので、そこは良かった。(課題は)前衛、後衛ともにしっかり1本で決めきること。(今後へ)西カレを通じて全体で高め合って、インカレにつなげる。去年は(団体は)ベスト8で終わっているので、まずはそれを超えて、最終的には優勝したい」