【バレーボール】西カレ決勝T初戦突破!ベスト16入り決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第45回西日本バレーボール大学女子選手権大会◇対関福大◇6月28日◇広島県立総合体育館◇

[第1セット]関大 25-16 関福大
[第2セット]関大 25-20 関福大
[セットカウント]関大2-0関福大

前日に行われた予選グループ戦では愛媛大学に勝利。今日からの決勝トーナメント戦に駒を進めたが、愛媛大戦は「内容はあまり良くなくて」と川西花菜子主将(人4)と感じていた。しかし、今回の関福大戦では、選手たちが広島の地にも慣れ、のびのびとしたプレーが増える。ストレート勝ちを収め、ベスト16入りを決めた。

関大最初の得点は長畑蒼衣(人2)のAクイック。ミドルが勢いをつけると、原幸歩(文3)、小林瑞樹(商2)も続く。すると相手にミスが生まれ、関大がリードする状況に。だが、相手も少し速い、関大のリズムを崩すような攻撃で得点を伸ばし9-8と1点差にまで迫った。しかし、そこから原のバックアタックや石田成実(人3)のサービスエースで得点を重ねる。さらに、小林瑞がライトからブロックを利用してはじき出すスパイクを決め、これで5連続ポイント。一気に相手を突き放した。


△原


△川西主将

セット終盤、升谷未来(人1)もセンター攻撃で連続得点を決める。相手はこのセット2度目のタイムアウト。その後は畳みかけるように、長畑、石田がスパイクを決め、最後は原がセンターからブロックを破ってドカンと打ち込んだ。


△長畑


△石田

2セット目も長畑のスパイクポイントで始まる。このまま波に乗りたかったが、相手のサーブに崩され、キャッチが返らない。小林瑞も、ナイスサーブで反撃するが、相手の攻撃に阻まれ、4連続失点。この嫌な流れを食い止めたのは、石田だった。石田の痛烈なスパイクに、原のブロックポイントが続く。交代で入った江口夏鈴(人3)もライトから1発を決め、チームに勢いを取り戻させた。徳常真理奈(文2)もメンバーチェンジで加わったが、笑顔と明るさでチームをさらに盛り上げた。

終盤に入り、ラリーが続く中で同点に追いつかれ、18-18。関大がこの日初のタイムで間を取ると、直後にレフトの石田がライト側に回り込み1点を決める。さらに、プッシュでもう1点を追加すると、今度は長畑がセンターから腕を振りぬいて、気持ちのいい1発を叩き込んだ。江口のスパイクも大事な局面でしっかり決まり、最後は石田が相手コートのサイドライン、ギリギリのところにサーブを落とし、勝負を決めた。

「昨日よりはいい試合ができた」と石田。日を追うごとに会場にもなじんできた。次戦からは5セットマッチとなり、勝ち進めば2試合連続のゲームとなるため、ハードな戦いが予想される。それでも、「ベスト4」の目標を達成するためには対応していくしかない。「自分たちのバレーができたら勝てる」(石田)。実力を遺憾なく発揮し、悔いの残らない勝負を続けたい。そして、今までの関大女バレを凌駕する。【文/写真:勝部真穂】

▼川西主将
「昨日は勝ったけど、内容はあまり良くなくて、相手のミスに助けられた。あと、初日で体育館慣れもしていなかった。だから今日は気合入れていこうってなって、まだ良かったかなと思う。(チームの調子は)悪くはないとは思うが、もっと強いチームに当たったら、ボロが出るというか、(自分たちの)ミスも目立ってくると思う。今はまだ相手が先にミスしてくるから、あんまり目立たない感じなので。そこが、出なかったらいいなって感じ。先に先手を打てれば。(良かった選手は)みー(=小林瑞)が良かった。昨日やっぱり緊張していたが、今日は頑張ってやってくれていたんじゃないかなと思う。その替えで入った江口も良かった。あとはずっと入ってる子らが崩れないように。どんどんいい選手を使えるようにしていきたい」

▼石田
「昨日はみんなも会場慣れしてないっていうのがあって、自分も全然できてなくて。体がすごく固まってみんなガチガチの中で自分たちのバレーができたかって言われると、全然そうじゃなくて。昨日みたいな試合をしていたら今日は勝てないなとは思いながら、今日はみんなで切り替えようって言って頑張った。(今日の試合は)リズムとか、向こうのチームがすごく良くて、組織がしっかりしているチームだった。でも、自分たちがいつも通り、昨日とかみたいな試合ではなく、いつも通りにやったら勝てると思っていた。今日の試合は100点とは言えないが、昨日よりはいい試合ができたのかなと思う。(最後のサーブは狙って決めに行ったか)ストレートは狙っていたが、まさかあんなギリギリのライン上とかに行くとは思っていなくてびっくりした。自分でも。(明日の意気込みは)明日は勝っていったら試合が連続になるので、しんどい試合になるとは思うが、今までやってきたこと、自分たちのバレーができたら勝てると思う。関大の良さの勢いとか、レシーブとブロックの関係とかをしっかりできたら大丈夫だと思うから、気を引き締めて頑張りたい」