【サッカー】阪南大破り準決勝へ!総理大臣杯出場決めた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第48回関西学生選手権大会準々決勝◇対阪南大◇J-GREEN堺メインフィールド◇

【前半】関大1―1阪南大
【後半】関大1―0阪南大
【試合終了】関大2―1阪南大

準々決勝の相手は、リーグ前期で0-1で敗れた阪南大。この準々決勝に勝利すると総理大臣杯出場が決定する、絶対に負けられない大一番だ。前半に先制点を許すも、関大が2得点を挙げ逆転勝利。準決勝進出を決め、昨年逃した総理大臣杯出場権を獲得した。

ファーストシュートはFW高橋晃平(情4)が放ち、序盤から相手のゴールを脅かす。コーナーキックからDF長井一真(社3)がシュートを放つも枠外に。さらに、こぼれ球からMF奥野圭亮(法3)もゴールに迫る。しかし、攻め込まれる時間が増えていき、先にゴールネットを揺らしたのは阪南大だった。32分に右サイドの突破を許してしまい失点を喫す。それでも下を向くことはなかった。中盤ではMF荒井大(社4)の体を張った守備でプレッシャーをかけていく。前半終了間際、DF小山新(商3)のクリアボールからFW高橋がクロスを上げる。そのこぼれ球をファーサイドから走り込んできたMF牧野寛太(経4)がゴールの右隅に突き刺した。思わず渾身(こんしん)のガッツポーズが飛び出した。


△FW高橋


△DF長井


△MF奥野


△DF小山


△MF牧野

同点で後半を迎えると、積極的に前線にボールを送り追加点を狙う。相手がプレッシャーをかけてくる中で、粘り強い守備で耐え抜く。ディフェンスラインの空中戦ではDF長井がボールを譲らない。そして、後半11分に試合が動いた。DF松尾勇佑(文1)からのボールをMF牧野がつなぎ、ゴールエリア付近で混戦に。最後はFW矢野龍斗(法3)が左足で決め切ると、自身の背番号の「17」のポーズを掲げながら、喜びを爆発させた。相手も負けじと攻め込んでくるが、最後まで運動量を落とさず、粘り強い守備で何とか最後まで耐え抜き、勝利をつかみ取った。


△MF荒井


△FW矢野

 

先制点を奪われても奪い返し、総理大臣杯への切符を手にした。26日の準決勝は大経大と対戦する。関西王者までもう少し。上昇気流に乗り始めた紫紺の戦士たちは、誰にも止めることはできない。【文/写真:野村沙永】

▼前田雅文監督
「(阪南大に対して)誰が出てくるかわからない状況で、自分たちにできることに目を向けて、この前できなかったこととか前期でできなかったことを1週間取り組んだ。(失点は)市船どうしの対決だったんですけど、左足で打ってこないだろうとDF松尾は考えてて、同級生の攻防戦のところで相手がリードした。(1点目は)関大が押し込めた状態だったので、FW矢野、FW松本の高さとか、セカンドとかで得点は狙っていて、MF牧野はファーサイドから走り込んできて得点という形で、トレーニングのところで言ってきた。トレーニングの成果が出た。(後半は)前半からプレッシングしてきて相手の背後が空いたので、FW高橋がチャンスになりかけたりした。その中で、FW矢野の特徴を生かして得点につながった。(今の関大の流れは)正直、トーナメントは半分ずつ消えていくので、リーグ戦のほうが実力が出るし、証明できると思う。実際は7位だし、今回は勝てたけど実際は10回戦ったら7回、8回勝てるかって言ったら、そうじゃない。五分か劣勢っていうのが、うちの実力じゃないのかなと思う。(準決勝に向けては)中3日でしっかり準備して、全国大会は3位くらいで出れるようにやっていきたい。次も勝って、全国大会にいい状態で臨みたい」

▼MF牧野主将
「(阪南大に対して)ライン間を広くやろうということとか、リーグ戦ではセカンドを取られることが多かったし、反応も早いので、切り替えの多い練習とかをやっていたので、対策というか、阪南に対して意識していた点。(失点は)前半も入りは悪くなった。その中で失点してしまったけど、その時も中で声を掛けてコミュニケーションを取りながらやれていたので、連続失点もなく落ち着いて対応できていた。(自身の得点シーンは)正直、点を取る以外ほとんど今日は何もできていなかったので、自分的にゴールは取れてよかったけどそれ以外のプレーを改善していかなければいけない。ゴールは良かったけど、反省するところは反省して水曜日に向けて頑張ります。(後半の内容は)相手に攻められる時間があったり、自分たちが保持していく時間があったりする中で、保持していくときはチームで統一したりできていた。最後押し込まれても、我慢強く守りきれたからこそ勝てた。(守備の面は)自分のところで前半にセカンドを拾われてしまうシーンが多くて、そういうところは自分の改善点でもある。後の選手を中心に、シュート打たれるシーンでも体投げ出して守ったりだとか、ほんとに我慢強く粘り強く守備できていた。(準決勝に向けて)監督も言ってたんですけど、自分たちは日ごろからハードに取り組んでいるので、中3日あればしっかり回復して、全員がいい状態で水曜日を迎えると思うので、全員で準備をしていきたい。(総理大臣杯出場が決まって)去年出れなくて悔しい思いをしているので、まずは夏の王者に向けて全員でそこに向けてやっていきたい」

▼FW矢野
「相手がどうのこうのっていうよりは今日はかならず勝ちたかった。(失点は)何度かチャンスはあったけど、前線でもう少し引き出せれば起点になってもっと押し込ればチャンスになってたと思うけど、失点してもまだ大丈夫、点を取れるって思っていたので焦ることはなくプレーできた。(得点シーンは)あまり覚えてないけど、ゴールを決めようという気持ちで。とにかく決めようと。(2試合連続の得点は)ゴールに絡む機会が増えていたのが要因だと思うし、リーグの最初のほうよりもチャンスは増えてきた。もっと自分で引き出せたり、もっとゴールを取れるチャンスがあると思うので、貪欲にいけば2点、3点って取れると思う。まずは関西選手権で優勝することが目標なので、僕がゴールを決めてチームが勝てれば一番。応援してくれる人もたくさんいて、紫紺のユニホームを着たい人もたくさんいるので、その選手たちにも負けずにもっと努力して成長したい」