【アイスホッケー】6-1で快勝を収め、決勝進出を決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇関西学生選手権大会◇準決勝◇対関学大◇6月18日◇於・関西大学たかつきアイスアリーナ◇

関西学生選手権大会準決勝の相手は関学大。今年に入り3戦全勝の相手に、この日も勝利を収め決勝進出を決めた。

第1ピリオド(P)前半は相手に関大のディフェンディングゾーンでプレーを許す。シュートを打たれるもGK沼田智也(人4)が得点を許さない。

それに応えるようにチームが勢いづく。FW三浦詰平主将(人4)を中心にFW陣が声を掛け合い攻める。だが、なかなかスコアは動かない。そんな中、18分、この試合2度目のパワープレー(相手の選手が反則で2分間反則になり、1人多い状況でのプレー)になり、得点のチャンスが再来。そのチャンスをFW佐々木隆弥(情1)がしっかりと生かし、先制点を決めた。

さらに1P終了間際にはDF佐々木亮悦(情2)が相手選手に追いつかれることなく左サイドからパックを運び、追加点を決めた。

第2Pは序盤から攻めていく。第1セットの5選手が名前を呼び合いながらパスをつなげシュートのタイミングを見計らう。DF高井優希(社3)が右サイドの距離のある位置から狙うも得点を決めることはできない。FW高橋佑萌(人2)が放ったシュートはポストに当たり跳ね返される。待望のゴールを決めたのはDF熊谷天祐希(情1)だった。右サイドから放ったシュートは選手の間をすり抜け、ゴールネットを揺らした。

このままシャットアウトといきたいところだったが、第3P7分、相手にパックを押し込まれ失点をしてしまう。しかし、このままでは終わらせまいとロウラー和輝(商3)、FW泉大我(人1)、FW佐々木隆が得点を奪い返す。6-1と快勝を収め、決勝へと進んだ。

決勝は231230分から関西大学たかつきアイスアリーナにて行われる。最終戦こそ「1P2得点以上、無失点」という目標を達成し、11度目の優勝を手にする。【文/写真:遠藤菜美香】