【サッカー】PK戦制し、関西選手権3回戦突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第48回関西学生選手権大会3回戦◇対大府大◇6月15日◇関西大学高槻グラウンド ◇

【前半】関大0-0大府大
【後半】関大0-0大府大
【延長前半】関大0-0大府大
【延長後半】関大0-0大府大
【PK】関大6-5大府大
【試合終了】関大0(6-5)0大府大

リーグ前期を7位で終え、関西一を決める関西選手権が始まった。関大はシードで3回戦からの出場となる。延長戦にもつれ込んだが、得点はないまま最後はPK戦を制し勝利を挙げた。

前半戦から関大がボールの主導権を握った。MF天笠泰輝(人1)がスルーパスを送り、チャンスを呼び込む。MF草刈龍星(法2)からのクロスをFW福原涼太(経3)が頭で合わせるがバーに直撃。さらに、MF牧野寛太(経4)のシュートもネットを揺らせない。MF鎌田麓(文4)は、相手を寄せ付けないスピードで右サイドを突破し、存在感を発揮した。何度もシュートシーンは見られたが、ゴールに嫌われてしまう。


△MF天笠


△MF草刈


△FW福原


△MF牧野


△MF鎌田

後半に突入しても試合は動かせず、交代カードを切る。DF坂口貴哉(人3)に代わって投入されたDF黒川圭介(法4)が攻撃を活性化していく。DF小山新(商3)のミドルシュートからこぼれをFW福原が狙うがオフサイド判定に。FW矢野龍斗(法3)が入ると、強靭なフィジカルでゴールに向かう。DF小山のスローインから最後はFW松本歩夢(文3)がヘディングで得点を試みたが決めきれない。90分では決着はつかず、試合は延長戦へ。


△DF黒川


△DF小山


△FW松本歩

延長戦前半、フリーキックを獲得し、MF牧野が直接狙ったが相手GKに阻まれる。さらに、DF黒川が供給したクロスに、FW矢野が頭で合わせるも得点には至らない。後半にはDF羽田健人(情4)を送り出し、攻撃の枚数を増やしたが最後までスコアは動かず。関大のシュート数は17本と多かったものの得点力に欠け、PK戦に突入。

△DF羽田

1人目はどちらも外し、そこから両者とも5人続けてPKを決め、5-5で相手と並んだ。7人目のFW矢野がシュートをしっかり決めきり、相手が外したため関大の勝利となった。


△FW矢野

あすに行われる4回戦は同大と対戦。連戦でタフな戦いが予想されるが、きょうの勝利をつなげて関西の頂点、そして総理大臣杯出場へと全員で突き進む。【文:野村沙永/写真:高木満里絵】

▼前田雅文監督
「関大への対策で相手が守備に回って、守備でゴールをゼロに抑えるっていうところで執念燃やしてきていたので、そこをこじ開けられられなかった。最初は特に準備することはなく、いつも通りいって得点が取れず、後半も少しこうやろうって言った中でも得点は取れず、最後は相手がギリギリのところで守っていたので、ペナルティエリアにシンプルにボールを送り込むところでも得点がとれなかった。結局相手が出てこなかったので、もう少し早めにシンプルにボールを入れていっても良かったかな。(試合が)連日あるので90分で決めきりたかった。(課題は)得点が取れないことはFWにとって精神的に気持ちが晴れないっていうところはあると思う。(あすからは)体をフレッシュにして、タフな戦いになると思うので勝ちにいきたい」

▼MF牧野主将
「試合前から難しい試合にはなるとチーム内でも話していたら、その通りになったので、難しい試合だった。相手はしっかりゴール前を守ってきたりとか、すごく徹底されていたので、それに苦しめられて、そこをこじ開けれる力が自分たちには足りなかったと思う。前半は結構チャンスもあって、取れそうで取れないっていう中で、後半はメンバー交代しながらチャンスもありながら決めれるシーンは前後半含めてあったと思うので、それを決めきらないといけない。そこに尽きる。(PKは)思い切って決めるだけって話していたし、気持ちが強い方が勝つとは思っていたので。応援も含めて、試合中からサブもピッチも応援も全員で戦えた結果。そこは関大の団結力がでた。(課題は)前よりはゴールに迫るシーンは増えてきていると思うので、決めきる力であったり、最後の工夫やゴール前の入り方とか細かいところを改善していきたい。今日出た選手はしっかりケアして、出れなくて燃えてる選手もいると思うので、今日勝って、明日勝たないと今日の勝ちは意味のないものになってしまうので、明日勝てるように全員でやっていきたい」