【ホッケー】濱口の逆転打!入れ替え戦出場決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ順位決定戦◇対京大◇6月9日◇於・甲南大学六甲アイランドグラウンド◇

[第1Q]関大0-1京大
[第2Q]関大1-0京大
[第3Q]関大0-0京大
[第4Q]関大1-0京大
[試合終了]関大2-1京大

濱口達也(シス理4)が逆転ゴールを決めた!2部Bプールを1位で通過した関大は、同じく2部Aプール2位の京大と対戦。第1Qに先制点こそ許すも、攻めの姿勢で終始関大ペースで試合を進める。そして、同点で迎えた第4Q。PC(ペナルティーコーナー)獲得から、濱口が見事にシュートを決めて逆転。わずかな残り時間の中で、見事入れ替え戦への切符をつかみ取った。

第1Qから関大が主導権をにぎった。FW山田慧人(政策3)がフリーでパスをもらい、ゴールを狙う。さらに、試合開始5分でPCを獲得。このQだけで4回ものPCを獲得し、濱口がシュートを狙うも、相手ディフェンスやGKの好守に阻まれ得点には届かず、もどかしい時間が続く。その間、相手に隙を突かれ、終了2分前にしてPCを与えてしまう。防ぎきることができず、痛恨の失点。それでも関大の選手たちの顔に焦りの色はなかった。


△山田

第2Q、なんとかここで追いつきたい関大は、MF澤田尚志(商2)やFB多田周平(商1)など、若い選手を中心に攻める。そして、開始7分半にPCを獲得。1度目では決めれず、再度PCのチャンスを得る。パッサー、ストッパーを経てMF森川大(人3)に渡ったボールは、相手ディフェンス2人の隙間をすり抜け、ゴールネットを揺らした。試合を振り出しに戻し、流れを呼び寄せたままこのQを終えた。


△森川

第3Qは関大がさらにペースを確かなものにする。相手選手の退場で1人多い有利な状態となり、この回も多くのPCを獲得。しかし、決定力に欠け、チャンスをものにできず。両チーム無得点のまま、運命のラスト1Qを迎えることとなった。

この日の15分間で最も体感時間の短い15分だった。両チーム、入れ替え戦の出場権獲得へ向け、死に物狂いでボールを追いかける。先にPCのチャンスを獲得したのは京大。関大ベンチに緊張が走ったが、見事阻止することに成功した。そして、歓喜の瞬間が訪れたのは試合終了間際。PCを獲得し、MF平尾波輝(法4)から出されたボールはFW笹木大聖(経3)の手に渡った後、濱口の前へ。そして、濱口から華麗に放たれたシュートは逆転打となり、シューターの周りは歓喜に包まれた。


△平尾


△濱口

1部の舞台へ、また一歩近づいた。ロースコアの接戦をものにし、2部の決勝戦、そして入れ替え戦へと駒を進めた関大ホッケー部。次なる相手は4月に相星となった神大だ。「優勝すればストレートでインカレが決まる試合でもあるので、勝ちを取りに行く」(濱口)。目標まで、手が届く位置までやってきた。【文/写真:中西愛】

▼近藤弘明主将(環都4)
「雰囲気、っていうのはずっと言っていて。負けてもいい雰囲気で終われるぐらいの気持ちで今までやってきたので、まずはやりきる。そのうえで負けても、それは成長になるし、勝ち負けじゃなくて、雰囲気の維持に今日は意識を集中させた。雰囲気自体は悪くはなかった。12本中2本というのは非常にひどい。任せている立場だからあまり言えないが、決めてほしかった。3分の1ぐらいは、できれば決めてほしいなと。ただ、うちのGKも初心者で、普段の練習で決まるシュートでも、相手のGKが上手だったら決まらないわけで。こっちとしてもわからない。このコースいつも決まってるのに…、みたいな誤算が。練習するしかないんですけど。最後の得点にはほっとした。よくやってくれた。(2部決勝戦に向けて)勝つのはもちろん。雰囲気もある程度改善されたので、あとは決定力。右攻めを生かしてほしい。1サイドばっかりで攻撃してるので、もっと広く使う。次の神大は声も出るし、雰囲気がいい。そこでいかに自分たちのプレーを維持できるか。安易に考えてたら絶対負けるので。勝ちます」

▼濱口
「負ければ入れ替え戦に行けなくなる試合で、絶対に勝たなければいけない試合だった。PCも多く、チャンスとなる場面が多かったことは良かった。しかし、そこで2点しか決めれていないことは決定力不足で、改善しないといけない。また、スクープに対する処理が悪く、相手にボールが渡ったり、PCになったりしてしまったことは悪かった。(逆転ゴールについて)シンプルにうれしかったです。残り時間もわずかで、ラストチャンスぐらいの気持ちでした。(入れ替え戦出場が決定したことに対して)1回生の秋に1部から2部へ落ちてしまって以来、1部で試合をしていないので、最後に1部で戦いたい。そのためにも、勝ちに行くだけです。(2部決勝戦に向けて)優勝すればストレートでインカレが決まる試合でもあるので、勝ちを取りに行く。そして、入れ替え戦やインカレにつなげたいと思います」

▼森川
「PCを結構とれたんですけど、決めきる能力に欠けていた。相手は結構対応してきたので、やりずらかった。似たような形では練習してきて、想定外だったがうまく対応できた。3Qで相手のペースになってきていたので、4Qでエンジンかけななと思った。そこで全員がそういう意識もって取り組めたし、PCもみんなで得点の意識をもって、これがラストチャンスやと思って1点に集中できたからこの結果につながった。(2部決勝戦に向けて)2部リーグを1位で通過して1部に上がるために、これからの練習を全部しっかりしていきたい」