【空手道】1勝6敗1分けで関学大に敗北を喫す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第42回総合関関戦本戦1日目◇対関学大◇6月9日◇関西学院大学総合体育館小フロア◇

【試合結果】
○先鋒 望月 3-0
△次鋒 浜砂 2-2
●三鋒 橋本 3-5
●四鋒 佐藤 0-5
●五鋒 木村 2-4
●六鋒 沼尾 0-6
●副将 工藤 1-6
●大将 高野 0-6

【最終結果】
●関大 1勝6敗1分け

昨年の総合関関戦では勝ち越した空手道部だったが、今年は流れをつかめず一勝を挙げることはできなかった。

先鋒として出場したのは、望月彩寿美(社3)。お互いに攻めるタイミングを見計らいなかなか1本が出ない状況だったが、先に仕掛けたのは望月だった。試合時間残り40秒となったところで突き技で先制点を奪う。勢いづいた望月はその後も突き技で2点を追加し、勝利を収めた。


△望月

続く次鋒・浜砂昭仁(人1)は先制点をあげるも、追いつかれ引き分けに終わる。この関関戦が初めての団体戦出場となった三鋒の橋本直人(経2)は1分48秒に上段蹴りを決め、声を上げる。だが、この流れをつかみきれず逆転負けを喫した。


△浜砂


△橋本

四鋒の佐藤彩香(政策4)は試合を通して相手に主導権を握られ、敗戦となった。五鋒・木村昴稀(情2)は先に中段蹴り1つ、上段突き2度決められリードを許す。このまま終わらせまいと、2つの上段突きでポイントを奪うも、反撃は叶わず試合終了のブザーが鳴った。


△佐藤


△木村

この時点で1勝3敗1分けと後がない状況で登場したのは主将・沼生僚太(経4)。序盤から相手に上段突き、中段蹴り、上段蹴りの3種類で得点を決められ、0-6と大きくリードされる。果敢に責め返すもののペナルティーを取られ得点にはつながらない。最後は反則負けとなり、悔しさをにじませた。


△沼生

副将の工藤晴香(情3)は突き技で1点ずつポイントを奪われ敗北を喫した。大将・高野真秀(文2)は試合開始7秒、上段蹴りで3点を奪われる。勢いづいた相手を止めることはできず、上段突きを3度決められ敗戦となった。


△工藤


△高野

フルメンバーでの出場ではなかったものの、今年の関関戦でつかんだの勝利はわずか1つ。この結果を糧に一人一人が鍛錬を積み重ね、9月に行われる関西学生選手権大会に挑む。【文:遠藤菜美香/写真:勝部真穂】

▼望月
「女子3人だけじゃなくて普段しない男子も交えての試合だったので緊張しました。先鋒ってことで後につなげる試合をしなきゃいけないので、自分のなかでは絶対に無失点で終らせようと思ってました。良かったところは、いつもはがつがつ攻めすぎてやられることが多いんですけど、今日はしっかり相手を見れてたなと思います。今日は85点です。反省点は足技が全然なかったなと思うので、足技をもっと取って行きたいなと思います」

▼沼生
「主力メンバーが結構怪我してたので、橋本と高野とか公式戦に初めて選ばれた子もいたので、緊張も多少はしていたかなと思います。気合いは入っていたんじゃないかなと思います。今日の結果については僕が悪いです。最初勝って、引き分けてで、僕が負けてしまって空気を悪くしてしまったかなと思います」