【サッカー】[SOLEO]FW吉村2得点も、3失点で黒星喫す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2019第5節◇対関学大C1◇6月9日◇関西学院大学第4フィールド

【前半】関大1-1関学大
【後半】関大1-2関学大
【試合終了】関大2-3関学大

Iリーグ3連戦の2戦目は、前節のびわこ大戦では今季初の負けを喫したSOLEO。宿敵相手の今節は何としてでも勝ち星が欲しかったが、FW吉村恒輝(経4)が2得点を決めるも、3失点。終盤、シュートラッシュが続いたが、あと少し届かなかった。

試合開始直後から攻める関大。1分にはMF井原諄也(経3)が最初のシュートを放つが、惜しくも枠を外れる。その後も積極的に相手陣地に切り込んでいき、MF井原、FW吉村を中心にゴールに迫った。前半28分、左サイドのセンターライン付近でパスを受け取ったFW吉村は、自らゴール前にボールを運びそのままシュート。ゴールの右上に鋭く刺さり、貴重な先制点をもたらした。


△井原


△吉村

1点を追う関学大はここからギアを上げる。勢いづく相手にDF吉松佑哉(安全4)が体を張った守備で、チームを鼓舞。DF伊藤匡哉(人3)もゴール前の危ない場面で好守を見せた。だが、前半終了間際、相手に痛恨の同点ゴールを許してしまう。前半は引き分け。勝負の行方は後半戦にゆだねられた。


△伊藤


△GK近藤史也(文2)

後半の立ち上がりで相手にフリーキックを直接決められ、逆転を許す。その後も流れを変えられず、5分にはさらに得点を追加された。関大も反撃を試みるが、獲得したフリーキックでFW吉村が飛び込むも、ゴールとはならず。苦しい時間帯が続いた。後半30分が経過したころ、ついに関大にチャンスが。MF井原のディフェンスラインの頭上を通すスルーパスに、FW吉村が合わせシュート。「井原から裏への素晴らしいボールが来たので自分はキーパーとの1対1を決めるだけだった」。待望の追加点をまたもこの男が決めた。


△FW慶田優志(商3)


△シュートシーン

「もう2点取ることしか考えていなかった」とFW吉村。まだまだ逆転の可能性はある。関大の2点目を皮切りに怒涛の攻撃を開始。セットプレーから何度もチャンスを演出し、応援のボルテージも最高潮に。だが、MF中村陸人(社3)やMF布浦優杏(商3)がクロスを頭で合わすも、枠に収まらない。好機を得点に変えることはできず。最後はFW吉村がシュートを放ったが、ゴール上へ外れた。


△MF布浦


△MF中村

大いに会場を盛り上げたSOLEOだったが、関大に勝利をもたらすことはできなかった。前期は終わってしまったが、見えた課題を修正し、さらなる進化を遂げる。【文:勝部真穂/写真:野村沙永・高木満里絵】

▼DF吉松
「(今節の結果は)ただただ悔しい。終盤には相手ゴールに攻め続けることができていてSOLEOらしさが出せていたかなとも思う。継続してあれだけの迫力を持ってゴールに向かうことができれば良かったかな。この結果を真摯に受け止め、プラスにつなげていきたい。守備の面では同じやられ方をしていて、すぐに修正しなければいけなかった。(良かったところは)練習でやっている形が徐々に試合で出てきていてチャンスが作れているところ。逆に試合の中で問題を修正できないところは開幕戦からの課題だと思う。また、勝ち切れないところも課題。(今後の目標は)SOLEOとしてはIリーグ前期は終了しますが、北摂リーグもあるし、他のカテゴリーも試合がある。人数が多いカテゴリーだが全員が競争し合い成長していきたい。また、SOLEOの選手が1人でも多く上のカテゴリーに上がるという目標は変わらないので上を見据えて日々100%で取り組んでいきます」

▼FW吉村
「(先制点を振り返って)この試合は積極的に仕掛けると決めていた。ボールをもらった時、前にスペースがあり2対2の状況。パスの選択肢はなくドリブルで相手を交わし最後は気持ちでゴールを決めることができて良かった。2失点目は相手のフリーキックがうまかった。しかし、立て続けに3失点目をしたのは良くなかった。連続失点はチームの士気が下がるし逆転するのが難しくなる。2失点目の時にチームを切り替えさせられなかった自分の責任だと感じている。(2得点目は)井原から裏への素晴らしいボールが来たので自分はキーパーとの1対1を決めるだけだった。しかしまだ負けていたので喜びよりも、もう2点取ることしか考えていなかった。良かったところはFWとして2点取ることができたところと積極的に仕掛けることができたところ。悪かったところは決定機を数回決めることができなかったのと、後半無駄なファールが多くチャンスを潰したこと。(今後の目標は)チームとして日本一を取りにいく。個人としては得点王になりチームに貢献したい」