【サッカー】[REDGROW]DF藤本が先制弾も、追いつかれドローゲーム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇Iリーグ2019第4節◇対関学大B2◇6月8日◇関西学院大学第4フィールド◇

【前半】関大1-1関学大
【後半】関大0-0関学大
【試合終了】関大1-1関学大

この日は3連戦が行われたIリーグ。1戦目となるREDGROWは、前節でびわこ大に逆転負けと悔しい結果に終わった。後に続くSOLEO、ULTRASを勢いづけるためにも、必ず白星を飾りたい。

2分、MF山本琢真(情4)のミドルパスを受けたFW平井陽裕(法4)が初めのシュートを放ち、チームに流れをもたらす。その5分後、獲得したコーナーキックから一度は逸れたボールをMF犬飼廉(文4)が折り返すと、DF藤本将輝(経3)がすかさずゴールネットへ。開始早々先制に成功する。


△MF山本琢


△FW平井


△MF犬飼


△DF藤本


△得点シーン

しかし中盤、徐々に関学大の攻撃が勢いを増し始めると、33分、鋭いシュートでネットを揺らされ失点。その後も敵陣でのプレーが続き、押され気味の状態で前半を折り返した。

気持ちを入れ直し、迎えた後半。勝ち越したい関大は再開序盤から積極的なプレーで盛り立てる。15分、DF藤本、MF小倉智哉(社3)と運び、FW北島大河(シス理2)が足を振り抜くが惜しくもバーに直撃。MF村上怜(人4)、DF黒木聖也(人1)もサイドからアグレッシブに攻め込んでいく。さらにGK畑澤健裕(法3)が体を張った守りで追加点を許さない。41分にはPKでの1対1を制するビックセーブでピンチを救った。


△MF小倉


△MF北島


△MF村上


△DF黒木


△GK畑澤

その後もDF陣を中心に固い守備を続ける。しかし、後半での失点は免れたものの勝ち越し弾は最後まで奪えず。関学大戦をドローで終えた。

ここまで1勝と厳しい状況に置かれたREDGROW。DF藤本は「いい時間帯に先制できているにもかかわらず、勝ち切れていない」と課題を口にした。それでも、「試合を重ねる度に少しずつ調子が上がっている」とチームが前進しているのも確かだ。さらなるレベルアップを図り、2週間後の関国大戦で今度こそ勝ち点3を手にする。【文:高木満里絵/写真:勝部真穂、竹中杏有果】

▼MF山本琢ゲームキャプテン
「前節は自分たちの力を発揮しながらも、逆転負けを喫した。その中で、やはり90分を通して関大らしく粘り強く、ひたむきに、というところをもう一度大事にしようと話して試合に臨んだ。またリーグを通して中々勝てていない状況だったので、もう負けられないと話していた。格上の相手だと認識しながら、チャレンジャー精神を持って試合に入ろうと全員で話した。また伝統の一戦であるので、関学には絶対に負けられなかった。立ち上がりから勢いよくゴールに向かうシーンが多く、早い時間で藤本が点を決めてくれたので狙い通りだった。前半で失点をしてしまったが、チームの中でコミュニケーションを取りながら試合を進められたのはよかった。後半はチャンスのシーンが多かったが、決め切ることはできなかった。前節のびわこ戦、今回の関学戦では先制をしながらも相手に点を許してしまった。もう一点ゴールを奪いにいく攻撃力、そして無失点で抑えるための守備力は、もう一度見直して攻守ともにレベルアップさせていきたい。前節から良くなったところとしては、逆転されたのに対して最後まで粘り強く守備ができたことで勝ち点1を取ることができた。もちろん勝ち切ることが大事であるが、長いリーグ戦として勝ち点1を取れたことは前向きに捉えていきたい。次節は1週間試合が空くので、チーム内でもう一度、競争と共創をしていきたい。その中で、リーグを通しての課題を改善しながら、次節は勝ち切りたいと思う」

▼DF藤本
「今日の試合で、関学にボールを持たれる時間が長くなることは分かっていた。守備の時間が長くなる中で集中力を切らさず、メンバー外の選手も含めた全員で一致団結して戦うといった意識を全体で持ってゲームに臨んだ。中途半端にボールを取られてカウンターを受けることは避けたかったので、割り切ってシュートで終わることを意識していた。ミートしなかったから相手に弾かれるだろうと思っていたので、ゴールが決まって自分でも驚いた。結果として、いい時間帯の先制点となったので良かった。自分自身の調子は悪くもなく良くもない。チームとしては試合を重ねる度に少しずつ調子が上がっていると思う。教育実習や就活などで練習や試合に来れない選手がいるため色々と難しい部分があるが、逆にそれをチャンスとし成長して活躍する選手が出てきている。戻ってくる選手と台頭してきた選手間の競争で、チームの調子はこれからさらに上がってくると思う。前節、今節ともにいい時間帯に先制できているにもかかわらず、勝ちきれてないといった課題がある。次節は勝ち切るために、23日までの2週間、全員でしっかりと準備していきたい」

▼GK畑澤
「前節負けてグループリーグを突破するにはもう負けられない状況で迎える試合だった。チームとしても個人としてもいい準備ができていた。きてくれていた応援の中には去年の主将副将もいた。とてもいい入りができた。公式戦でPKになったのは初めてだったが緊張はなかった。少し相手にタイミングをずらされたが最後までしっかり我慢して右側にセービングした。しっかりボールを見て弾くことができた。相手の助走から右に飛ぶと決めていた。練習でPKをやるときに試合を想定して緊張感のある中でやっていた成果を出すことができた。PKはキッカーとキーパーとのシンプルな1対1の勝負なので負けたくない気持ちはとてもある。試合への入り方がよく勢いがあるうちに得点することができて良かった。最初は完全にこちらに流れがあったのであの時間帯にもう1点欲しかった。流れはあったが相手のシンプルな裏のボールで失点してしまい前半のうちに追いつかれてしまった。追いつかれた後連続失点しないようにディフェンスラインとコミュニケーションをとって試合中に改善できてよかった。後半も危ない場面があったがディフェンスラインと協力して守りきることができて良かった。グループリーグを突破するには負けられない戦いが続く。どうすれば勝てるか一人一人考えて行動しいい準備をして次戦に臨みたい」