【サッカー】首位・大体大に3失点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第97回関西学生リーグ第10節◇対大体大◇6月1日◇J-GREEN堺天然芝フィールド◇

【前半】関大0-0大体大
【後半】関大0-3大体大
【試合終了】関大0-3大体大

前節、びわこ大に白星を挙げた関大。リーグ前期も終わりが見えてくる中で、迎え撃ったのは首位の大体大だ。前半は粘りのプレーで失点をゼロに抑えたが、後半に3失点を喫し強豪には敵わなかった。

立ち上がりから守備の時間は続き、前線にパスをつなぐことができない。相手のコーナーキック(CK)にはGK光藤諒也(文2)がしっかり反応し、攻撃を食い止めた。さらに、左サイドでMF松井修二(人3)のボールキープが光る。MF奥野圭亮(法3)がFW高橋晃平(情4)にスルーパスを送ったがシュートで終われない。なかなか攻撃の糸口をつかめず、守備の時間は続いた。


△GK光藤


△MF奥野


△FW高橋

スコアレスで後半へ折り返すと、DF長井一真(社3)がロングパスを送りチャンスを演出していく。しかし、試合を動かしたのは大体大だった。24分に相手FKを直接決められてしまい失点。その後も相手に攻め込まれる時間は続く中、DF松尾勇佑(文1)のドリブル突破でCKを獲得。途中出場のMF澤嵩明(人3)からのクロスをFW矢野龍斗(法3)が頭で合わせるも、右へそれてしまう。そして43分から立て続けに2失点を喫し、一気に相手に突き放されてしまった。


△DF長井


△DF松尾


△MF澤


△FW矢野

後半の相手の粘りの得点によって、0-3と厳しい結果に。前田雅文監督は「最後はチームの状況が反映した結果かな。うちは全然勝てなくて、相手はずっと勝っているチーム。最後で粘り切れなかった」と振り返った。さらにMF荒井大(社4)は、後半になるにつれてチームの雰囲気が下がってしまうことを課題に挙げた。リーグ前期の最終節は、今まで何度も悔しい思いをさせられてきた桃山大だ。最終節で因縁の相手を下し、その後に控える関西選手権へといいスタートを切りたい。【文:野村沙永/写真:中西愛・髙橋周】

▼前田監督
「(大体大は)力の差はめちゃくちゃあるとは思わなかったけど、自分たちが踏ん張れないところを、最後相手が踏ん張ってやっていた。最後はチームの状況が反映した結果かな。うちは全然勝てなくて、相手はずっと勝っているチーム。最後で粘り切れなかった。先制されてからうまく時間を使われて、2点目3点目を決められた。実力的に二転三転して安定しているわけではなかったので、それが結果に出た。一つ勝てば良くなっていくっていうわけではない。一つ一つ100パーセントを出し切らないと負けてしまう今の状況。準備していたものはあったけど、やりきれなかった感じ。徐々に実力の差が出てきた。(次節の桃山大は)拮抗した戦いの中、必死に相手に食らいついていて戦い抜くっていう試合展開にはなると思う。」

▼MF荒井
「(試合を振り返って)悪いっていう感じはあんまりなかったけど、結果的に0-3ということで差があったのかなという感じ。前半はみんなで声を掛け合ってやれていたけど、後半になってしんどくなった時に、全員でやろうっていう感じがなくて、盛り上げる声とかもなかった。雰囲気的な問題があると思った。(攻撃の面では)公式記録でもシュートが1本で、後半が0本で、もっとシュートの意識を上げていかないといかない。あと、ゴール前での工夫が必要だと思う。(課題は)全員でやろうという雰囲気とか一体感はまだ全然足りないと思う。先週(びわこ大戦)は全員でやろうとしていて話し合いとかもして、1週間の積み重ねがあの結果につながったけど、それに比べたら今回は甘さがあったのかなと。(次節は)もう勝つしかないし、関西選手権も控えているので、何としても勝ちにいきたい」