【野球】1点に泣き、4度目の3回戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2019年度関西学生春季リーグ戦第7節◇対立命大2回戦◇5月19日◇南港中央野球場◇

関大000 000 000=0
立命100 000 00X=1

(関)有村―大本
(立)肥後、森翔―久保田拓、林大

1(左)里
2(二)坂之下
3(中)安藤大
4(遊)野口
5(右)倉川
6(一)上神
7(三)松島恒
8(捕)久保田拓
9(投)肥後

1点差の勝利で笑った立命大1回戦。しかし、一夜明けた2回戦では1点に泣いた。失点は、先発投手・肥後皓介(人4)が立ち上がりで奪われた1点のみ。関大打線は再三の得点機を一度もものにできず、力投を見せたエースを勝ち投手にすることはできなかった。

先発マウンドに立ったエース・肥後。「調子は良かった。初回以外は良かった」。先頭打者・渡邉に右中間への三塁打を放たれる。1死三塁で、3番橋本の内野ゴロを本塁に送球するも判定はセーフ。立ち上がりを突かれる形で先制を許した。

それでも、それ以降は要所を締めるピッチングで追加点を許さない。6回には1死満塁と、この日一番のピンチを迎えたが、圧巻の連続空振り三振で乗り越える。

7回からは森翔平(商4)が登板。三振を中心に立命打線を封じ、仲間の援護を待った。

1点差を何としてでも詰めたい関大だが、今試合もチャンスをものにする一打は出なかった。得点圏にランナーを進めたのは3回。何度も訪れた好機も、三振や内野ゴロで打ち取られて点には結びつかず。最後まで本塁が遠く、流れ続けるもどかしい時間を断ち切ることはできなかった。


△この日3安打の安藤大一郎(経2)


△この日2安打の野口智哉(人2)


△リーグ戦初出場初安打の西川将也(人3)

優勝まで後がなくなった関大野球部。望みをつなげるためにも、これ以上の敗北は許されない。まずは、立命大3回戦を勝ち取ることが必須だ。勝利のために必要なのは、チャンスでの一打のみ。野手陣の奮闘が、関大に白星をもたらす。【文:松山奈央/写真:松山奈央、森本明日香】

▼早瀬万豊監督
「守りは良かった。厳しい中も粘ってスムーズに終わっていた。肥後も頑張って投げていて、それだけにものにしないといけなかった。実力不足。どうしようもない。バッターボックスでの考え方を変えないと。経験を積んできている人ができなかったのが敗因。簡単に成長はできない。勝ち点をつかんでいくしかない。」

▼肥後
「調子は良かった。負けて悔しいです。ここ抑えたら『いける』と考えてピンチもしのいだ。明日も頑張ります」